筆描きの馬、ひび割れた表面が特徴の大堀相馬焼のアイテム5選

Journal編集長
Journal編集長

父親への誕生日プレゼントや、お世話になった目上の方への贈り物など、自分よりも年配の方へ感謝の気持ちを届ける時に何を選べばいいのか悩みますよね。

そんな方におすすめなのが、渋さが人気の伝統工芸品「大堀相馬焼」(おおほりそうまやき)です。

大堀相馬焼は、器の表面全体がひび割れており、疾走している馬「走り駒」の絵が筆で描かれているのが特徴の焼き物。

また、外側と内側の二重構造になっている「二重焼」という構造は、大堀相馬焼でしか見られない特殊な技法です。

自分で使うのはもちろんのこと、贈り物にも最適な湯呑みやカップ、お皿などの大堀相馬焼の商品を、BECOS編集部が5品厳選して紹介します!

目次
BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

福島県浪江町に伝わる大堀相馬焼

福島県東部にある浜通りの北部に位置する浪江町。

自然豊かなその場所で古くから伝わっている伝統工芸品が大堀相馬焼です。

まずは大堀相馬焼の歴史を知ることで、その魅力をさらに感じることができるでしょう。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

その歴史は江戸時代から

江戸時代の元禄年号に藩士の命令で日用雑貨品を焼くようになったのが発祥と言われており、現在では300年以上の歴史を持っています。

大衆向けの陶器として親しまれ、江戸時代末期には100軒近くの窯元が大堀相馬焼を生業としていました。

後述する3つの特徴を持つようになったのは明治維新の頃で、他の産地の焼き物とは一線を画す特徴的な陶器として愛されました。

戦争の影響で一時は衰退した大堀相馬焼でしたが、戦後には国内だけでなくアメリカにまで販路を広げて復興したのです。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

震災を乗り越えた大堀相馬焼

1978年(昭和53年)には国の伝統工芸品に指定された大堀相馬焼ですが、2011年に大きな危機に見舞われます。

それが2011年3月11日に発生した東日本大震災。

震災の発生当時は25軒の窯元があったのですが、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響もあり浪江町も避難区域に指定されてしまい、その窯元たちも避難せざるを得ない状況となりました。

現在でも浪江町は帰宅困難地区に指定されている一方で、震災翌年には大堀相馬焼協働組合が二本松市内に仮設の工房と事務所を開いたり、県内外に避難した窯元が各地で再建したりしたことで、大堀相馬焼の歴史はいまだに受け継がれています。

2019年3月に二本松工房が終了したことで、組合を中心に浪江町内での再建に向けて取り組んでいる最中です。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

大堀相馬焼の特徴は?

大堀相馬焼の特徴とされる「走り駒」「青ひび」「二重焼」という3つがあります。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

一つ目の特徴「走り駒」

疾走している様子の馬の絵が、筆で手書きされているのが大堀相馬焼の一つ目の特徴。

この馬は「走り駒」といい、狩野派の筆技法で描かれます。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

二つ目の特徴「青ひび」

二つ目の特徴が、器全体に広がっているひび割れです。

青ひびが入る際に聞こえる貫入音(かんにゅうおん)は「うつくしまの音 30景」にも選ばれた美しい音色として有名。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

三つ目の特徴「二重焼」

器が内側と外側の二層構造になっている二重焼。

熱いものを入れても手に伝わりにくいため持ちやすいその特徴は、大衆向けの陶器として人々の生活に密着して使われてきた歴史を感じさせます。

PICK UP
【信楽焼】ヤマ庄陶器 Toruco プレート
【信楽焼】ヤマ庄陶器 Toruco プレート
食卓に華を添えるプレート

鮮やかなトルコブルーが印象的!

爽やかなブルーなのにどこかあたたかみがあるのは、信楽焼ならでは。

お皿やカップをセットで揃えても、アクセントカラーの食器としてポイント使いしても素敵です。

食卓を華やかに彩ってくれるので、料理研究家にも人気の商品。

写真映えすること間違いなしです。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

渋さが魅力の大堀相馬焼の商品を5品紹介!

江戸時代から伝わる魅力的な渋さが光る大堀相馬焼の作品、さらに新しい感性を足した現代の作品などを5つ厳選しました。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【大堀相馬焼】松永窯 夫婦二重湯呑み

>【大堀相馬焼】松永窯 夫婦二重湯呑みをもっと詳しく見てみる。

走り駒、青ひび、二重焼という大堀相馬焼の特徴すべてを詰め込んだ湯呑みです。

古くから伝わっている大堀相馬焼の魅力を楽しめるので、大切な方へのプレゼントや両親への贈り物などにぴったりですよ。

手仕事ならではの温かみや重厚感が伝わってくる一品です。

製造しているのは1910年に浪江町で卸売問屋として創業し、戦後に製造も始めたという「松永窯」。

松永窯は震災後に福島県西郷村へと窯を移転し、現在でも福島県復興のために大堀相馬焼を受け継いでいます。

直径:69mm

高さ:90mm

重量:240g

内容量:100cc

価格:5,500円(税込)

>【大堀相馬焼】松永窯 夫婦二重湯呑みをもっと詳しく見てみる。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【大堀相馬焼】松永窯 丸徳利・ぐい呑み2個

>【大堀相馬焼】松永窯 丸徳利・ぐい呑み2個をもっと詳しく見てみる。

こちらも松永窯の作品で、素材の土に砂鉄が混ぜ込まれている徳利とぐい呑みのセットです。

徳利はころんとした丸い形で、ぐい呑みはぽってりと手に馴染むデザインになっています。

大堀相馬焼伝統の走り駒がかっこよく、毎日の晩酌がおいしくなりそうですね。

ぐい呑みは2個セットなので、夫婦一緒に、親子で、友人とお酒を楽しんでください。

【徳利】直径:95mm 高さ:130mm 内容量:240cc

【ぐい呑み】直径:60mm 高さ:45mm 内容量:55cc

価格:6,600円(税込)

>【大堀相馬焼】松永窯 丸徳利・ぐい呑み2個をもっと詳しく見てみる。

【大堀相馬焼】いかりや窯 楕円皿

>【大堀相馬焼】いかりや窯 楕円皿をもっと詳しく見てみる。

現在13代目の「いかりや窯」は、震災の影響で福島県白河市に移転して大堀相馬焼の窯元として活動を続けています。

13代目の山田さんが一つひとつ丁寧に作り上げている和食器の中から、楕円形のデザインがモダンなお皿を紹介。

手作業特有の曲線が温かみあふれるこちらのお皿は、釉薬の色味が美しく、シンプルながらも料理を引き立ててくれます。

器全体に大堀相馬焼の特徴であるひび割れが施されていて、柄のように浮かび上がっているのがきれいです。

直径:190mm

高さ:50mm

価格:3,520円(税込)

>【大堀相馬焼】いかりや窯 楕円皿をもっと詳しく見てみる。

【大堀相馬焼】京月窯 マグカップ&ソーサー

>【大堀相馬焼】京月窯 マグカップ&ソーサーをもっと詳しく見てみる。

大堀相馬焼窯元「京月窯」は、震災後は福島市内に移転して窯元を再開しました。

現在15代目の近藤さんは、女性ならではの感性と視点で大堀相馬焼の伝統を守りながらも新しい作風を生み出しています。

このマグカップ&ソーサーは食卓に馴染むシンプルな色合いやデザインながらも、日々のコーヒータイムが特別なものになるような美しさを持ち合わせています。

職人の手仕事が伝わる歪みや曲線がほっこりとした気分にしてくれて、癒されるような食器ですね。

【マグカップ】90mm×110mm(取っ手含む) 高さ:80mm

【ソーサー】直径:145mm 高さ:20mm

価格:4,400円(税込)

>【大堀相馬焼】京月窯 マグカップ&ソーサーをもっと詳しく見てみる。

【大堀相馬焼】クロテラス 丸皿 中

>【大堀相馬焼】クロテラス 丸皿 中をもっと詳しく見てみる。

大堀相馬焼の松永窯と、宮城県雄勝町の雄勝硯がコラボレーションした「黒照(クロテラス)」シリーズです。

深みと光沢がある漆黒なので高級感があり、贈り物や引き出物にもぴったり。

直径20㎝の使いやすいサイズのお皿なので、主菜の盛り付けだけでなく、パスタやカレーなどでもお使いいただけます。

直径:200mm

価格:3,300円(税込)

>【大堀相馬焼】クロテラス 丸皿 中をもっと詳しく見てみる。

まとめ

大堀相馬焼は、「走り駒」「青ひび」「二重焼」という特徴を持った渋さが魅力の日用器。

日々の食事やお茶の時間が特別なものになるような、シンプルながらも使いやすいアイテムばかりです。

福島県という土地で、戦争や震災などのピンチを乗り越えて現代に伝わっている大堀相馬焼の歴史を感じながら、その美しさや使いやすさを実感してくださいね。

\ BECOS編集部が厳選 /

伝統工芸品おすすめランキング発表

\ BECOS編集部が厳選 /

伝統工芸品おすすめ
ランキング発表

目次
閉じる