プレゼントに最適なモダンでおしゃれな輪島塗の箸3選

BECOS代表
BECOS代表

美しい光沢、上品な絵柄、程よい重厚感と丈夫さが人気な輪島塗の漆器は、記念日の贈り物やお祝い事のプレゼントに最適です。

輪島塗、漆器と聞くと、お重や器をイメージしがちですが、現在では様々な輪島塗のテーブルウエアが販売されています。

そんな中で今回紹介するプレゼントに最適な輪島塗のテーブルウエアは、誰もが毎日使うであろう「箸」です。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

輪島塗の箸が喜ばれる理由

輪島塗の漆器は美しさと丈夫さを備え、手入れもとても簡単なので毎日使用する輪島塗の箸をプレゼントするととても喜ばれます。

お祝い事や記念に少し高級なプレゼントをしたく、輪島塗のプレゼントを考えている際、ついつい装飾の奇麗な茶碗やコップに目が移ってしまいますよね。

しかし、お祝い事や記念に高級な輪島塗の茶碗やコップをプレゼントされても、使うのがもったいなかったり、手入れが面倒だと感じタンスや食器棚にしまったままになってしまうことがほとんどです。

ですが、輪島塗の箸だとプレゼントのしがいがある高級さと日頃気軽に使ってもらえる手軽さを兼ね備えています。

なので、普段使用するもので自身では購入しないような貰いがいのある輪島塗の箸はプレゼントするととても喜ばれるのです。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

輪島塗の手入れ方法や注意点

輪島塗の手入れはとても簡単です。

輪島塗の箸は、酸にもアルカリにも強く、熱にも、水にも強いので、毎日使用してもなかなかへたることはなく、普通の食器と一緒に洗剤で洗うことができます。

輪島塗は乾燥と直射日光に弱いので「もったいないから」と使わずに保管して置くこと、乾燥を招いてしまい輪島塗が剥げてしまう原因になるので、毎日使っている方が長持ちします。

熱いお湯と洗剤を長時間無造作に浴びることになる食洗器や、熱風の出る食器乾燥機を使用することも輪島塗を剥げさせてしまう原因になります。

輪島塗の箸をプレゼントする際には、あらかじめ乾燥させないよう伝えておくと半永久的に使用することができます。

おススメな輪島塗の箸

本場石川県で一つ一つ手作りされ、洗礼されたデザインと使いやすさにこだわった、プレゼントに最適なおススメの輪島塗の箸を厳選しました。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

輪島キリモトの蒔地楕円箸(まきじだえんばし)

>輪島キリモトの蒔地楕円箸(まきじだえんばし)をもっと詳しく見てみる。

輪島キリモトは、江戸時代後期から輪島石器の製造販売を営んでいる名店です。

輪島キリモトは、元々木を刳ることを得意とした朴木地屋でもあったので輪島漆器を始めとするテーブルウエアから、家具全般も手掛けています。

輪島塗のほとんどは、木地に精通した職人、漆塗りに精通した職人などと工程によって分業して1つの作品を作り上げるのが主流ですが、輪島キリモトではすべての工程を一人の職人さんが手掛けているので、どの作品もその職人さんならではの逸品に仕上がっています。

そんな輪島キリモトの輪島塗箸は箸の表面に細かい凹凸をつけた「蒔地仕上げ」と呼ばれる技術が施されているので、傷が付きにくく、つかんだ食材が滑りにくい構造になっています。

さらに、機械では加工することができない楕円形の箸になっているので、普通の円形や四角形の箸よりも持ちやすく、扱いやすくなっています。

あえて絵柄が施されていないシンプルな上品さが高級感をただよわせ、普段使いに最適なデザインとなっており、シックで引き締まった黒色、サイズ違いで上品な朱色がおしゃれな赤口朱、黒と朱色のグラデーションが奇麗なベンガラの3パターンが販売されています。

価格:税込み5400円
素材:天然のヒノキアスナロ
仕様:蒔地仕上げ、楕円形
サイズ:黒23.5cm、赤口朱22㎝、ベンガラ22cm
箱使用:化粧箱

>輪島キリモトの蒔地楕円箸(まきじだえんばし)をもっと詳しく見てみる。

箸ギャラリー門が取り扱っている螺鈿箸(らでんばし)

箸ギャラリー門が取り扱っている螺鈿箸(らでんばし)

>箸ギャラリー門が取り扱っている螺鈿箸(らでんばし)をもっと詳しく見てみる。

箸ギャラリー門は様々な産地、形状、材質の箸を1500種類以上集めているギャラリーで、箸置きや和小物などのテーブルウエアも取り扱っています。

京都、名古屋、吉祥寺に店舗があり、どの店舗もおしゃれな主要観光地にあり、取り扱っているすべてのテーブルウエアが高品質で美しいものばかりなので、日本のみならず世界各国からお客さんが来る名店です。

そんな箸ギャラリー門が取り扱うプレゼントにおススメな箸は、縁起のいい四葉のクローバーが上品にあしらわれている螺鈿箸です。

螺鈿とは貝殻の内側部分にある虹色の光沢をもった真珠層を薄く切り出し、彫刻の表面にはめ込んだ伝統工芸の事を言います。

螺鈿細工は、きらびやかすぎない上品な虹色の輝きがとても美しく劣化もしにくいため、日本古代からいろいろなものに装飾され、その輝きと美しさは何十年、何百年たった今でも美しく残っています。

箸ギャラリー門の螺鈿箸は、ワンポイントの螺鈿細工がシックな漆の色に小さく光輝き食卓を色鮮やかに彩ってくれます。

黒と赤の2種類が用意され、箱は別売りになっているので自信の望む色や柄、様式を選ぶことができるようになっています。

様々な色や柄の風呂敷包みも用意されているので、格上な特別な贈り物にすることができます。

価格:税込み12960円
素材:天然木
仕様:四角形
サイズ:黒23.5cm、赤22㎝
箱使用:化粧箱216円から、木箱648円、紙箱又は桐箱の風呂敷包み648円から

>箸ギャラリー門が取り扱っている螺鈿箸(らでんばし)をもっと詳しく見てみる。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

橋本幸作漆器店の梅松葉夫婦箸(うめまつばめおとばし)

橋本幸作漆器店の梅松葉夫婦箸(うめまつばめおとばし)

>橋本幸作漆器店の梅松葉夫婦箸(うめまつばめおとばし)をもっと詳しく見てみる。

橋本幸作漆器店は、昭和24年の戦後不況の中輪島塗箸専門店として開業し、現在も輪島塗箸専門店として品質の高い箸を作り続けており、様々な賞を受賞している名店です。

そんな、橋本幸作漆器店が作る箸は、手に触れた時、口に入れた時の触感が心地いい肉厚な箸になっており、すべて手書きで描かれている絵柄は純金で施されています。

使い心地の良さと高級感を兼ね備えた逸品となっています。

今回紹介する梅松葉柄の夫婦箸は、縁起が良いとされる絵柄なのでお祝い事の贈り物に最適です。

夫婦箸は梅松葉以外にもトンボや雲綿など様々な絵柄が用意されており、小さいサイズの子供箸や、贅沢に上から下まで金の装飾が施された金箔福寿箸など様々なシリーズが展開されています。

価格:税込み10800円
素材:木
仕様:丸みのある四角形、純金蒔絵
サイズ:黒22.5cm、赤21.3㎝、
箱使用:桐箱

まとめ

「扱いが難しそう」と思いがちな漆器の輪島塗ですが、実は意外と手入れは簡単で、格上な普段使いの良い贈り物に最適です。

輪島塗の箸は、とても丈夫で様々なサイズや絵柄があり、使い心地もとても良いのでコップや器よりも喜ばれます。

プレゼントで悩んでいる際は、一度輪島塗の箸を検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!