入学祝いに10万円もらった場合のお返しの品9選

Journal編集長
Journal編集長

子どもが入学したとき祖父母や親戚からお祝いをいただくことがありますが、10万円以上もらった場合、なにを返せばいいのかわかりませんよね。そこで今回は、お返しをする際に知りたい金額の相場や定番アイテム、厳選したおすすめの商品を紹介したいと思います。

BECOSでは、コンシェルジュがお客様のプレゼントの相談にのることが多いのですが、4月、5月などの入学シーズンは、返礼品やお返しのご相談がとても多いです。

入学祝いのお礼になにを贈ったらいいか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

また、入学内祝いに関するマナーも解説します!感謝の気持ちをしっかりと伝えられるように、最低限のマナーを守ることもとても大切です。

入学祝いに10万円以上もらった場合のお返しの品

相場はいくらくらいなのか、定番のアイテムからちょっとサプライズになるような品物まで紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

入学内祝いの相場

入学内祝いの相場は、もらった金額の3分の1から半分といわれています。つまり10万円の入学祝いをいただいた場合は、約3万円~5万円ほどお返しするのが良いということです。

ただし、相場はあくまで相場です。相手との関係性によっては、安くした方が良いケースなどもありますので注意しましょう。

たとえば祖父母の場合です。入学祝いはお子さんの成長に対するお祝いの気持ちで、お子さんのために使ってほしいと考えています。そのため高額なお返しはかえって気持ちを無下にしてしまうことになりかねません。

祖父母は入学祝いにお返しを望んでいない場合もあるので、10万円もらったからといって気負い過ぎる必要はありません。

お返しの品を贈る場合は数千円~3万円までを目安にすると良いでしょう。祖父母にはお子さんの成長した姿を見せてあげることが一番のお礼になりますよ。

反対に、もらった半分の金額を返した方が良いケースもあります。たとえば普段あまり付き合いがない人には、トラブルを避けるためにも半額を返した方が無難でしょう。

また、入学祝いをくれる際にお返しを要求してくる人もいますが、そういった人にはしっかり半分返した方が良いといえます。

相場の金額にはあまりこだわり過ぎず、相手との関係性やケースによって臨機応変に対応しましょう。

入学内祝いの定番アイテム

入学祝いをもらった際、一般的にはカタログギフトや商品券、お菓子などをお返しに贈る人が多いようです。

なかには現金を返す人もいるようですが、そのままお金で返すのはあまりおすすめしません。

高額な現金をもらったら気が引けていくらか返したくなってしまう気持ちは分かりますが、お子さんの成長をお祝いして贈ってくれているものです。

ありがたく頂戴するのが一番の礼儀ですよ。

入学祝いをもらった際には、現金以外の方法で感謝の気持ちを伝えましょう。

定番アイテムは確かに外しにくいですが、少々無難に感じてしまいます。普段付き合いのない親戚には無難な物の方が良い場合もありますが、親しい間柄の人へは特別なものを贈った方が感謝の気持ちが伝わるケースもありますよ。

10万円の入学祝いをもらってお返しをしたいときは、形に残るものを贈るのがおすすめです。

どんなものがいいのか悩んでしまうので大変ですが、その分気持ちが伝わりやすいです。

「なにを贈れば感謝の心が伝わるか」という気持ちがなによりものお礼となるでしょう。

入学祝いをもらったときのマナーとお礼の品を贈る際のマナー

入学祝いをもらったとき、入学内祝いを贈るとき、気をつけるべきマナーがあります。感謝の気持ちがしっかりと伝わるよう事前にマナーをチェックしておきましょう!

入学祝いをもらったらまずお礼を!

入学祝いを受け取ったらまず感謝の気持ちを伝えましょう。

直接いただいたときはその場でお礼を言い、郵送で受け取った場合は電話や手紙で連絡をします。電話の場合はお子さん本人からもお礼を伝えましょう。手紙の場合は入学式のときの写真を添えると良いです。

入学祝いをもらったらまず感謝の気持ちを!

当たり前のことですが、それゆえ疎かにしてしまうと相手との関係性に問題が生じる可能性もあります。お礼は必ず伝えるようにしましょう。

入学祝いにお返しをする場合のマナー

入学祝いにお返しをする際のマナーもご紹介します。

お礼の品は、入学式後1ヵ月以内に贈るのが一般的です。あまり遅くなってしまうと相手に不快に思われる可能性がありますので注意しましょう。

また、もらったものより高価なお返しの品はマナー違反となってしまいます。これも不快に思われる可能性があるので注意が必要です。もらったのが品物だったときはおおよそで構いませんが、見当がつかない場合はネットなどで調べましょう。

入学祝いをもらってお返しをする場合、もらった品物より高くないものを1か月以内に贈るのがベストです。

親しい間柄であれば多少遅れようと許されることもありますが、普段付き合いのない親戚などには常識がないと思われてしまう可能性があります。

円満な関係性を築くためにも、最低限のマナーは守るようにしましょう。

入学祝いに10万円以上もらった場合のお返しの品9選

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (白地青赤) 茶碗 (2点セット)

  • 【価格】¥7,000 税抜
  • 【寸法】L : Φ11.5×H6.0cm, M : Φ11.0×H5.5cm
  • 【製品重量】290g

祖父母への入学祝いのお返しには、二人おそろいのお茶碗はいかがでしょうか?お返しは必要ないと考えている祖父母でも、実用的なものは受け取りやすいでしょうからおすすめですよ。

花結晶という模様が施されたこちらの商品は、同じ絵柄にならないのが特徴です。世界に1つだけの記念品となるので贈り物に最適です。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (白地青赤) マグカップ (2点セット)

  • 【価格】¥8,000 税抜
  • 【容量】280ml
  • 【寸法】Φ7.5*H9.5cm
  • 【製品重量】360g

1つ目と同じ花結晶シリーズのマグカップです。こちらも実用的なので祖父母へのお返しにおすすめです。もちろんそれ以外の親戚にも贈ることができますが、2つセットになっているので夫婦などでお祝いをくれた人に向いている贈り物といえるでしょう。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 お茶吞み茶碗 (5点セット)

  • 【価格】¥15,000 税抜
  • 【寸法】Φ9.0*H7.0cm
  • 【製品重量】700g

お茶呑み茶碗も実用的なのでおすすめです。来客時に最適な5点セットはどんな相手へのお返しにも向いています。5色のそれぞれ違ったグラデーションが美しい一品です。

【陶芸家】藤岡光一 夕映え とっくり (3点セット)

  • 【価格】¥26,000 税抜
  • 【寸法】徳利 : Φ8.5*H13.5cm, ぐい呑み : Φ7.0*H7.5cm
  • 【製品重量】徳利:210g、ぐい呑み:70g

お酒好きの人には、とっくりとぐい吞みのセットはいかがでしょうか?日本酒と一緒に贈るのもおすすめですよ。いい器で飲むお酒はよりおいしく感じるものです。お酒好きならもらって嬉しい贈り物の1つといえるでしょう。

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る笑鬼瓦

  • 【価格】¥28,000 税抜
  • 【寸法】14.0×20.0×2.6cm
  • 【製品重量】800g

古くから魔除けや厄除けとして屋根に飾られていた鬼瓦ですが、こちらの商品は室内に飾ることができます。インテリアとして趣があり、守り神としての役割も果たすので、家族や親戚へのギフトに最適です。

柿沼人形 木目込みトレイ

  • サイズ:縦15.0cm×横25.0cm×高3.0cm
  • 素材:正絹、桐
  • 価格:¥15,000(税込み)

お返しする相手は何でも持っているし、実用的なものは事足りているという方へのお返しには、インテリアとしても楽しめる木目込みのトレイがオススメです。

立てることもできるため、トレイとして使わない際はインテリアとしてそのまま飾っていただいても良いですし、アクセサリーや鍵など大切なものを入れるケースとしてもお使いいただけます。

1950年に東京で創業した、江戸木目込(えどきめこみ)を用いて、主に節句人形を製造する会社が、作るアイテムです。

木目込人形の技法で作られた木目込みトレイは、雛人形に着せる西陣織の裂きれを木目込んだ華やかなトレイで、上品な配色が目を惹きますね。

大小2つ × 3色のラインナップがあるので、贈る相手に合わせて色柄を選ぶのもよし、重ねて使うことも可能なので、いくつか組み合わせて贈っても良いですね。

枠はナチュラルで優しい仕上がりとなっており、モダンなインテリアにも馴染みます。

御祝いの記念品としてふさわしい格のあるプレゼントにオススメです。

落ち着いた色合いは、男女問わず愛用いただけます。

箸蔵まつかん 若狭塗箸の夫婦箸 櫻(さくら)夫婦

  • サイズ:23.0cm・21.5cm
  • 素材:天然木(山桜)、漆塗装(国産浄法寺漆)
  • 価格:¥20,000(税込み)

縁起物としてオススメなのが箸です。

食からくるイメージで「健康でいてください」「よく食べて長生きしてね」という気持ちが込められているので、目上の方へのプレゼントにもぴったりです。

箸が縁起物と知っているご年配の方には、贈り物として好まれそうですね。

この箸は、福井県小浜市にて1922年に創業した、若狭塗箸の職人が伝統的な箸づくりの技術を守りつつ、その時代その時代に合わせた斬新なデザインを生み出した一品。

木地には国産の桜の木、漆は最高級品である岩手県産の浄法寺漆、塗りは信州の木地呂塗で仕上げた、国産にこだわったお箸です。

最高級の漆を木地呂塗で丁寧に仕上げたことにより、手に吸い付くような質感です。

これまでのお箸とは全く違う手触り。

一見すると黒一色に見えますが、漆の透け具合により朱色がほのかに浮かぶ、美しいお箸となっています。

普通のお箸とは違うお箸をお探しの方、特別なプレゼントとしてお勧めの一品です。

桜の品物を贈ることで、桜咲く入学時期が思い出される思い出の一品になりますね。

柿沼人形 木目込みフォトフレーム

  • サイズ:縦17.0cm、横22.0cm、厚さ2.5cm
  • 素材:正絹、桐
  • 価格:¥23,000(税込み)

祖父母には、節句人形で有名な江戸木目込人形の技法で作られた「木目込みフォトフレ-ム」は、西陣織を木目込んだ華やかなフォトフレームはいかがでしょうか。

木目込人形は、桐塑(とうそ)という型へ刻んだ溝に布を埋め込んで作られます。

フォトフレームも同じ手法を用いており、枠は会津塗で仕上げているため、高級感もばっちりです。

3色展開で色味が選べるのもいうれしいところ。

お部屋の主役にもなれそうなラグジュアリーなフォトフレームに、大切な人へ、大切な想い出写真や入学式の写真を入れて贈るのも喜ばれそうですね。

有田焼2016/ レオン ランスマイヤー コーヒーポット

  • サイズ:φ14.0cm*幅25.5cm* 高さ16.1
  • 素材:磁器(有田焼)
  • 価格:¥18,000(税込み)

コーヒー好きな方へのお返しには、洗練された有田焼のシンプルなコーヒーポットはいかがでしょうか。

ニューヨークを拠点に活動する作家が作った逸品で、手に取りたくなる形状を特徴としたシリーズです。

同シリーズのコーヒードリッパーと合わせてることができ、そのままコーヒーを入れることができるコーヒーポットです。

スマートなデザインで、安定性が高いアイテム。

シンプルなので、他の食器ともコーディネートしやすく、コーヒーの深みのある色合いも邪魔しないデザインです。

普段のコーヒータイムをスタイリッシュに彩ってくれそうですね。

相手のお好きなコーヒーやお菓子とセットにしてプレゼントするのもオススメです。

まとめ

10万円以上の入学祝いをもらった際には3万円~5万円のお返しが相場です。しかし場合によっては高額なお返しは相手の気持ちを無下にしてしまうので、金額はケースバイケースで考える必要があります。

高価な品だからといって必ずしも喜んでもらえるとは限りません。感謝の気持ちを伝えるのは誠意ある行動ではないでしょうか?贈り物ばかりに気を取られずに、しっかりとマナーを守ってお礼の気持ちを届けましょう。