偶然が生み出す美しい京焼「花結晶」の魅力

BECOS代表
BECOS代表

日本には誇るべき伝統工芸品が数多くあります。その1つが清水焼を始めとする京焼。京焼といえば清水焼のイメージが強いですが、実際には粟田口焼や御室焼なども京焼の1つです。

そんな京焼で「花結晶」という美しい模様をつけたものがあるのをご存知ですか?その名の通り花のような結晶の模様が特徴で作るごとに模様が異なるため自分だけの花結晶を見つけることができるのが特徴です。

今回は京焼と花結晶の魅力をご紹介します。

京焼の歴史と特徴について

まずは花結晶についてご紹介する前に京焼の歴史と特徴についてご紹介します。

京焼の歴史について

京焼の歴史ははっきりしていないことも多いのですが、慶長年間のころから京焼を作り始め広く普及したと言われています。江戸時代には京都内で粟田口焼や御室焼、八坂焼、清水焼などが作られるようになりました。

ちなみに京焼は土で出来た陶器が中心です。それに対して佐賀県で作られている有田焼は石でできた磁器というものです。どちらも焼き物に絵や色を付けた華やかな作品が多いのは特徴です。

京焼の特徴は?

京焼は日本で最初に赤色の絵付けを完成させた焼き物と言われています。土ものに鮮やかな赤色で絵付けをすることで、美しさや温かさを感じさせるのです。京焼は中国より伝わってきた染付や天目などの高度な絵付け・色付け技法取り入れてきました。

基本的に有田焼や備前焼などの日本の焼き物は作品の個性を表現する技法がありますが、京焼は特徴がないとも言われています。

しかし、京焼は京都で生まれた繊細な絵や模様をさまざまな方法で彩る芸術品であり、作家によって個性の強さが左右されます。つまり、京焼はそれそのものの個性はありませんが、作家によって様々な個性あふれる作品が生まれるのです。

陶葊と「花結晶」について

花結晶の京焼は陶葊という窯元によって作られています。

陶葊について

陶葊は京焼・清水焼を制作する窯元で、大正11年に東山泉涌寺にて創業しました。創業以来、上質な原材料を使って熟練の職人が1つ1つ手作りを行っています。

その作品は創造性や品質が高いと評価されてきました。尾形乾山や野々村仁清からの京焼・清水焼の伝統を受け継ぎながら、日々技術革新に取り組んで、他の京焼・清水焼とは一線を画すような作品を作り続けています。

現代は四代目土渕善亜貴が京焼・清水焼の技術を受け継いでいます。華やかで独創的な作品を生み出して、現代のライフスタイルに潤いを与えるような器を作るために、特に草花をモチーフにした作品を数多く手がけています。

清水焼の魅力や技術の高さを伝えていきたい

近年大量生産品の流入によって低価格化したり、深刻な後継者不足などの問題があります。そのため、職人や窯元の数も減少し、熟練の技術や心の伝承ができなくなるかもしれません。

そんな厳しいときこそ清水焼の魅力や職人たちの技術の高さを伝えていくために日々精進を続けています。ロイヤル・コペンハーゲンやマイセンなどの海外製の高級食器のように京都には京があり、デザインや技術、品質の高さは引けを取るものではありません。

お客様だけでなく、窯元や職人などの京焼に関わる人の多くが幸せになるために京焼を作り続けているのです。

独自の高火度釉薬技術が自慢

焼き物に使う鮮やかな絵具の多くは、釉薬を施して、本焼成した陶磁器に上絵具で図柄を描いて、それを800度くらいの低温で焼き上げる上絵付けで色を出すのが一般的です。しかし、陶葊では30年以上も前から陶磁器の素地に先に絵をつけて、その上から釉薬を掛けて1200度以上の高温で本焼きする下絵付けにこだわり続けてきました。

下絵付けは高火度で焼くので、さまざまな色を出すのが難しいと言われていますが、高温でも鮮やかに発色する顔料と釉薬の組み合わせによって、ガラスコーティングを施したような透明感のあふれる色彩表現ができます。

陶葊の高火度釉薬技術はどこにも負けないという自信を込めた作品になっています。

花結晶について

花結晶は器の表面に花が咲いたような美しい模様が出るのが特徴です。結晶釉は、焼窯の中で溶けて冷却するときに結晶が出る特性を持っています。その中でも花結晶は結晶がとりわけ大きく、さまざまな形状が現れます。

2つとして同じものができないため、世界に1つだけの作品ができます。そのため、あなただけの様々な結晶の形を楽しめることができる逸品です。

花結晶が美しい!陶葊の京焼5選

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (白地青赤) フリーカップ (2点セット)

  • 寸法:Φ8.0*H11.0cm
  • 価格:6,000円

お茶などの飲み物だけでなく、お酒を入れるのにもちょうどいいフリーカップです。ペアセットなので恋人同士や夫婦で使うのにおすすめですよ。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (白地青赤) 茶碗 (2点セット)

  • 寸法:L : Φ11.5*H6.0cm, M : Φ11.0*H5.5cm
  • 価格:7,000円

赤と青の花結晶が美しい茶碗のセットです。夫婦茶碗として大切な方と使うのにおすすめ。もちろんプレゼントとしても大変喜ばれます。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (銀藤) とっくり (3点セット)

  • 寸法:徳利Φ7.5*H12.0cm, ぐい吞Φ5.5*H5.0cm
  • 価格:8,500円

お酒、特に日本酒をたしなむ方におすすめなのがこの花結晶のとっくりとお猪口のセットです。

落ち着いた風合いの花結晶なので、老若男女問わず人気の高い一品。お酒好きな方へのプレゼントとしても大変おすすめですよ。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (銀藤) 長皿

  • 寸法:W29.5*D9.5*H2.0cm
  • 価格:3,000円

爽やかに光り輝く花結晶が非常に美しいシャープな長皿です。焼き魚やてんぷらなど、さまざまな料理を盛り付けるのに非常におすすめ。

特別な日の料理を盛り付けるお皿としてぴったりでしょう。ぜひいくつかセットでそろえておいて家族で料理を美味しく食べてください。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (緑) 土鍋 (ガス&IH用)

  • 寸法:Φ25.5*H15.5cm
  • 価格:26,000円

宝石のような結晶釉が素敵なお鍋です。パーティーのときに使えば、ひときわ目を惹くでしょう。

IHクッキングヒーターやガス直火、ハロゲンヒーター、ラジエントヒーターに対応しているため、どの家庭でもお使いいただけます。

土鍋でご飯を炊いたり、お鍋を作ってみんなで囲ってわいわい食べるのも楽しい思い出になるでしょう。

よかったらシェアしてね!