木製の酒器おすすめ10選!そのメリットとは?セット商品やオシャレな逸品も紹介

木製の酒器のメリットと選び方のポイント

酒器といえば、ガラスや陶器、金属の錫(すず)などが素材のものを思い浮かべることが多いかもしれませんが、木製の酒器もさまざまなブランドで取り扱われています。タンブラーやおちょこ、ぐい呑など直接お酒を口に運ぶアイテムだけでなく、とりわけするための徳利や片口まで木でできているものも。

ここでは、木製の酒器のメリットや選び方のポイントを解説するとともに、機能やデザインにこだわった厳選商品をご紹介します。ご自宅用のアイテムはもちろん、お祝いなどのギフトとしても選んでいただきやすい商品ばかりなので、ぜひ参考にしてください。

木製酒器のメリット
軽くて使いやすく保温性が高い

木製の酒器のメリットは、なんといってもガラスや陶器に比べて軽いところ。たっぷりとお酒を入れても持ちやすく、また落としても割れにくいため丁寧に使えば長く愛用することができます。

熱伝導率が低く保温性も高いため、熱いお酒を入れても冷めにくいという特徴も。手に伝わってくる熱も、陶器やガラスに比べてとてもゆるやか。タンブラータイプの木製酒器であれば、お酒以外にも湯のみなどとして活用することもできます。

また、陶器やガラスとは異なる木独特の質感も、木製の酒器の魅力。口当たりのやさしさやスムースな手触りは、ゆっくりとお酒を楽しむ時間にむいています。

木製酒器の選び方のポイント
表面の加工で雰囲気も扱いも変わる

木製の酒器を購入したい場合には、表面の加工にも注目してみましょう。木には吸水性があるため、水が浸みたところがシミになったり、濡れと乾燥を繰り返してひび割れの原因となったりすることがあるため、カップなどに形成された商品はほとんどがウレタン塗装や漆塗の加工がほどこされています。

漆塗は水や油、熱に強く、防虫効果などもあるため食器にはとても向いている加工。日本ならではの伝統工芸品としても人気があり、さまざまなカラーやデザインの酒器が販売されています。高級感もあるため、ギフトやプレゼントにもおすすめです。

この投稿をInstagramで見る

clay(@clay_interior_for_life)がシェアした投稿

ウレタン加工も水や油が木に染み込むのを防ぐためにほどこされています。無加工のものと比べると少しツヤ感は出ますが、木目や木そのもののカラーを損なわないため、よりナチュラルな印象に仕上がります。

漆加工・ウレタン塗装どちらであっても通常の食器同様に洗剤で洗うことができます。やわらかいスポンジなどで洗って、しっかりと拭きあげるなどして乾燥させるようにしましょう。なかには食洗機の対応が可能なウレタン塗装商品もありますので、商品ごとの説明をしっかりチェックしてから購入してくださいね。

ダイレクトに木の質感を楽しんだり、木の香りを感じたりできるよう、酒器の内側のみウレタン塗装がない商品などもありますので、お好みでタイプを選ぶといいでしょう。

セット商品も紹介!漆塗りや他素材とのコラボも
木製の酒器のおすすめ10選定

木製の酒器のおすすめその1
金箔の月が情緒あふれる盃

おぼろ月 盃

1975年創業の箔一は、金沢箔工芸品のブランド。伝統美を人々の生活にも身近に取り入れられるよう、技術革新や他業種とのコラボなどにも取り組んでいます。

天然木のけやきを素材に、漆を何度も刷り込んで深みある色味に仕上げた酒器。金箔の月がやさしく光る盃です。お酒を満たすと、まるで水面に月が写り込んだかのような風情ある印象に。サイズは直径約10cmのLと、直径約7.9cmのSの2種。Lサイズは一品を盛るお皿としてもおしゃれに使うことができそうですね。

箔一
おぼろ月 盃

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその2
冷酒・熱燗どちらもOK!伝統の技がつまった酒器セット

酒器3点セット 千筋背高片口

創業130年以上の歴史を誇る漆器ブランド、やま本。創業当時、これまでにない新たな手法として生み出された「八雲漆」の技術をいかして創業者が漆器を作り出したのがその始まり。希少な国産天然漆だけを使い、上質な漆製品を生み出しています。

冷酒でも熱燗でもつかうことができる酒器3点セット。漆塗で仕上げたぐい呑みに、貝殻を用いた細工で桜を、漆を乾燥させて粉末にしたものを塗る技術で紅葉を表現しています。ひとつのぐい呑にたくさんの技術がつまった、贅沢な逸品。カラーは片口の内側の色が異なる2種類の展開です。

やま本
酒器3点セット 千筋背高片口

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその3
錫粉でメタリックに!漆塗の技術を生かした焼酎グラス

塗師Kiyo カップ 2点セット

創業117年を迎える、新潟の小林仏壇店。仏壇の制作等を主力事業としながら、培ってきた新潟漆器の確かな技術を用いて新しい感覚の商品を開発しているメーカー。この漆塗りのカップもそのひとつ。

伝統的な漆塗りに錫の粉をあわせて、メタリックな表情を生み出している酒器です。漆器といえば、色が濃いものが多いですが、うつくしい木目を活かしているのもこのカップの特徴。約100gと軽量なのも使いやすいポイントです。焼酎のロックや水割りを、このカップでゆっくりと味わいながらいただきたいですね。

小林仏壇店
塗師Kiyo カップ 2点セット

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその4
檜が香るナチュラルな酒器セット

粋丸ぐいのみ 徳利セット

天然木の檜(ひのき)の質感を活かした、ナチュラルであたたかみのあるとっくりとぐい呑のセット。ウレタン塗装は外側だけにほどこされており、お酒にふれる内側は檜そのもの。

お酒を口に含む瞬間、檜の香りがほんのりと漂います。より木製酒器の特徴が際立つ商品をさがしている人におすすめ。とっくり・ぐい呑ともに、ゆるやかな丸みを帯びた形が手にフィットして使い心地がいいのも特徴です。専用の化粧箱つきなので、ギフトにもおすすめです。

和敬静寂
粋丸ぐいのみ 徳利セット

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその5
食洗機対応!竹素材のおちょこセット

おちょこ TSUBOMI ペアセット

天然の孟宗竹を素材として数々のテーブルウェアを作り出しているRIVERET(リヴェレット)。天然素材の美しさを活かした、普段使いに適した製品づくりがコンセプト。竹の内部まで染み込む独自のコーティングで、食洗器の利用が可能な商品を展開しています。

飲み口が少し絞られた形状のおちょこのセット。バイカラーのデザインで、竹製とは思えないほどスタイリッシュですね。容量60mlとほどよい容量で手になじみやすいのもポイント。食洗器に対応しているので、毎日でも使いたい酒器です。

RIVERET/リヴェレット
おちょこ TSUBOMI ペアセット

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその6
ワインや日本酒に!独特の質感をもつ漆塗りのグラス

ワインペアカップ 銀さび

京都の漆器ブランド井助は、創業190年以上を誇る老舗。日常のなかで漆器を使うことで、その素晴らしさを体感して欲しいという想いでシンプルかつモダンな漆器を提案しています。特徴的なデザインのワイングラスもそのひとつ。

カップの外側は、通常は下地に使う「さび塗り」という技術が使われており、独特の質感と深みのあるシルバーカラーに仕上げられています。内側は一方が金箔、もう一方が銀箔仕上げと、とても華やか。結婚祝いや金婚式、銀婚式のお祝いの品にもぴったりですね。ワインだけではなく日本酒をいただく酒器としても活躍しますよ。

漆器の井助
ワインペアカップ 銀さび

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその7
富士山モチーフの洗練された印象の酒器

FUJI Kurourushi

富山県の高岡銅器のメーカー、四津川(よつかわ)製作所が展開するライフスタイルブランド、KISEN(キセン)。高いデザイン性と機能美をそなえた酒器は、日本の象徴、富士山がモチーフになっています。

素材には木と真鍮が用いられており、木製部分は黒の漆塗仕上げ。都会的で洗練された印象で、和洋どちらの料理にもコーディネートできる酒器です。ほかにも真鍮部分のカラーが異なるものや、いろいろな形状のシリーズが展開されているのでお気に入りを見つけてみてください。

KISEN
FUJI Kurourushi

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその8
お正月やお祝いの席にぴったりの盃

2.2小盃

福島県会津若松市で、会津塗の漆器を豊富に扱う老舗問屋、福西惣兵衛商店。伝統的な様式の会津塗商品のほか、モダンなシリーズも取り揃えています。

ごく細かい金粉を表面に敷き詰める会津塗の伝統的な技法「消金地」に、おめでたい絵柄を描いた華やかな盃。外側の朱色がパッと目をひく鮮やかなカラーです。盃の3つセットには松竹梅、ふたつセットには桜と紅葉が描かれています。お正月やお祝いの席などで使いたい酒器ですね。

福西惣兵衛商店
2.2小盃

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその9
使いみちいろいろ!シンプルな片口

かたくち Dorop

1945年に桶屋として創業した星野工業。現在は木製品の総合メーカーとして、生活用品やインテリアアイテム、テーブルウェアなど時代にあわせたデザイン性の高い商品を生み出しています。

酒器の展開も豊富で、薄いつくりの片口はシンプルながらとてもスタイリッシュ。容量は約100mlで、酒器としてのほかにもドレッシング・ソース入れとしても活躍します。おちょこやぐいのみなども取り扱っているので、片口とセットで購入するのもいいですね。素材は桧と杉から選ぶことができます。

星野工業
かたくち Dorop

この商品をもっと詳しく見てみる

木製の酒器のおすすめその10
木箱入りでギフトにも!和モダンなぐい呑

ぐい呑 市松 ペア

1919年創業で、宮内庁御用達としても著名な漆器 山田平安堂。現代の暮らしにマッチする、ぬくもりのある器を提案しており、コロンとしたかわいいフォルムのぐい呑もそのひとつ。

異なるカラーの2色がペアになった商品で、飲み口部分の市松模様が和モダンな雰囲気です。酒器としてのほかにも、一品を盛りつけたりおつまみを入れたりとアイデア次第でいろいろな使い方ができるのもポイント。木箱が付いているので、ギフトにもおすすめです。

山田平安堂
ぐい呑 市松 ペア

この商品をもっと詳しく見てみる