特別な日に使いたい!日本製の高級食器ブランド11選

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

みなさんは「高級食器」と聞いて何を思い浮かべますか?ロイヤルコペンハーゲンやマイセンなどの海外の高級ブランドを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

海外の高級食器はどれも優雅で素敵であこがれる人も多いでしょう。

しかし、日本にも海外の高級食器に負けないくらい素敵な高級食器ブランドがあります。

特に有名なのがノリタケや大倉陶園などですね。

高品質で、見た目も美しくおしゃれなデザインは日本の職人が1つ1つ丁寧に仕上げたもので、触れたときには心地よさも感じられます。

そこで今回はおすすめの日本製の高級食器ブランドをご紹介します。

おしゃれな日本製高級食器は眺めるだけでうっとり

食器は使うだけでなく、棚に並べておいておくだけでもとても素敵です。

近年は安い食器も比較的クオリティが高く人気があるのですが、やはりその美しさや心地よさ、棚に飾ったときの映え具合は高級食器ならではのものだと思います。

さまざまな日本製高級食器メーカーがありますが、どこもそれぞれ違った美しさがありますので、自分が気に入ったものを見つけてみると良いでしょう。

できれば複数セットを購入すれば家族全員同じ食器にできますし、一人暮らしでも来客時に使えます。

誕生日や記念日など特別な日の食事に使う食器に統一感を出すことで、よりクオリティの高い食事にすることができるでしょう。

おすすめの日本製の高級食器ブランド11選

2016/

>2016/の詳しいページを見てみる

「2016/」は有田焼の歴史や技術を継承するために作られたグローバルブランドで、世界各国の16人のデザイナーとコラボレーションされたものです。

4世紀もの間受け継がれてきた職人の技と世界で活躍するデザイナーの感性を融合させて、今までにない現代的な食器になりました。

デザイナーごとにデザインが全く異なりますので、きっと自分のお気に入りを見つけることができるでしょう。

「2016/」のページはこちら

京焼-清水焼 陶葊

>京焼-清水焼 陶葊の詳しいページを見てみる

4代続く陶葊の作品は他にはない独自の釉薬を使用しており、さらに1つ1つ丁寧に施された絵柄は優れたデッサン力によって、豊かな表現力を見せています。

そのため、人の心を打つものとなっています。

近年は食器だけでなくインテリア装飾品なども手掛けており、多くの称賛を得ています。

特に花結晶の模様は非常に美しく、2つとして同じものができないため、あなただけの結晶を楽しむことができます。

「京焼-清水焼 陶葊」のページはこちら

香蘭社

香蘭社

>香蘭社の詳しいページを見てみる

香蘭社は創立140年の歴史を持ち、宮内庁御用達の有田焼のメーカーです。

2016年には国民的アニメの「ONE PIECE(ワンピース)」とコラボしたことでも知られています。

香蘭社は有田焼の伝統様式を一歩前進させたと評価されており、「香蘭社調」「香蘭社スタイル」と呼ばれており、とても親しまれています。

香蘭社は日常使いできる食器から高級品まで、数多く取り揃えています。

3つのブランドはそれぞれ香蘭社スタイルでありつつ、個性もあるため非常に魅力的です。

「香蘭社」のHPはこちら

たち吉

たち吉

>たち吉の詳しいページを見てみる

「たち吉」は明治27年創業の歴史ある老舗和食器メーカーです。

さまざまなシリーズを作り続けており、そのどれもが個性があり、使えば使うほどその食器の良さを感じることができます。

また、ハローキティとコラボしたことでも話題になりました。

夫婦向けのセット食器や、自分へのご褒美向けのちょっと高級なものまで数多くそろっていますのでぜひチェックしてみてください。

「たち吉」のHPはこちら

DAIKURA

>DAIKURAの詳しいページを見てみる

DAIKURAは備前焼を製造販売しているお店です。

備前焼と言えば、豊臣秀吉と千利休が愛したと言われています。

土と炎のみで作られた備前焼は独特の味わいがあります。

シンプルで素朴な色合いですが、品格があります。

備前焼でお茶を飲みながらリラックスするなどしたいですね。

「DAIKURA」のHPはこちら

大倉陶園

大倉陶園

>大倉陶園の詳しいページを見てみる

大正8年創業の大倉陶園は日本を代表する名窯のひとつです。

古くから陶器では宮内庁御用達や迎賓館用の食器などに使われるなど珠玉の作品ばかりです。

白く滑らかな磁器は世界中の愛陶家たちから絶賛されています。

「大倉陶園」のHPはこちら

ノリタケ

ノリタケ

>ノリタケの詳しいページを見てみる

陶磁器の一流ブランドとして、国内外でも知られているノリタケ。

1904年に創業したノリタケは海外に広めるために努力を積み重ねてきました。

国内初のボーンチャイナの製造など日本洋食器界のパイオニアと言われていました。

現在では海外一流ブランドと肩を並べるほどの存在となっています。

「ノリタケ」のHPはこちら

UTSUÀ

>UTSUÀ をもっと詳しく見てみる。

UTSUÀは、400年の歴史を持つ、佐賀県有田から発信する新しいブランドです。

2016年の有田焼創業400年事業のひとつとして、有田に滞在したオランダ人デザイナー、タイメン・シュメルダーズがデザインした渾身の作品たちです。

ブランド名は食器という意味合いはもちろん、寛容さや謙虚さといった人間の大きさを示す意味にも使われることに因んで、「和・洋問わず、すべての料理を受け入れる」そんな思いが込められています。

透き通るような白磁の器は、まるでキャンバスのように料理を引き立たせますよ。

>UTSUÀ をもっと詳しく見てみる。

大日

>大日をもっと詳しく見てみる。

京都の職人が作り上げる食器は、釉薬の美しさが魅力の逸品です。

昨今では珍しくなった灰作りから自分で釉薬を作る陶芸家。

杉、葡萄、ひまわりなどの自然の植物を灰にし釉薬をつくり、手間暇かけて作られた器は、独特の色合いと温かみのある質感が特徴です。

自然の灰と炎が生み出す美しい発色の器は、特別な日の食卓を鮮やかに彩ってくれるでしょう。

>大日をもっと詳しく見てみる。

能作

>能作をもっと詳しく見てみる。

錫製のスタイリッシュな食器が特徴的な能作も、特別な日を演出するのにぴったりです。

通常、錫には他の金属を加えて加工をしますが、曲がるなら、その特性を活かそうというアイデアで、業界初の「曲がる食器」を生み出したブランドです。

タンブラーや酒器なども豊富なので、合わせてテーブルコーディネートを楽しめます。

シーンや用途に合わせて形を変えられるので、1つ持っていると、様々なシーンで活躍します。

あなただけのアレンジで楽しんでみませんか。

>能作をもっと詳しく見てみる。

ORI-ZARA

>ORI-ZARAをもっと詳しく見てみる。

西陣織職人が、もっと身近に西陣織を感じられるようにと作った高級食器ブランドです。

高級感のある西陣織の金銀糸が、陽の光や照明の当たり具合によって、とても綺麗に表情を変えます。

職人が選んだ色合いや和を感じる文様柄は、現代の日本のライフスタイルにもマッチするデザインです。

西陣織に、ガラスで特殊コーティングを施してあるので、破損時の飛散防止機能も備えられ、安心使えるのも嬉しいポイント。

食器としてはもちろん、アクセサリー等の小物入れとして使うのもオススメです。

1枚置くだけで、食卓が華やかになる器はプレゼントにも人気ですよ。

>ORI-ZARAをもっと詳しく見てみる。

まとめ

今回は日本製高級食器ブランドについて紹介していきました。

高級食器は普段使いとしてはなかなか使いづらいと思われるかもしれませんが、その品質や気品の高さはやはり安い食器では到底及ぶものではありません。

最近では100均の食器や安い食器もおしゃれなものが多いため、人気がありますが、記念日や特別な日には日本製の食器を使ってより優雅に過ごしてみませんか?

海外の高級食器も良いですが、ぜひ日本製の一流食器を選んでみてください!

よかったらシェアしてね!