息をのむ白磁の美しさ!大倉陶園の陶器はどのようにして生まれたか

ライター鈴木
ライター鈴木

「セーブルのブルー、オークラのホワイト」とも称される超一流陶磁器ブランドである大倉陶園。今回はその100年を超える歴史と、大倉陶園ならではの白磁の美しさの秘密について取材してきましたので、魅力をお伝えできればと思います!

大倉陶園のホワイトの写真

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

大倉陶園の始まり~「美術陶器工場」を目指して

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

洋風文化の立役者

ライター鈴木
ライター鈴木

そもそも大倉陶園を創立した頃の日本の洋食器文化は、どのような感じだったのでしょうか?

大倉陶園
大倉陶園

大倉陶園は1919年に創立しました。当時の宮中晩餐会などでは、輸入されたヨーロッパの一流洋食器が主に使われていたそうです。

ライター鈴木
ライター鈴木

外国の方をおもてなしする場面でも、食器はヨーロッパのものを使用していたんですね。

大倉陶園
大倉陶園

しかし国際社会の中で、国賓をもてなす晩餐会で使用する食器は、その国の国産であることが暗黙の了解になっており、その際に輸入食器を使うことは、国際交流上好ましいことではございませんでした。

大倉陶園
大倉陶園

そこで大倉陶園が最高級洋食器をつくることで、国益に貢献させていただこうと思ったのです。

ライター鈴木
ライター鈴木

まさに日本の洋文化の立役者だったんですね!

大倉陶園
大倉陶園

しかし、あくまで日本人の暮らしに寄り添う洋食器の製造を大切にしていた大倉陶園では、日本の良さである四季を色で伝えたり、繊細に写し取った木々や花々をデザインに取り入れたりして、日本人の美意識に基づいた創作を試みてまいりました。  

ライター鈴木
ライター鈴木

日本らしさを器に込めて発信されていたんですね!

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

創立100年を超える大倉陶園の歴史

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

創立当初(1919年〜)

大倉陶園
大倉陶園

大倉陶園が創立されてすぐに、製造技法の研究が始まりました。

ライター鈴木
ライター鈴木

最初はどのような陶磁器を目指していたのでしょうか?

大倉陶園
大倉陶園

白磁(はくじ)の美しさと強度を兼ね備えた、硬質磁器をつくることを目指しました。世界最高の磁器をつくろうという熱い想いが当時からあったそうです。

ライター鈴木
ライター鈴木

ここでも『良きが上にも良きものを』という創立の理念を大切にされていたんでしょうね!

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。そして1922年、大倉陶園初めての製品『白磁薄肉彫蓋付菓子鉢』が完成いたしました。

白磁薄肉彫蓋付菓子鉢の写真

ライター鈴木
ライター鈴木

3年もかかったんですね!特徴を教えてください!

大倉陶園
大倉陶園

色の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさです。素地は、ほかには類を見ない1460度という高温で本焼きをした、硬質磁器となっています。釉薬も、基本的には現在も同じ調合でございます。  

ライター鈴木
ライター鈴木

今日の大倉陶園の土台となっている白さと硬さ、滑らかさは、創立当初から変わらないんですね!

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。『白磁薄肉彫蓋付菓子鉢』の完成以後、大倉陶園は博覧会や展覧会に積極的に出展を行っていくようになります。宮中の饗宴用食器に国産洋食器を取り入れることも成し遂げ、接待用食器を国産化することに成功いたしました。

ライター鈴木
ライター鈴木

大倉陶園の魅力が国内外の方に知ってもらえるようになったんですね。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

上級階級に洋食器が定着(1930年代)

大倉陶園
大倉陶園

1930年代は財閥や名家の特別注文に応じると同時に、各地の百貨店での販売会やレストランを通じて、一般の方々にも質の高い製品をご提供させていただくようになりました。

大倉陶園
大倉陶園

また海外要人のもてなしを目的に創業された老舗ホテルにもご納入させていただきました。

ライター鈴木
ライター鈴木

国賓や海外の方を楽しませただけではなく、一般の人々にも洋食器に触れる機会ができたのですね!

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

創立の地東京・蒲田を離れて横浜・戸塚へ移転(1960)

ライター鈴木
ライター鈴木

なぜ蒲田から戸塚の方へ移転されたのでしょうか?

大倉陶園 戸塚本店の写真

大倉陶園
大倉陶園

いくつかの理由がございます。
戦時中の空襲で工場が焼かれてしまったこと。
戦後の高度経済成長の中、学校用地として話があったこと。
またその後の好況によって、新たな工場設備の必要もございました。

大倉陶園
大倉陶園

また、戸塚の土地は、ケラー式トンネル窯を構えることができる工場用地だったから、ということです。  

参考

トンネル窯
トンネル状の長い炉体の入り口から、台車に積載した焼成前の製品を炉体でゆっくりと移動させ、出口に到達するまでの48時間に焼成の全行程を終える窯のこと。

トンネル窯の写真

大倉陶園
大倉陶園

このトンネル窯の導入によって、均質な製品を連続して製造することが可能となりました。これを核とし各工場設備を充実させ、今日まで続く新体制が確立されました。

ライター鈴木
ライター鈴木

現在も変わらず稼働しているなんてすごいですね!

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

100周年へ(2019年)

東京・蒲田に大倉陶園が創立されてから 100 年の時が経った2019年には、「華めく洋食器 大倉陶園 100 年の歴史と文化」展が開催されました。

大倉陶園
大倉陶園

創立100周年の展覧会では、草創期から現在までの作品を通じ、その優れたデザインや品質についてご紹介しました。また近年の研究成果として、戦前の様子を伝える貴重な資料も展示いたしました。

ライター鈴木
ライター鈴木

戦争で当時の社屋が焼失してしまったということで、それまでの大倉陶園の歩みを知ることができる資料は貴重ですね!

百花譜の写真

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。また、創立100年記念作品である100種類の花々で彩った特別なディナーセット「百花譜(ひゃっかふ)」を製作しました。こちらは限定5セット、価格は1000万円でしたが、おかげさまで展覧会中に販売を終了いたしました。

ライター鈴木
ライター鈴木

1000万円ですか!一貫して美術的価値の高い磁器をつくり続けてきた大倉陶園は、100年経っても変わらず愛されているのですね!

百花譜の写真

大倉陶園
大倉陶園

そう思っていただけたら嬉しいです。これからも大倉陶園は、「良きが上にも良きものを」の理念のもと、伝統の継承と同時に新たなる創造や革新を続けていきたいと思っています。

百花譜の写真

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

大倉陶園のホワイト〜白磁の美しさをつくり上げるために

ライター鈴木
ライター鈴木

大倉陶園のモノづくりで、すべての土台となっているのが生地、つまり白磁です。

白磁の特徴は、色の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさです。磁器の性質を決めるのは原料と焼成温度で、一般的には、焼成温度を高くするほど、磁器は硬くなり、結果として薄くて割れにくいものとなります。一方で、その高温に耐え、なおかつ白さを有する原料を使わなくてはなりません。

大倉ホワイトの皿の写真

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

1460度という高温で焼き上げる

ライター鈴木
ライター鈴木

焼き物は普通、1200度前後で焼き上げると思っていましたが、1460度という温度はかなり高温ですよね!?

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。一般的には1300〜1400度とされ、ヨーロッパでも1460度で焼かれる食器はなくなりつつあります。

ライター鈴木
ライター鈴木

1460度という高温で焼成するのは世界でも珍しくなっているんですね!

大倉陶園
大倉陶園

この温度帯は10℃上げるだけで莫大な燃料を必要とし、特殊な窯や原料の調合が必要となります。

ライター鈴木
ライター鈴木

大倉陶園だからこそ高温焼成が可能となり、質の良い硬質磁器をつくることができたのですね!

トンネル窯で壺を焼成する写真

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

最高級のカオリン

ライター鈴木
ライター鈴木

1460度という高温に耐えられる原料って、いったい何でしょう?

大倉陶園
大倉陶園

カオリンという粘土質の陶土です。カオリンは高温焼成に耐え、白く焼き上がる性質を持っています。

ライター鈴木
ライター鈴木

カオリンを使っているからこそ高温焼成にも耐えられ、かつ大倉陶園ならではの白磁になるんですね!

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。良いカオリンとされるものは世界でいくつかありますが、大倉陶園では創立当時から、最高級のものを贅沢に使用しております。

ライター鈴木
ライター鈴木

ちなみにカオリンのほかには、どのような素材が配合されているのでしょうか?

大倉陶園
大倉陶園

珪石と長石ですね。この3つを原材料として、工場では砕くところから行っています。

ライター鈴木
ライター鈴木

「色の白さ、磁器質の硬さ、肌のなめらかさ」は原料の調合も大切なんですね。

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。大倉陶園が目指した白磁は、この温度、原料だからこそ実現できたのだと思います。

大倉陶園の代名詞、『ブルーローズ』

愛され続けている理由

岡染の写真

参考

岡染とは
大倉陶園独特の技法。中でも1928年にデザイン誕生した「ブルーローズ」は、大倉陶園を代表する絵柄となっている。普通の染付は釉薬の下に絵付けするのに対して、岡染では、釉薬をかけて本焼きをした白生地の上にコバルトで絵付けをする。それを再び本焼きと同じ1460度で焼くと、絵具が釉薬の中に溶け込んで、染付とは違った柔らかさと深みのある絵となる。

ライター鈴木
ライター鈴木

珍しい技法ですよね!

ライター鈴木
ライター鈴木

しかも1460度の窯を2回もくぐらせるわけですよね?

大倉陶園
大倉陶園

高温で焼成されることで、釉薬の上に描かれた模様が釉中に沈むとともに滲み、独特の風合となります。

ライター鈴木
ライター鈴木

上絵でも下絵でもない中間の技法になってくるんですね!岡染だからこそ、深い青みが表現できるのでしょうか?

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。青の濃淡のみによって複雑な諧調を生み出し、華やかでありながら柔らかな表情が生まれています。

大倉陶園|磁器のメインイメージ

ライター鈴木
ライター鈴木

「ブルーローズ」が愛され続けている理由は何だと思いますか?

大倉陶園
大倉陶園

紺青のバラの色褪せない美しさ、白磁とのコントラストがデザインとして老若男女問わず評価を頂いていることに加え、多数のアイテム展開により様々なシーンにお使いいただけることが理由かもしれません。

ライター鈴木
ライター鈴木

独自の製法による高い品質と、時代を経ても変わらない普遍的な美しさで、「ブルーローズ」は人々を魅了し続けているんですね!

炎の芸術が創り出す神秘的な色彩
ブルーローズ カップ&ソーサー

世界に誇る大倉陶園独特の、深みある青さをつくり出す「岡染」技法によって表現された「ブルーローズ」。現在でも変わらない製法と高い品質で人々を魅了し続けているシリーズ。

「ブルーローズ(8011)」1928年誕生の複数のバラが咲き誇るエレガントなデザインです。上品かつ華やかでどなたにも喜ばれるので、贈り物としても最適です。

大倉陶園
ブルーローズ(8011) カップ&ソーサー

この商品をもっと詳しく見てみる

大倉陶園の伝統技法

大倉陶園は、創立者である大倉孫兵衛の「此上なき美術品を作り度し」という創立時の夢を具現化するために、数々の新技法を開発、独自の美を紡ぎ出してきました。

エンボス

エンボスの写真

参考

金色の模様を浮き出させる技法。型抜き直後の柔らかい成形生地に、ローラーを回転させながら模様を刻み込み、その部分のみ釉を施さず本焼き。その後さらに金を焼き付ける装飾技法。

ライター鈴木
ライター鈴木

この技法は元々ヨーロッパの技法なんですよね?

大倉陶園
大倉陶園

はい。しかし今日でもローラーで模様を刻んでいるところは、珍しいと思います。

ライター鈴木
ライター鈴木

ローラーで模様を刻み込むのは難しいのですか?

大倉陶園
大倉陶園

円形の皿に施す場合は、素地をロクロで回転させながら行うので、熟練の技が必要です。

ライター鈴木
ライター鈴木

繊細で複雑な技法なんですね!

呉須(ごす)

呉須の絵付の写真

参考

施釉前の素焼素地に彩色する技法。工程は伝統的な染付と変わらないが 素地の特製上、素早く書かなければならず、通常の染付以上に高い技術が必要とされる。

大倉陶園
大倉陶園

一般的な下絵付と同じ技法です。素焼きの状態で絵を描いて、釉薬をかけていきます。

ライター鈴木
ライター鈴木

岡染とはまた違った技法ですね!描く時の特長はございますか?

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。絵の上に釉薬をかけていますので、淡い藍青色を感じていただけるかと思います。呉須の場合、色の濃さを揃える配合が難しいといわれていますね。

呉須の花瓶の写真

ライター鈴木
ライター鈴木

岡染めも呉須も同じペインターが描かれているのですか?

大倉陶園
大倉陶園

大倉陶園では、異なる職人がそれぞれ担当しております。

漆蒔(うるしまき)

漆蒔の制作の写真

参考

漆を接着剤として絵具を定着させる技法。本焼後の白生地に漆を塗り、絵具の粉を蒔いて、それを綿でこすりながら染み込ませた後に焼成すると、絵具が釉面に美しく焼き付く。漆蒔は、ほかにない深みのある色合いが出せるという長所がある。

ライター鈴木
ライター鈴木

漆が糊のような役割をしているんですね!

大倉陶園
大倉陶園

そうなんです。漆蒔は1924年からあるので、こちらも大倉陶園以外では現在なかなかない技法となっています。

ライター鈴木
ライター鈴木

ムラがなく本当に綺麗ですね!

大倉陶園
大倉陶園

漆蒔の技法は「色蒔き」シリーズに使われており、色の深み・艶やかさが魅力になっています。

色蒔きシリーズの写真

金蝕(きんしょく)

金蝕の写真

参考

エッチングとも呼ばれ、サンドブラストの方法を用いる。本焼きした白生地にマスキングされた絵模様を貼り付け、細かい砂を噴射して生地の表面を削り、モチーフを浮き彫りにする。その後に金を施して焼成すると、マスキングされた部分と削り取られた部分で、金の光沢に差が出て模様が浮かび上がるのが特徴。

大倉陶園
大倉陶園

この金蝕(エッチング)は、昔はフッ化水素酸で腐蝕させておりましたが、現在はサンドブラストに移行しておりまして、凹凸面模様となっているのがポイントです。

ライター鈴木
ライター鈴木

そうなんですね!金のバラが白磁に映えて、とても美しいデザインですね!

大倉陶園
大倉陶園

削られた部分は艶消しの状態になり、金の光沢の対比が生まれます。

ライター鈴木
ライター鈴木

華やかさとシックさと、両方の雰囲気を兼ね備えているんですね!

手描き:絵師たちのこだわり

大倉陶園
大倉陶園

大倉陶園では、手描き技法にもこだわっているんですよ。絵師たちは手作業で白生地のキャンパスに、色彩豊かに筆をふるっています。

手描きの写真

ライター鈴木
ライター鈴木

絵師の方が多いのは、大倉陶園の特徴ですよね。あの美しい絵柄を手で描くのには、相当に熟練した技が要りますよね?

大倉陶園
大倉陶園

国家技能検定1級を取得した選りすぐりの絵師たちが心を込めて制作させて頂いております。 大倉陶園の手描き商品は、分業制ではなく、1人の絵師が1つの商品のすべてを担当させて頂いております。

「良きが上にも良きものを」 ~大倉陶園の挑戦

創立の精神と伝統の技術を守る

ライター鈴木
ライター鈴木

大倉陶園が日本を代表するブランドになった理由はなんでしょうか?

大倉陶園
大倉陶園

創立当初から変わらず、「良きが上にも良きものを」という理念を大切にしてきたのはありますね。

ライター鈴木
ライター鈴木

大倉陶園は創立100年を経ても、創立理念に忠実に、また技法や材料を変えずに受け継いでいかれていて、すごいと思いました!

大倉陶園
大倉陶園

そうですね。大倉陶園のクオリティと伝統は大切な資産であり、なんとしても守ってゆくべきものだと我々は考えています。そして伝統を守りつつ、これからも新しいことにチャレンジし続けていきたいですね。

日常のちょっとした瞬間に、大倉陶園の器を   

ライター鈴木
ライター鈴木

食器というものは、日常生活に欠かせないアイテムのひとつだと思います。きっと大倉陶園の食器を使われているご家庭でも、生活になくてはならない存在になっているのかな、と思います。

大倉陶園
大倉陶園

そう思っていただけたら嬉しいですね。これまでご愛用くださった方はもちろん、これからはより多くの方に、「大倉陶園の食器で食べると美味しい」ということを感じていただければと思っています。

大倉陶園
大倉陶園

ご自身の生活の中で、たとえば高揚した気分を一杯のお茶で落ち着かせたいときなど、そんなちょっとした瞬間に、大倉陶園の商品を身近なものとして使っていただけたら嬉しいですね。 

ライター鈴木
ライター鈴木

ひとつそういうアイテムがあるだけで、生活空間全体が豊かになりそうですよね!

縁起の良い名前とおしゃれで楽しいデザインが魅力
「うまくゆく回転木馬」 マグカップ

 うまくゆく 回転木馬マグカップの写真

回転木馬が9頭で「馬九行く(うまくゆく)」とかけた縁起の良さと、おしゃれで楽しいデザインが人気のシリーズです。9頭の木馬がそれぞれ異なる表情を見せており、金彩も上品かつゴージャスです!

使う方の幸せを願い製作された商品で、贈り物にもピッタリ!
イエロー、ブルー、ピンクの全3色で、「カップ&ソーサー」や「お皿セット」などもあります。

大倉陶園
うまくゆく 回転木馬 マグカップ

この商品をもっと詳しく見てみる

まとめ

創立当初から変わらない、大倉陶園の白磁の美しさと世界にも誇るべき独自の技法。そのモノづくりの根底には、創立者・大倉孫兵衛が述べた「良きが上にも良きものを」という創立理念が、今でも確かに息づいているのを感じました。創立の精神を大切にしつつ、さらなる進化を続ける大倉陶園。これからどんな素敵な器を生み出していかれるのか、とても楽しみです!