大学の進学祝いで喜ばれる日本製のギフト5選

Journal編集長
Journal編集長

桜が舞う色鮮やかな春節。そこには泣いたり笑ったりと、さまざまな人情模様があります。そのうち大学入学に関するエピソードは、最もドラマチックな部類に入るかもしれません。

進路を駆け抜けてきたことへの、賞賛とエールを込めて。進学祝いのギフトは、「彩の美しさ」や技巧が際立つ日本製品を紹介したいと思います。

進学祝いを贈るために

「おめでとう」という言葉のシャワーを浴び、慌ただしく新入生の大学生活はスタートします。住宅スタイルから行動パターンまでがひっくり返ることも、自立的な変化そのものです。

華やかな門出に向けて、新調すべき物をギフトに選ぶのも一つの手。新生活を見据えた必需品のリストにこそ、高いニーズと本音が隠れているものです。

進学先や趣向をチェック

大学生活を迎える頃、進路や将来のビジョンはそれぞれに大きく変わっていきます。

進学先によっては、タブレット端末や電子辞書などのツールが講義に役立つかもしれません。

あるいは、ノートパソコンでの資料作成やプログラ厶の開発が目覚ましい結果を生むこともあるでしょう。その場合はスポーツやアート、研究分野などの趣向にもとづき、プレゼントの候補を絞ることで功を奏します。

そのほか一人暮らしに必要な家電や生活用品、ステーショナリー、定番の小物アイテムなどを見つくろって学業のサポートをしましょう。

少し大人びた値打ち物を選ぶことで、大学生としての立ち位置や自尊心を上手にくすぐることができます。

送り手別の進学祝い平均予算

・祖父母:3万〜30万円

・親子親戚:5千〜3万円

・知人友人:3千〜1万円

進学祝いの形式はさまざまですが、平均予算は5千〜3万円とされています。

友人関係であれば3千~1万円、祖父母間の場合は3万〜30万円という相場が一般的です。お祝いを贈る時期は、卒入学の兼ね合いにより柔軟に対応すべきところですが、ゴールデンウィーク頃が一区切りとなるでしょう。

進学が確定した時点でお祝いするケースや、少し間を寝かせてからあらためて門出を讃えることもあるようです。

大学進学祝いにおすすめの日本製のギフト5選

大学生になって学ぶべきは、得意な専門分野だけではありません。自身の人となりを知り、他者との関わりや社会参画を通じて成長していくのです。

そのほか、身近な体験でいえば「いいモノと長くていねいに付き合う」ことも覚えておきたいところ。

健全な心を育む上でも、情緒的な暮らしはあってしかるべきです。こちらでは大学生を飽きさせない、良質な日本製ギフトを厳選して紹介します。

【京焼-清水焼】大日 HiBiKi 釉彩 マグカップ

  • サイズ:Φ8.0*H8.0cm
  • 重量:250g
  • 価格:4,000円

1人の陶芸家が、灰釉作りから作陶に渡り、丹精込めて仕上げたマグカップです。

葡萄(ぶどう)や向日葵、無花果(いちじく)などの植物の灰を釉薬にしています。そのため、生命感のある色彩が持ち味となり、陶器を活き活きと躍動させることができるのです。

こちらは、自然灰釉の極みであり、まるで森林のざわめきや響きを連想させる作品です。普段使いにも優しい手触りで、淡いお茶の時間を楽しませてくれます。

【カーボン】エスシーアンドエスシー HOMUSUBI 炭板焼鍋 天 取っ手無し (直火 & IH)

  • サイズ:Φ20.0 * H4.0cm

  • 重量:1,100g

  • 価格:64,000円

こちらの「天」は、近未来的なフォルムでありながら、日本的な情緒にも溢れた炭板焼鍋です。高い熱伝導率と遠赤外線効果により、お米なら1粒1粒がふっくらと、そのほかの材料でも旨味や甘味をぎゅっと内側に閉じ込めます。

職人による精密な手さばきが優れた耐久性を生み、半永久的に使うことも可能。調理後はそのままどこにでも持ち運びができ、食卓が温泉宿のようににぎわいます。

一人暮らしを始める大学生の、一生に一台の調理器具として、まさに万能選手のように活躍することでしょう。

【彦根仏壇】幾木 (井尻彫刻所) かいつぶり (ピアス)

  • サイズ:20*25*5mm

  • 価格:10,000円

仏壇の伝統工芸士が手彫りした、耳元で可愛らしく遊泳する水鳥のピアスです。

もともとは皇室御用達の木彫職人の技を受け継ぎ、滋賀の自然風景からインスピレーションを得てカタチ作られました。

つがいの水鳥が揺らめく様は、横顔の印象を優雅に、時の風情さえも感じさせてくれます。

【甲斐絹】SHAKUNONE (笏本縫製) emon ネクタイ (葡萄色)

  • サイズ:大剣幅8.0cm

  • 全長143.0cm

  • 重量:200g/0.4 lbs

  • 素材:シルク100%

  • 価格:13,000円

「こだわりを結ぶ」という姿勢のもと、縫製に手間ひまをかけた甲斐絹(かいき)のネクタイです。

良質な絹糸を使用し、ふっくらと立ち上がる質感のため、どの角度からも見栄えがします。

シルクは「呼吸する繊維」ともいわれるように、人肌に最も近い天然素材です。不思議なことに夏は涼しく快適に、冬は温かく乾燥を防ぎます。パーティーや就活、ビジネスなどのシーンを問わず活躍し、いざという時にも心を落ち着かせてくれるアイテムです。

【西陣織】京きわみ バック 和’g (ネイビー)

  • サイズ:H19.0cm×W26.0cm×D13.0cm

  • 重量:375g

  • 素材:西陣織 絹100%(表柄生地部分)

    帆布100%(表マチ・底・取っ手生地部分)

    内側 ポリエステル(紬風)

  • 価格:39,800円

「和’g」は、和洋の域を超え、どちらの長所もあわせ持ったバックブランドです。

西陣織と創作和柄の技術を組み合わせ、オリジナルで飽きのこないデザインに仕上がっています。日本の伝統文様には、それぞれ情熱や勇気、安定などの意味合いがありますが、突き詰めるほどに前向きな表現世界があるものです。

こちらは新生活をスタートさせるためのお供となり、お出かけなどに忙しい大学生のハートをつかむことでしょう。

まとめ

数ある関門をくぐり抜け、自らの進路を勝ち抜いてきた大学新入生たち。そんなさまざまな努力や苦労の結果に対しては、心からのギフトでねぎらってあげたいものですよね。

その際は本人のニーズを満たす定番アイテムや、日本製の値打ち物などを候補に上げましょう。後者は長く使うことを前提にしたものばかりであり、気持ちよくていねいに取り扱う姿勢を学ぶこともできます。

栄えある大学進学祝いには、一品ごとに丹精が込められた日本の良きモノこそがおすすめです。