老舗から最新鋭まで!おすすめの扇子ブランド17選

【京扇子】大西常商店 色は匂へと 香りの扇 うつし香 夜あけ×檜香【京扇子】大西常商店 色は匂へと 香りの扇 うつし香 夜あけ×檜香
グラデーションが美しい香る癒しの京扇子
【京扇子】大西常商店
【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店 男持 三社網 唐木竹【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店 男持 三社網 唐木竹
モダンなオリジナルデザインの江戸扇子
【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店
【金沢箔】箔一 扇子 箔美 海月 Kaigetsu (男女兼用)【金沢箔】箔一 扇子 箔美 海月 Kaigetsu (男女兼用)
金沢箔の伝統美が光るこだわりの手作り扇子
【金沢箔】箔一
【京扇子】大西常商店 女物 紙扇 紅葉の錦 大短地【京扇子】大西常商店 女物 紙扇 紅葉の錦 大短地
涼やかな香り広がるフレグランス京扇子
【京扇子】大西常商店
【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店 飾扇 糸目友禅セット 丸【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店 飾扇 糸目友禅セット 丸
唯一無二のオリジナル柄を施した江戸扇子
【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店
【金沢箔】箔一 扇子 ちらし美 天の川 Amanogawa (男女兼用)【金沢箔】箔一 扇子 ちらし美 天の川 Amanogawa (男女兼用)
伝統技法で描いた天の川が美しい金沢伯扇子
【金沢箔】箔一
next arrow
Slider

目次

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

BECOSオススメの扇子ブランド3選

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

雲錦堂 深津扇子店(うんきんどう ふかつせんすてん)

東京都荒川区にある創業150年の老舗・江戸扇子専門店。江戸後期から使われる技法を、現在も5代目が引き継ぎ扇子作りを続けています。

このブランドをもっと詳しく見てみる

大西常商店(おおにしつねしょうてん)

1918年創業の京都の老舗扇子店。扇子とフレグランスを融合させた「色は匂へと」など、伝統に新しい風を吹き込むものづくりが特徴の扇子ブランドです。

このブランドをもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

米原康人

金彩扇子作家 米原康人

2016年にスタートした京扇子専門ブランド。「日本のアイデンティティーを表現する京扇子」を目指し、「扇」と「箔」を組み合わせた商品開発を行っています。

このブランドをもっと詳しく見てみる

扇子ブランドを選ぶときのポイント!産地別の特徴【日本製】

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

【京都】京扇子

京扇子とは、主に京都で作られている扇子です。京都扇子団扇商工協同組合の会員だけが『京扇子』という名称を使うことが認められています。

  • 特徴:扇骨の数が多く扇面の折り幅が狭い
  • 女性向け:繊細さを感じさせる造りのため
  • 製造方法:分担制

扇子作りの工程は、竹の加工から紙の加工や貼り付けまで多岐にわたります。京扇子では各工程に特化した職人たちがいて、それぞれが協力し合うことで高品質な京扇子が作り上げられています。また、どちらかというと女性向きの京扇子ですが、現代では様々なデザインが販売されているので男性の愛用者も少なくありません。

【東京】江戸扇子

江戸扇子は扇面の折り幅が広く、大きな絵が描かれた大胆なデザインが特徴です。

  • 特徴:京扇子よりも扇骨が少なく太い
  • 男性向け:すっきりと江戸っ子らしい造りのため
  • 製造方法:1人の職人が1つの扇子を作り上げる

京扇子と違い、1人の職人が全ての工程を担当しています。習得に時間がかかるため込める思いは強く、オリジナリティ溢れるデザインが魅力的です。周りの人が持っていないような特別な扇子が見つかりやすいでしょう。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

【愛知】名古屋扇子

名古屋は京都と並ぶ扇子の2大産地です。元々は宝暦年間(1751~1764年)に京都から移住してきた井上勘造父子が始めたとされています。

  • 特徴:重い色合いやはっきりとした鮮やかな色が使われた絵柄
  • 用途:祝儀、儀式用や男性物の扇子が多い

名古屋扇子の特徴は扇面紙の絵柄の色で、その多くは重い色合いやはっきりとした鮮やかな色が使われた絵柄が目を惹きます。また、京扇子の主な用途が舞や茶道、婦人物なのに対し、名古屋扇子は祝儀、儀式用や男性物の扇子を多く取り扱っています。

【滋賀】近江扇子

各地で作られる扇子の多くは、滋賀県の扇骨を使用しています。

  • 特徴:近江扇子を全国販売している店舗は4、5つと希少
  • 扇骨:全国の扇子のほとんどが滋賀県の扇骨を使用

扇骨の産地として有名な滋賀県ですが、なかには扇骨だけでなく扇子の製造までを手がける老舗があります。また、扇骨のなかでも全国シェア90%にのぼる「高島扇骨」は、滋賀県伝統工芸品にも指定されています。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

老舗から最新鋭まで!おすすめの扇子ブランド17選

老舗の伝統に新しい風を吹き込む京扇子のブランド
【京都の扇子】大西常商店(おおにしつねしょうてん)

「大西常商店(おおにしつねしょうてん)」は1918年創業の京都の老舗扇子店。「京の伝統」と「大人の粋」にこだわり、扇子が完成するまでの86の工程をそれぞれ専門の職人が分業して担当します。2016年からは4代目の若女将も扇子づくりに携わるようになり、これまでの伝統に新風を吹き込み、全く新しい扇子づくりにチャレンジしているブランドです。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗の京扇子らしい繊細な作り
ビジネスシーンにも使える男物の扇子

【大西常商店】男物 紙扇 瑞祥

「扇子の技術と美しさを百年先の未来へ繋ぐ」という社是の「大西常商店」。老舗の技術を活かしながらも、「色は匂へと」に代表されるような新しい製品開発に力を入れています。

薄い和紙の三層重ねが美しい男物の京扇子。落ち着いた配色と京扇子の繊細なデザインは、ビジネスシーンを含む幅広い場面で活躍してくれそうです。蒸し暑い夏の夜に、雅な京扇子で涼を感じてみてはいかがでしょうか。

大西常商店
男物 紙扇 瑞祥

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の京扇子らしい繊細な作り
ピンクの桜が華やかな女物の扇子

【大西常商店】女物 絹扇 切り絵 桜

クーラーや扇風機とは違い「一番近くで暮らしにそっと寄り添う」ものとして扇子を位置づける「大西常商店」。扇子を通して「本物に触れる機会」を提供しています。

和紙の切り絵を扇面にあしらった桜柄の女物京扇子。花のデザイン3種類から選べます。繊細で上品な絵柄が、和のコーディネートをより華やかにしてくれるでしょう。お出かけやお稽古ごとに持ち歩きたい扇子です。

大西常商店
女物 絹扇 切り絵 桜

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

200年受け継がれる老舗の京扇子
【京都の扇子】宮脇賣扇庵(みやわきばいせんあん)

「宮脇賣扇庵(みやわきばいせんあん)」は文政6年(1823年)創業の扇子専門店。200年近く続く老舗中の老舗で、伝統的な飾扇や舞扇、夏扇など様々な種類の扇子が取り揃えられています。店構えも京都らしい趣のある佇まいで観光客の観光ルートとしても人気。有名セレクトショップなどとも積極的にコラボをしていて、おしゃれで浴衣にも洋服にも合う扇子を多く作っています。

このブランドをもっと詳しく見てみる

京扇子の老舗のこだわり
京都の情景を写す扇子

【RAKUKEI(宮脇賣扇庵コラボ)】洛色URUSHI 黎明の憂ひ

「宮脇賣扇庵」では、年々難しくなる優れた職人の確保と伝統継承に尽力。20余りになる扇子づくりの工程を通して、技術継承に取り組んでいます。そんな宮脇賣扇庵が京都のものづくりブランド「RAKUKEI」とコラボ。

宮脇賣扇庵による仕立ての京扇子。「洛色」とは京都の情景を写した色で、その物語を落とし込んで生まれたのがこのシリーズです。シーンを選ばず使いやすいため、初めての扇子としてもおすすめ。「黎明の憂ひ」の少し体が沈むような深い色合いをお楽しみください。

RAKUKEI(宮脇賣扇庵コラボ)
洛色URUSHI 黎明の憂ひ

この商品をもっと詳しく見てみる

京扇子の老舗のこだわり
京都の情景を写す扇子

【RAKUKEI(宮脇賣扇庵コラボ)】洛色URUSHI 嵯峨の欄

「宮脇賣扇庵」では手触りから使い勝手まで、用と美が一体となった扇づくりには高い定評があります。そんな同ブランドとコラボした「RAKUKEI」は、「暮らしをちょうど良く、ちょっと良く」をコンセプトに2014年に始動。革加工を中心に、暮らしの中へ実装できる工芸を追求しています。

宮脇賣扇庵による仕立ての京扇子。京都の情景を写した「洛色」は、その色に込められた思いや物語を感じさせます。全ての折り目に漆が施され、デザイン性と耐久性を両立しています。落ち着きの中にもプライドが光るような「嵯峨の欄」の色合いをお楽しみください。

RAKUKEI(宮脇賣扇庵コラボ)
洛色URUSHI 嵯峨の欄

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の扇子技術とモダンの融合
【京都の扇子】京扇堂(きょうせんどう)

「京扇堂(きょうせんどう)」は天保3年(1832)創業の老舗扇子店。一般的な夏扇子から飾扇、舞扇までさまざまなライアップが取りそろえられています。扇面紙に絵付けができる体験プランも用意されていて、自分だけのオリジナル扇子がほしい人にもぴったりです。

このブランドをもっと詳しく見てみる

洋服にも合う老舗の扇子
透かしがおしゃれな桜の扇子

【京扇堂】GS-3 額透かし扇 桜

「京扇堂」では、伝統的なデザインからモダンなものまで幅広い扇子がそろっています。価格帯が手ごろな商品もあり、初めて扇子を持つ方や贈答品を探している方にもおすすめです。

透かしがモダンな桜柄の扇子。裏に張られた薄絹が絵柄を透けて見せます。切り絵のような細かい桜は、和服だけでなく洋服にも合うモダンな印象。老舗の京扇子でありながら、普段づかいでもコーディネートのランクを上げてくれるような逸品です。

京扇堂
GS-3 額透かし扇 桜

この商品をもっと詳しく見てみる

洋服にも合う老舗の扇子
シンプルで洗練された扇子

【京扇堂】2225 光彩秋草

「京扇堂」は老舗の京扇子ブランドだけあって、昔からあるデザインの中にも老舗の工夫が感じられます。デザイン、扇骨、配色。細部までこだわった扇子づくりが、現代の私たちにも雅な心を思い出させてくれます。

シンプルゆえにモダンな秋草模様の京扇子。「引き算の美学」が感じられるような配色とデザインです。小物にもこだわりを持ちたい人に使ってほしい逸品。遠目では季節感を感じづらく一年中持ち歩けるので、プレゼントとしてもおすすめです。

京扇堂
2225 光彩秋草

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

伝統を受け継ぐ最新鋭の扇子ブランド
【京都の扇子】米原康人

「日本のアイデンティティーを表現する京扇子」を目指し、2016年に始動した「米原康人」。日本人独特の美的感覚を「箔」で表現した扇子には、伝統の中にも現代的感覚がちりばめられているようです。「扇子にファッション性を持たせる」ものづくりからは、未来へ受け継がれる扇子の新たな可能性が感じられます。

このブランドをもっと詳しく見てみる

箔と京扇子の融合
白に金箔が映える扇子

【米原康人】箔図 天の川

「米原康人」は2009年から伝統工芸士・米原伸治氏のもとで、京扇子の箔押し業務に従事。その後、自らの商品開発ををスタートさせました。脈々と伝えられてきた日本人の美徳や祈りを、「扇」と「箔」を使って現代的感覚を交えながら表現したいと語ります。

天の川の輝きを表現した京扇子。扇を開くと和の香りがほのかに広がります。きらりと光る金箔の中にも、儚さや切なさなどの日本らしい美的感覚が感じられます。その箔の輝きが醸し出す高級感が、大人の品格に磨きをかけてくれるような逸品です。

米原康人
箔図 天の川

この商品をもっと詳しく見てみる

箔と京扇子の融合
秋らしい温かみのある扇子

【米原康人】箔彩/hakuiro 栗皮

「現代の生活の中でも扇子を持つ文化を根付かせたい」という思いをもつ「米原康人」。日常のコーディネートやアクセント、プレゼントの選択肢になるような扇子を作ります。「より時間をかけて、より丁寧に」仕上げられた製品は、まさに贅沢そのもの。

温かみのある色合いと独特の形が特徴の扇子。フランスで発達した絹扇子の形状を京扇子に取り入れています。仕立ては京扇子の老舗・宮脇賣扇庵。末広がりな扇子は縁起が良く、プレゼントとしてもおすすめです。

米原康人
箔彩/hakuiro 栗皮

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の扇子に新しいテクニックを
【京都の扇子】山二(やまに)

創業300年の老舗・京扇子ブランド「山二(やまに)」。伝統の技術はもちろん、新しい製品づくりにも定評があります。中でも「ポケット扇」は、胸ポケットにもすっぽり収まる伸縮式のコンパクト扇子。ブランドのテクニックが詰め込まれています。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗らしい上品な扇子
「大人かわいい」を演出する扇子

【扇子の山二】華つばき

「山二」では、初心者でも購入しやすい価格の扇子も多く取り揃えています。デザインも伝統的なものからモダンなものまで、コーディネートに合わせて選べるのが魅力。

椿と丸いフォルムがかわいい2色展開の扇子。可愛らしい椿の紅白と葉っぱの差し色は、コーディネートのワンポイントになってくれるはず。あまり扇子になじみのない女性にもおすすめのデザインです。扇袋がセットになっていて持ち運びやすい扇子です。

扇子の山二
華つばき

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗らしい上品な扇子
奄美大島の伝統を取り入れた扇子

【扇子の山二】千歳緑 扇袋セット

「山二」の扇子には、シンプルなデザインの中にも老舗のこだわりが宿っています。素材や製造工程にこだわり、長く愛用できる扇子を販売。今回紹介するのは、奄美大島の伝統工芸品を使用した扇子です。伝統と伝統のかけ算で、新たな魅力が生まれます。

シックで深みのある色合いの扇子。使用されている夏の大島紬は、奄美大島の伝統的工芸品です。細かい縞模様と独特の透け感が、気品漂う大人の男性を演出してくれます。着物の素材として昔から人気の高級絹織物を使用していて、渋みや風格そのままにモダンな雰囲気をあわせ持ちます。

扇子の山二
千歳緑 扇袋セット

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

さまざまなニーズに応える老舗扇子店
【京都の扇子】白竹堂(はくちくどう)

「白竹堂(はくちくどう)」は、享保3年(1718年)創業の扇子専門店です。キャラクターとのコラボや左利き用の扇子など、多様な商品が取り揃えられています。名入れができるのでプレゼントとしても人気です。扇子作りの体験プランなどもあり、様々なニーズに応えてくれる老舗扇子店となっています。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗の扇子に新しい可能性を
洋風レースの扇子

【白竹堂】エトワール 扇子セット

伝統技術を継承しながら「今」の時代のニーズに応える扇子づくりを続ける「白竹堂」。レースやラインストーンをあしらい洋の感覚を取り入れたファッション性の高い扇子など、異業種やアーティストとのコラボレーション品まで幅広く選べます。

洋風レース生地の2色展開の京扇子。レース生地にはやさしい色合いのシフォンが裏から重ねられ、京都の職人により丁寧に折り上げた逸品です。日本の伝統である「重ね」を表現した古くて新しい扇子。高級感のある桐箱入りなので、プレゼントにも喜んでもらえるでしょう。

白竹堂
エトワール 扇子セット

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の扇子に新しい可能性を
涼しげな夏模様の扇子

【白竹堂】本藍扇子セット

「白竹堂」では、専門技術を持つ職人技と新しい素材やデザインを組み合わせる感性で、扇子の可能性を広げています。料理にひとさじの隠し味を加えるように、コーディネートのワンポイントになるおしゃれな扇子がたくさんあります。

夏らしい2種類の模様が選べる京扇子。爽やかな模様は「本藍染」で、天然の藍の原料「すくも」と灰汁(あく)を使って染めあげています。化学薬品は不使用で、天然素材のみの伝統的な技法で染められた逸品。藍本来の深みのある色合いが熱帯夜にも彩りを加えて、涼を感じさせてくれます。

白竹堂
本藍扇子セット

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の扇子と時代の融合
【京都の扇子】伊藤常(いとうつね)

「伊藤常(いとうつね)」は、嵐山・清水・五条に3つの店舗を構える老舗の扇子専門店。店舗の外観は京都らしく雰囲気のある町屋です。実用から高級飾り扇子まで、いろいろな扇子を扱っています。伝統の扇子だけでなく、「洗える透明扇子」や「抗菌扇子」など時代に即した製品づくりが特徴です。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗職人の手書き扇子
鳥獣戯画のシンプルな扇子

【伊藤常】鳥獣戯画

「優しく心地よく、清々しく爽やかな扇子の風」を届けるべく、京都で扇子づくりを続ける「伊藤常」。全ての扇子の扇骨には伽羅の香料が含ませてあります。ふわっと自然の素材の香りも同時に楽しめるのは、扇風機やクーラーにはない扇子ならではの風情といえるでしょう。

職人による手書きの京扇子。グレイベージュの地紙と人気の鳥獣戯画のデザインが、クラシックでありながら現代のコーディネートに合うおしゃれな印象を与えます。扇子袋セットで桐箱入りなので、長く大切に使いたい人におすすめ。

伊藤常
鳥獣戯画

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗扇子店とデザイナーのコラボ
クールな表情の猫の扇子

【伊藤常】白猫扇子

「伊藤常」ではデザイン性の高い扇子も人気です。普通の扇子では満足できない人やデザイン重視で選びたい人にもぴったりの扇子が見つかるでしょう。「それどこで買ったの」と聞かれるような、ちょっと変わった扇子を取りそろえています。

クールな表情の猫が描かれた扇子。扇面にはうっすらとした和紙のテクスチャ―が感じられ、しっかりと和の雰囲気が感じられます。デザイナー・山崎満さんとのコラボ作品です。無類の猫好きや扇子で個性を出したい方におすすめ。

伊藤常
白猫扇子

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

1200年の老舗扇子店
【京都の扇子】舞扇堂(まいせんどう)

「次の千年を継ぐ京都感性創造企業」をうたう「舞扇堂(まいせんどう)」。1200年の歴史の中で、美しい京の四季が織りなす繊細な美意識を意匠や形にとどめてきました。実店舗は祇園店・きよみず店・錦市場天の3店舗。それぞれが京都の観光地に位置していて、旅行ついでに立ち寄りやすいです。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗扇子店の洗練されたデザイン
凛とした女性らしさを思わせる扇子

【舞扇堂】藍花月

「舞扇堂」の代表的な扇子には「夏霞」や「みやびいろ」などがあります。どちらも京都らしい風流な色合いで、持つ人の心に涼と雅を感じさせてくれる製品。伝統の職人技と洗練されたデザインで、幅広い年齢層に合う扇子を取り扱っています。

扇面絵師の手描き原画を表現した「藍もの」扇子。老舗らしいデザインの桜と撫子がシックな風合いと上品さを演出し、凜とした女性の美しさを感じられます。全体的な統一感の中に光るのは、深みのある藍色がつむぎ出す濃淡の美。

舞扇堂
藍花月(あいかげつ)

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗扇子店の洗練されたデザイン
余白に美意識を感じる扇子

【舞扇堂】風林火山

古典柄も多く取り扱う「舞扇堂」。確かな技術に裏付けられたそのデザインからは、老舗のプライドと力強さが感じられます。余計な装飾のないシンプルなデザインの扇子は飽きが来ず、長く愛用したくなるでしょう。

3種類の古典柄が選べる京都らしい紙扇子。渋めの色合いと独特の余白で表現した逸品です。光沢のあるパール地の扇面は大人の男性にふさわしい上品な風合い。絵柄にはそれぞれに思いが込められており、プレゼントとしてもおすすめです。

舞扇堂
風林火山

この商品をもっと詳しく見てみる

荒川で150年の歴史を持つ老舗扇子店
【東京の扇子】雲錦堂 深津扇子店(うんきんどう ふかつせんすてん)

「雲錦堂 深津扇子店(うんきんどう ふかつせんすてん)」は、東京都荒川区にある創業150年の老舗扇子店。現在ではわずか2~3店になってしまった江戸扇子専門店です。江戸後期より受け継がれてきたのは、上質な江戸扇子づくりの技。皇族や歴代の歌舞伎役者の扇子も手掛け、現代に至っても江戸扇子の伝統と技を守り続けています。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗の技術が詰まった江戸扇子
古典柄がキャッチーな扇子

【雲錦堂 深津扇子店】男持 三社網 唐木竹

「雲錦堂 深津扇子店」の伝統的な江戸扇子には「音」の楽しみもあります。京扇子に比べて地紙の折幅が広く、丈夫で安定した作りの江戸扇子。閉じたときに「ぱちん」と、小気味良い音が鳴るのが特徴です。暑い夏に、「ぱちん」という江戸扇子ならではの音も楽しんでみてはいかがでしょうか。

古典柄が爽やかな模様の扇子。肉厚で良質な竹のみを使用しています。柄の「三社網(さんじゃあみ)」は、江戸を象徴する柄として親しまれている漁師の網を意匠として取り入れたもの。渋すぎないデザインで、若い男性にもおすすめです。

雲錦堂 深津扇子店
男持 三社網 唐木竹

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の技術が詰まった江戸扇子
力強い文字の扇子

【雲錦堂 深津扇子店】女持 干支扇子 辰 黒塗天紅

伝統の中に現代的な美意識を取り入れる「雲錦堂 深津扇子店」では、職人ごとのオリジナリティーあふれる扇子が魅力的。古典的な日本の伝統文様から着想を得ながらも、現代的な感性をミックスした扇子は目にも楽しいオリジナルデザイン。

力強い「龍」の文字が印象的な扇子。紅白のコントラストも目を惹きます。伝統的な中にもどこかモダンな雰囲気を感じるのは老舗ならではといえるでしょう。粋でいなせな江戸扇子らしいデザインは、快活で明るい女性を連想させます。

雲錦堂 深津扇子店
女持 干支扇子 辰 黒塗天紅

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

浅草のザ・老舗扇子店
【東京の扇子】文扇堂(ぶんせんどう)

「文扇堂(ぶんせんどう)」は仲見世と雷門柳小路にそれぞれ1店舗ずつ構える浅草の扇子販売店です。歌舞伎役者や舞踊家、落語家なども愛用しています。毎年干支が描かれた扇子が新たに制作されるなど、扇子づくりにこだわりを感じられる老舗です。実店舗でのみ購入できます。

店舗情報

  • 仲見世店:東京都台東区浅草1-30-1
  • 雷門店:東京都台東区浅草1-20-2
  • TEL&FAX:03-3841-0088
  • 定休日:毎月20日すぎの月曜日
  • 営業時間:10:30~18:00

このブランドをもっと詳しく見てみる

浮世絵も高い評価の老舗扇子店
【東京の扇子】伊場仙(いばせん)

「伊場仙(いばせん)」は、天正18年(1590)年創業の扇子・うちわの販売店。伊場仙の浮世絵は海外の美術館にも展示されるほど高い評価を得ています。創業当時は幕府から御用を賜って和紙や竹製品の製造を行うなど、古くから活躍してきた老舗。通販でもおしゃれな扇子が購入できるもの魅力です。

この商品をもっと詳しく見てみる

モダンな老舗扇子
両面のデザインが楽しめる扇子

【伊場仙】江戸扇子 No.27 両面柄 青海波 青

「伊場仙」では、江戸文化の継承に力を入れていて、製品に江戸の色やデザインを取り入れています。厳選された国産の竹、和紙、繊維などの素材にもそのこだわりが見てとれます。

両面に吉祥文様が施された扇子。海のデザインには「無限に広がる穏やかな波に未来永劫と、平和な暮らしへの願い」が込められています。無地と細かい模様の切り替えがモダンな印象。表面には力強い波、裏面には小さな波が描かれています。

伊場仙
江戸扇子 No.27 両面柄 青海波 青

この商品をもっと詳しく見てみる

モダンな老舗扇子
隈取の絵柄がかわいい扇子

【伊場仙】江戸扇子 No.18 隈取

人と人との絆を大切にし商いを続けてきた「伊場仙」。一本の扇子からは、その細部に至るまで老舗として積み重ねてきた信頼が感じられます。ファッションでは小物にこそセンスが現れるもの。信頼の職人技に裏打ちされた「伊場仙」こだわりの逸品で、コーディネートを引き立ててみませんか。

隈取のデザインがかわいい扇子。よく見ると色が優しく滲んでグラデーションになっていて、浮世絵の美的センスを感じます。色使いもシンプルで余白が多いので、気軽に和のファッションに遊び心をプラスできる逸品。

伊場仙
江戸扇子 No.18 隈取

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

オリジナルの扇子も作れる老舗
【東京の扇子】松根屋(まつねや)

「松根屋(まつねや)」は、大正3年(1914年)創業の扇子・うちわの専門店です。比較的安価で、モダンなデザインの扇子が多く取り扱われています。引出物のなどのイベント時に最適な、オリジナルブランドの扇子制作も行ってくれる老舗です。扇子の購入は実店舗へ足を運びましょう。

店舗情報

  • 東京都台東区浅草橋2-1-10
  • TEL:03-3863-1301
  • 定休日:日曜・祝祭日
  • 営業時間:平日:9:00〜17:30/土曜:9:00〜13:00

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗の名古屋扇子店
【愛知の扇子】末廣堂(すえひろどう)

「末廣堂(すえひろどう)」は、大正元年(1912年)創業の老舗扇子店。伝統技法を用いた名古屋扇子が数多く取り揃えられています。オリジナリティのある扇子でイベント・ギフト用としての需要も高い扇子専門店です。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗の技術が息づく扇子
伝統工芸士が手がけた扇子

【末廣堂】名古屋友禅扇子 松葉

名古屋扇子の伝統技法を受け継ぐ「末廣堂」。扇骨・紙・折・仕上げ等の各工程において、伝統的手作りの製法を守り抜いて今日に至ります。なかなか伝統工芸品に触れる機会のない人にも、扇子を通して身近に伝統の技術を感じられます。

名古屋友禅伝統工芸士・赤塚順一が型染した生地で仕立てた扇子。扇子袋セットで桐箱入りなので持ち運びや保管にも便利です。扇面にはシルクを使用し、細かい松葉柄が高級感あふれる雰囲気になっています。

末廣堂
名古屋友禅扇子 松葉

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統の技術が息づく老舗の扇子
淡い色合いが上品な扇子

【末廣堂】萩・桔梗扇子 6535

「末廣堂」は、輸出向けの扇子製造業として始動。常に時代に即した製品を手がけていて、左利き用の扇子など、多くの人が使いやすい製品づくりを続けています。

桔梗と淡い色合いが上品な扇子。シンプルなデザインで、幅広い年代の女性の和服に合うでしょう。ひとつのものを大切にしたいなら、長く愛用できて飽きの来ないデザインがおすすめです。

末廣堂
萩・桔梗扇子 6535

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

日本らしいデザインが人気の老舗扇子店
【滋賀の扇子】西川庄六商店(にしかわしょうろくしょうてん)

1585年に今の滋賀県「近江八幡」にて創業した「西川庄六商店(にしかわしょうろくしょうてん)」。今で言うところのセレクトショップで、扇子を中心に幅広い商品を扱っています。日本らしい温かみのあるデザインの扇子は外国人にも人気。

このブランドをもっと詳しく見てみる

老舗の扇子で注目を集める
グラデーションが目を惹く扇子

【西川庄六商店】グラデーション扇子

「西川庄六商店」では、布張りの扇子が多く、耐久性があるのも魅力の一つです。店舗は、県指定文化財・西川庄六邸。当時の商人屋敷をできる限り保存し、利用しております。是非、歴史ある近江八幡を感じにいらして下さい。

3色展開のグラデーション高級紙扇子。全国のほとんどの扇骨が生産される滋賀県ならではの逸品で、扇骨を染め分けグラデーションにしています。「色分金」という扇面の縁を細く塗る技術で、同トーンのカラーを施し引き締まった表情に。

西川庄六商店
グラデーション扇子

この商品をもっと詳しく見てみる

老舗の扇子で注目を集める
丸いフォルムがかわいい扇子

【西川庄六商店】近江ちぢみのふわり扇子

「西川庄六商店」ではちょっと変わったフォルムの扇子も取り扱っています。開いたときのシルエットがかわいくて、つい携帯したくなるようなお気に入りを見つけてみませんか。

5色展開の丸い扇子。色の名前も風流で、白・天色(あまいろ)・夏虫色(なつむしいろ)・蕎麦切(そばきり) ・麻色(あさいろ)の5色。扇面には明治から改良を重ねてきた 「近江ちぢみ」 が使用し、日本で数少ない布扇子職人の手によって仕上げられています。

西川庄六商店
近江ちぢみのふわり扇子

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統の近江扇子を扱う老舗
【滋賀の扇子】鈴木扇子店

「鈴木扇子店」は、歴史ある高島扇骨を使った近江扇子を扱う老舗。オーダーメイドや名彫り加工の扇子も販売しており、プレゼント用としても人気があります。どちらかというと伝統的なデザインの扇子が多く、お気に入りを長く使いたい人におすすめです。

このブランドをもっと詳しく見てみる

上品な大人のための老舗扇子
竹と雀のシックな扇子

【鈴木扇子店】02066 雀

「鈴木扇子店」で扱う扇子の多くは伝統的なデザインの近江扇子。約350年続く近江扇子の伝統は、現代の職人の手でよみがえります。1本あると使いまわしのきく伝統的なデザインの扇子は、和服を着用する機会のある人におすすめです。

竹と雀の絵柄がシックな扇子。淡いコントラストと小さめの扇面は、年配の大人の男性にも似合う落ち着いた雰囲気です。老舗ならではの洗練されたデザインが、大人としての品格を上げてくれるでしょう。

鈴木扇子店
02066 雀

この商品をもっと詳しく見てみる

上品な大人のための老舗扇子
淡いピンクに金魚が踊る扇子

【鈴木扇子店】30618 金魚

元竹から扇子を製造する「鈴木扇子店」。「扇子のことならなんでも」との記載からは老舗の余裕と自信が感じられます。同ブランドでは実際に扇子の修理も行っていて、ひとつのものを長く愛用する日本の心があらわれています。

ピンクの背景に小ぶりな金魚が踊る扇子。金魚の赤色と背景の淡いピンク、扇骨の濃い赤が相まって上品な扇子に仕上がっています。経年とともに扇子に愛着が湧くように「年齢を重ねる中で変わっていく姿が美しい」。そんな女性に持ってほしい逸品です。

鈴木扇子店
30618 金魚

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

金沢箔を使った扇子ブランド
【石川の扇子】箔一(はくいち)

「箔一(はくいち)」は1975年に創業したブランド。金沢の伝統工芸品「金沢箔」を、贅沢に扇面に貼り付けた扇子が人気です。手作りで貼られる箔によってでき上がる扇子は、ひとつとして同じ模様のない唯一性の高い逸品。

このブランドをもっと詳しく見てみる

扇子に金箔が織りなす物語を乗せて
宇宙のゆらぎを感じる扇子

【箔一】ちらし美 銀河 Ginga

美術品材料でしかなかった金沢箔を、身近な「金沢箔工芸品」という形に変えて世に送り出した「箔一」。「手技で表現したものにこそ、伝統美が宿る」という信念のもと、機械が発達してもなお手作りを大切にしているブランドです。

伝統的な技法とモダンなデザインを組み合わせた銀河模様の扇子。箔の自然に割れる表情や特性が、夜空に輝く銀河とその先に広がる何億光年を想像させます。ずっと眺めていたくなるような、美しい扇子です。

箔一
ちらし美 銀河 Ginga

この商品をもっと詳しく見てみる

金箔が扇子の格を上げる
黒と金の対比が美しい扇子

【箔一】墨美 刷毛目 (銀)/Hakemegin

「箔一」では、常に新しい箔表現を模索。金箔の伝統美の力が扇子と出会うことで、より品格のある逸品が生み出されます。伝統と伝統の融合が、新たな未来の可能性を広げるのです。

職人の手作りにこだわった黒と金が美しい扇子。風のように大胆な刷毛目に「ちぎり箔」を用いてあしらった金箔が舞います。力強さの中に繊細な美しさが垣間見える、こだわり抜いた老舗職人の扇子。

箔一
墨美 刷毛目 (銀) /Hakemegin

この商品をもっと詳しく見てみる

加賀友禅の伝統がつくる扇子
【石川の扇子】染の四季

「染の四季」は500年の伝統を受け継ぐ加賀友禅の創作ブランド。着物だけでなく、「身近な四季の移ろい」を感じられる新たな染の作品をつくっています。暮らしの中に「自然のささやかな仕草」を感じられるような繊細な扇子が人気です。

このブランドをもっと詳しく見てみる

扇子×加賀友禅の可能性
満月とふくろうのモダンな扇子

【染の四季】ふくろう

一般的な加賀友禅の制作と違い、「染の四季」では全ての工程をひとりの職人が行っている。そんな職人技を生かし、さまざまな作品を手がける同ブランド。その中のひとつとしての扇子は、インテリアとしても雅な雰囲気があります。

手染めの美しい加賀友禅の扇子。扇子としての実用性はもちろん、インテリアとしてもおすすめです。ふくろうと月のデザインは、夏の終わりにベランダに出てふと秋の足音を聞くような、四季の移ろいを感じさせてくれます。

染の四季
ふくろう

この商品をもっと詳しく見てみる

扇子×加賀友禅の可能性
グラデーションがやわらかい雰囲気の扇子

【染の四季】はるの

加賀友禅独特のぼかしを生かした作品が特徴の「染の四季」。生み出す職人は加賀友禅の創作に身を置き40年あまりの大ベテラン。日本の自然のさり気ない移り変わりを友禅染めに託して扇子を作っています。

グラデーションが美しい男女兼用の扇子。加賀友禅らしい淡い表現と優しい色合いは、まさに日本の春を思わせる逸品です。扇面のグラデーションに対して扇骨は落ち着いた色合いで、全体の印象を引き締めてくれます。

染の四季
はるの

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

まとめ

今回ご紹介したブランドの中には、オンラインショップで扇子を購入できる老舗店舗もたくさんあります。店舗に足を運ぶ場合に比べて選択肢の幅が広がるので、好みの扇子が見つかりやすくおすすめです。

扇子は初めのうちは固くて開きにくいものですが、長く使っていくうちに馴染んできて開閉しやすくなるもの。ぜひ「ずっと使いたい!」と思えるようなお気に入りの一品を見つけて、雅で粋な日本文化を楽しんでください。

よかったらシェアしてね!