遊び心のあるデザイナー「タフ」のつくる有田焼2016/ 6選

Journal編集長
Journal編集長

日本が誇る伝統的な焼物として有田焼が有名です。その有田焼をよりモダンで現代風にアレンジしたアイテムが有り、若者にも人気を誇っています。

その中でも有田焼の400週年を記念して立ち上げられたブランド「2016/」の焼き物は、モダンで使いやすく、遊び心のある作品ばかりです。

ここでは、2016/のデザイナーの一人である「TAF(タフ)」の魅力やおすすめのアイテムを紹介します。

2016/とはどんなブランドなの?

新しい有田焼のスタイルを作り上げているブランドとして2016/が有名ですが、一体どのようなブランドなのでしょうか?

ここでは、2016/というブランドの成り立ちや特徴を紹介します。

有田焼誕生400年の節目で誕生したブランド!

有田焼が誕生したのは400年ほど前と言われており、白磁に鮮やかな絵付けが印象的な陶器です。

長い年月をかけて高い価値と名声を得てきた事実がある中で、誕生400年という節目を迎えた2016年に、新しい時代のながれを作り出すという機運が生まれました。

そこで誕生したのが、2016/というブランドです。

伝統を守るのも大事ですが、新しい時代に則した変化を見せないと埋没していくのが世の常ですが、その意味でも2016/が新しいことにチャレンジしているのは実に興味深いものがあります。

デザイナー「タフ」とは?

タフは、スウェーデンのストックホルムを拠点に活動をしているデザイン事務所です。

日用品やインテリアのデザインを得意とし、その作品はニューヨーク近代美術館やスウェーデン国立美術館、コペンハーゲンのデンマーク・デザインミュージアムのコレクションに展示・収蔵されています。

作品の特長は、どことなくユーモアと遊び心のあるデザインのものが多いです。

使ってみると、毎日が楽しくなりそうなカップや器ばかりですので、ぜひ手にとってみてください。

遊び心のあるデザイナー「タフ」のつくる有田焼2016/ 6選

ここでは、2016/有田焼の魅力的なアイテムを紹介します。

2016/ タフ カップ (モンキー:レッド)

2016/の真骨頂が見られると言っても過言ではないアイテムが、こちらのカップです。

赤で描かれた猿の顔が非常に可愛く、モダンな印象を与えてインテリアとしても活用できそうなおしゃれな感じを受けます。

握りやすいカープが特徴のカップとなっているのも印象的で、手にとった時に上質な素材の質感を楽しめます。

カーブは握りやすさだけでなく可愛らしいフォルムでもあり、スタッキング性にも優れていますし、さまざまな色やデザインのものと組み合わせることで収納していても視覚的に楽しめます。

色違いのカップもありますので、一緒に重ねて収納することもできますよ。

2016/ タフ マグ (アプリコット)

こちらはマグカップタイプのあいてむです。

有田焼でマグカップというのもかなり貴重ですが、もちろん有田焼らしい高級感に溢れた仕上がりとなっています。

特徴的なカーブはそのままに、取っ手部分も独特の形状を採用しつつ、指を通してつかみやすさもキープしています。

アプリコットというカラーリングも秀逸で、落ち着いた雰囲気を与えることもできますよ。

2016/ タフ トレイ (ピスタチオ)

まるで机の上にアイスがこぼれて溶けたようなシンプルなトレイがこちらです。

大人から子供まで、家族で使うことができるテーブルウエアとしておすすめできます。

遊び心に溢れたアイテムでありながらも、しっかりとものを置くことを意識して絶妙なサイズ感となっています。

頑丈な出来栄えですので、壊れにくいという点も評価できます。

食洗機で洗うことができて、メンテナンス性も高く価格もリーズナブルというのも魅力的です。

2016/ タフ ピッチャー (ブルー/レッド)

こちらは大容量で多くの飲み物を入れることができるピッチャーです。

くちばしのような大きな注ぎ口によって、愛嬌があり注ぎやすさもキープしているピッチャーとしてもおすすめです。

優しく繊細な磁器の質感を引き立てる、シンプルでモダンなデザインですし、ブルーとレッドがワンポイント入っている点にも注目です。

半月形のカーブを描く持ち手となっていて、しっかりと握りやすい形状である点も評価できます。

2016/ タフ オーバルボウル (アプリコット)

その名の通り、バルなどでも映えること間違いなしのボウルがこちらです。

独特の丸みの帯びたデザインがとてもかわいく、優しく繊細な磁器の質感を引き立てています。

例えば、肉料理を乗せるとよりお肉の美味しさを視覚的に引き立てることができそうです。

メインディッシュというよりは、添え物を乗せるのに最適なボウルタイプというのも良いですね。

2016/ タフ プレート 240 (クレイベージュ)

こちらはプレートタイプとなっていて、癖がないデザインであると同時に様々なものを乗せるのに最適なデザインとなっています。

プレートメニューで使用するのにも最適ですし、朝食にパンやサラダ、目玉焼きを乗せるのも良いでしょう。

クレイベージュという優しいカラーリングも印象に残ります。

まとめ

2016/のアイテムは、どれも個性が強く魅力的なものばかりです。

その中でも、有田焼の持つ伝統を失うことなく、その魅力を残しつつ新しいことにチャレンジしている姿勢は高く評価したいですね!

よかったらシェアしてね!