和のテイストがかわいい!ジュエリートレイのおススメ3選

Journal編集長
Journal編集長

ただ単にフェルトでできた黒い一般的なジュエリートレイにジュエリーやアクセサリーを置いていても、何のおしゃれ感もなく、フェルトの部分にホコリや毛が絡まってしまって手入れもとても面倒ですよね。

そこで今回は、手入れが簡単でジュエリーがより一層綺麗に映える、木を材料にして作られた一風変わったおしゃれな伝統工芸品のジュエリートレイを紹介します。

意外と手入れが簡単で丈夫な日本工芸品

「日本工芸品」と聞くと、「手入れがめんどくさそう」「繊細で壊れやすそう」というイメージを持ってしまう方が多いと思います。

ですが、実際には伝統工芸品はとても丈夫で、手入れも簡単なものがほとんどです。

比較的低価格で購入することができるプラスチック製のジュエリートレイだと、プラスチックが色あせてしまったり、表面の絵柄が剥げてしまったり、少しの衝撃でも簡単に割れてしまったりしやすいですよね。

それに比べて、今回紹介する西陣織を使用した木目込みのジュエリートレイ、組子模様が美しいジュエリートレイ、縁起のいい絵柄がかわいく描かれた漆塗りのジュエリートレイ、どれも汚れたら濡れたタオルで水拭きができますし、水拭きしたからと言って色落ちすることもありません。

更に、とても繊細に見える日本工芸品は、見かけの繊細さからは想像もつかないほどとても丈夫で、多少の衝撃ではなかなか壊れることがありません。

色鮮やかな西陣織がきれいな柿沼人形が作る木目込みのジュエリートレイ

色鮮やかな西陣織がきれいな柿沼人形が作る木目込みのジュエリートレイ

>色鮮やかな西陣織がきれいな柿沼人形が作る木目込みのジュエリートレイをもっと詳しく見てみる。

1950年の創業から70年以上も江戸木目込み人形を作り続ける柿沼人形には、日本でも数少ない江戸木目込み専門の伝統工芸師が集まっています。

そもそも木目込みとは、木彫りの下地に木の切れ目に布を挟みこんで作られた日本人形の工芸品を指していましたが、最近ではカラフルで様々な絵柄の布を使用した招き猫や日用雑貨まで様々な木目込みの製品が展開されています。

そんななかで、今回紹介する木目込みのジュエリートレイは、最も使い勝手が良くカラフルでかわいらしいデザインになっています。

このジュエリートレイに使われている布は、ひな人形に着せる西陣織が使われており、すべて手作業。使われる西陣織もその場その場で変わってくるので、常に同じ配色になることはないようです。

亀甲模様とストライプ模様の2種類が展開されており、漆で仕上げられた淵の部分は漆独特の黒色と、木の年輪がきれいに見える透明な漆の2種類が展開されているので、4パターンすべてのデザインをつい揃えたくなってしまうほどの逸品です。

西陣織がクッション替わりになるので、ジュエリーのみならず傷がつきやすい眼鏡や時計、スマートフォン置きとしても利用でき、壁に立てかけて飾っておくとインテリアとしてもオシャレに楽しむことができます。

伝統工芸分野:江戸木目込人形
サイズ:横幅25cm、縦幅15cm、高さ3cm
重さ:240g
素材:木、西陣織
価格:16,200円

>色鮮やかな西陣織がきれいな柿沼人形が作る木目込みのジュエリートレイをもっと詳しく見てみる。

くみこスタジオの組子ジュエリーボックス

くみこスタジオの組子ジュエリーボックス

>くみこスタジオの組子ジュエリーボックスをもっと詳しく見てみる。

AI時代になったハイテクな現在でも、機械には再現できないような繊細で美しい組子細工を専門とするくみこスタジオでは、現在の生活に合った組子細工の伝統工芸品を多く展開しており、くみこスタジオの組子雑貨は、ハンドメイド商品を作り手から直接購入することができるiichiというサイトで購入することができます。

そんなくみこスタジオのおススメなジュエリートレイは、木肌を楽しみながらジュエリーやアクセサリーを置いておける6角形の麻の葉模様のジュエリーケースです。

組子細工は釘などを一切使わずに物を作り上げる手法で、木だけを使用している伝統工芸品だからこそ味わうことができる見た目の優しさやぬくもりが、どんな素材にもない独特な雰囲気を醸し出してくれます。

さらに、木は湿気をよく吸ってくれるので大切なジュエリーやアクセサリーにカビや黒ずみが付きにくく、プラスチック製のジュエリートレイなどのように、トレイの塗装がアクセサリーについた汗などで溶けてジュエリーに付着してしまうこともありません。

この組子ジュエリーケースは、表面になにも塗装されたりしていないので、木の香りを十分に楽しむことができ、傷がついても水に少し浸しておくだけで自然と元道理に戻ります。

伝統工芸分野:組子
サイズ:横幅12cm、縦幅12cm、高さ3.5cm
素材:天然ヒノキ
価格:4,800円

>くみこスタジオの組子ジュエリーボックスをもっと詳しく見てみる。

井助の漆ジュエリーケース

>井助の漆ジュエリーケースをもっと詳しく見てみる。

創業180年余りたつ京都の老舗漆器店の井助は、従来の黒と赤色の漆器だけではなく、青色や黄色など様々な色の様々なテーブルウエアや日用雑貨を展開しています。

日本古来のデザインが施された誰もが一度は見たことがある漆器から、色とりどりで形も様々な現代風の漆器まで数多くの作品を作っている井助のおススメジュエリートレイは、「うるしはこ」と名付けられているジュエリーケースです。

赤とピンクを基調とした梅の葉がかわいらしいデザインや、朱色と青色を基調としたひょうたん柄、緑と黄色を基調とした鳥の絵柄がかわいらしいデザインまでバイカラーがとてもかわいい全部で6種類のカラーバリエーションがあります。

内側は傷がつきにくいウレタン塗装で、外側が漆塗りとなっており、とても丈夫で何十年も使用していくことができるので、シリーズで集めて末永く使っていくことができる逸品です。

伝統工芸分野:漆塗り
サイズ:横幅9.2cm、縦幅9.2cm、高さ5.3cm
素材:木、漆、ウレタン
価格:5,400円

>井助の漆ジュエリーケースをもっと詳しく見てみる。

まとめ

繊細なデザインや雰囲気が独特でとてもきれいな日本工芸品は、プラスチック製の物に比べるととても丈夫で美しさを保ったまま長年使い続けることができます。

ジュエリーやアクセサリーをより美しく演出してくれる日本工芸のジュエリートレイは、SNS投稿が趣味であったりおしゃれなものが好きな人だと一つは持っておきたい逸品です。