日本酒の味にも影響する!「おちょこ」と「ぐい呑み」の違い

Journal編集長
Journal編集長

日本酒を愛する皆さんに質問です。ふと気になったことはありませんか?「おちょこ」と「ぐい呑み」の違い。お店などで売られている商品を見ていると「おちょこ?ぐい呑み?どっち?」と悩んでしまうようなモノが多数ありますよね?

そんなおちょことぐい呑みの違いはどこにあるのか。おちょこで日本酒を飲むのとぐい呑みで飲むのとでは味まで変わってしまうのか?など気になる疑問にお答えします。

おすすめの酒器も紹介しますので、最後までお付き合いいただけると幸いです。

「おちょこ」と「ぐい呑み」の違いってなに?

おちょことぐい呑みは混同されやすく、ネットショップなどで「どう見てもこれはおちょこなのでは…?」という商品が「ぐい呑み」と表記されて販売されていたりします。

おちょことぐい呑みの違いは、その大きさ「容量」です。しかし、何センチがおちょこなどと言うはっきりとした定義などはありません。

目安としては、一口で飲みきれるかどうかになります。

  • おちょこ(一口で飲みきれる):20~50cc
  • ぐい呑(一口で飲みきれない):40~200cc

一口で成人男性が飲む場合の最も飲みやすい量が20ccだと言われていますので、20~30cc程度の酒器はほとんど「おちょこ」と呼ばれています。

40cc以上になると、おちょこと言ったり、ぐい呑と言ったりメーカーや作り手によって呼び方がまちまちになってきます。

もちろん、あくまで目安で明確な違いはありません。

おちょことは

おちょこは「お猪口」と書きますが、この猪口(ちょこ)の語源は「ちょっとしたもの」のことだと言われています。

また、「飾り気のない様子」をあらわす「安直(あんちょく)」の「直(ちょく)」と関連があるとも言われており、1口で飲み干せる量が入る小型の盃のことを「おちょこ」と呼ぶのです。 

Journal編集長
Journal編集長

こんな風にして、奥さんからお酒を注いでもらうのが、男の夢だったりしますよね!晩酌には徳利とおちょこがピッタリです。

ぐい呑みとは

対するぐい呑みは、おちょこより大きいサイズの器を意味します。おちょこより一回り以上大きく、ご飯茶碗よりは小さいサイズと言ったところです。

「ぐいっと飲む」とか「ぐいっとつかんで飲む、ぐいぐい飲む」からぐい呑みだなどと言われていますが、これには諸説あり、はっきりとした語源はわかっていません。

いずれも、おちょこよりも大きくて1~2口では飲みきれない量が入る器がぐい呑みです。

日本酒の味にも影響する違いとは

おちょこの日本酒に与える影響

おちょこが一口で飲みきれる小さな器ということから言っても、きりっと冷えた冷酒などをぬるくならずに冷えたまま飲み干すことができます。

Journal編集長
Journal編集長

個人的には、おちょこでちびちび日本酒を呑むのが好きなので、おちょこをおすすめします!

ぐい呑の日本酒に与える影響

ぐい呑みに冷酒を入れると、飲む人のペースによってはぬるくなってしまいますよね。もちろん、おちょこやぐい呑みに使われている「素材」も日本酒の味を大きく左右します。

硝子製ならば吟醸や大吟醸酒などフルーティーな香り高い繊細な味のものに向いていますし、陶器などは純米酒や山廃仕込みなどコクや深みのある「濃いお酒」に向いているでしょう。

飲む人の好みや飲むペース、冷酒やお燗などの温度などから、おちょことぐい呑みを使い分けてみるのも楽しいですね。

小ぶりサイズのおちょこは、日本酒専用として作られているモノが多くなりますが、さまざまなデザインや素材のものがあります。ぐい呑みは大ぶりなので、日本酒だけでなく焼酎やウイスキーなどを入れて楽しむ人もいます。

おちょこのおすすめ

小ぶりなおちょこで日本酒をキュッと楽しむ。ならば、お酒を入れる片口やとっくりがセットになったものをおすすめします。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶[銀藤]片口酒器[3点セット]

青みがかった銀色の花模様が浮かび上がる京都の清水焼の酒器セット。

結晶釉(けっしょううわぐすり)という特殊な釉による、焼き窯の中で溶けたものが冷却されるときにできる花のような模様(花結晶)が特徴です。同じ模様は二つとない、あなただけの酒器をどうぞ。

  • 価格:9,000円
  • 容量:片口=300ml
  • 寸法:片口=φ0*H6.5,ぐい呑み=φ5.0*H4.0㎝
  • 重量:400g
  • 備考:磁器(手洗い推奨)電子レンジ〇 食器洗浄機〇 直火× IH× オーブン×

>この商品をもっと詳しく見てみる

【津軽びいどろ】北洋硝子(アデリア)花うつし紫陽花 酒器セット

雨上がりのしずくが滴る紫陽花の花をモチーフにして作られた津軽びいどろの酒器セットです。まろやかなフォルムの中に色とりどりの花びらの色。

キラキラとしたガラス粒が幻想的な雰囲気を醸し出しています。

  • 価格:20,000円
  • 容量:盃=80ml,片口=180ml
  • 寸法:盃=φ55*H50、片口=φ140~93*H63㎜
  • 重量:500g
  • 備考:硝子 電子レンジ× 食器洗浄機× 直火× IH× オーブン×

>この商品をもっと詳しく見てみる

ぐい呑みのおすすめ

ちょっとずつ飲むのではなく、日本酒をたっぷり飲みたい!という人にはぐい呑みをおすすめします。繊細なガラス製と素朴な磁器のとっくりを選びました。

【金沢箔】箔一 酒器セット シャンパンゴールド

透明なガラスに、金箔が不規則にひび割れた模様がなんとも個性的な酒器セットです。

上品でやわらかな煌めきを放つシャンパンゴールドの金沢箔は、おもてなしの席はもちろん、いつもの晩酌シーンにもおすすめです。

  • 価格:10,000円
  • 寸法:徳利=96*86*90㎜,ぐい呑み=φ70*50㎜
  • 重量:600g/1.32lbs
  • 備考:ガラス・本金箔 電子レンジ× 食器洗浄機× 直火× IH× オーブン×

>この商品をもっと詳しく見てみる

 

【陶芸家】藤岡光一 夕映え とっくり [3点セット]

深みのある赤色が印象的な、陶芸家藤岡紘一氏の作品です。ロクロで形成したあと、手作業で削られた削り後は、見る角度や光が当たる角度でその印象がガラリと変わります。

手にしっくりとなじみ、飲み口のカーブも絶妙で毎日日本酒が飲みたくなってしまうかも。

  • 価格:26,000円
  • 寸法:徳利=φ5*H13.5cm,ぐい呑み=φ7.0*H7.5㎝
  • 重量:徳利=210g、ぐい呑み=70g
  • 備考:磁器(手洗い推奨)電子レンジ〇 食器洗浄機〇 直火× IH× オーブン×

>この商品をもっと詳しく見てみる

まとめ

おちょことぐい呑みのはっきりとした違いは、大きさ(容量)でした。選ぶ日本酒の種類や飲む人のペース、冷酒か熱燗なのかによって、おちょことぐい呑みを使い分けるのも楽しみ方の一つですよね。

硝子や磁器などの素材の違いはもちろん、飲み口の厚さによってもその口当たりは大きく変わってきます。

一つ一つ職人の手作業で作られた、二つと同じものが作れない自分だけのおちょこやぐい呑みを選んでみてください。

きっといつもの日本酒が格別の味わいになることでしょう。

よかったらシェアしてね!