鬼の置物おすすめ11選【魔除け・節分・ギフトにも】陶器や瓦などかわいい商品を厳選

魔除けや守り神に!鬼の置物がおすすめ

恐ろしい形相から、「怖い」という印象がある鬼ですが、鬼の置物は古くから縁起ものとして家の中に飾られてきました。

暦上の一年の始まりとして大切にされてきた立春のイベント「節分」や、長い歴史をもつ「鬼瓦」など、日本の文化において鬼が関わることで厄よけや魔除けの役割を果たしてきたことがわかります。

風水学上で、運気を上げるために大切な場所と言われる自宅の玄関などに飾るのはもちろんのこと、縁起ものであることから開店祝いや引っ越し祝いなどのギフトの品として選ばれることも多いアイテム。また、豆まきをする節分の季節にグッズとして飾るのもおすすめです。ここでは、鬼の置物のおすすめ商品や選び方のポイントをご紹介します。

鬼の置物の選び方のポイント1
伝統工芸とも結びつきが深い鬼の置物

昔から縁起ものとして需要があっただけに、日本各地で作られてきた鬼の置物。そのため伝統工芸ともつながりが深く、魅力的な表情を持つ商品が多いのが特徴です。

美濃焼や清水焼、信楽焼などさまざまな地域で作られている陶器はその代表ともいえます。色合いや質感など、その焼き物ならではの特徴を活かした商品が多く、選ぶ楽しさがありますね。また、金属の錫(すず)で作られた製品や鬼瓦を置物にアレンジしたアイデア製品まで、タイプもいろいろ。

それぞれに工芸品ならではの持ち味がひかる、オリジナリティあふれる鬼が揃っているので、ぜひいろいろな商品のなかからお気に入りを探し出してください。

鬼の置物の選び方のポイント2
異なる置物とのコボレーションも!

鬼の置物のなかには、ほかの動物とコラボレーションしているユニークな商品も販売されています。

福を呼ぶ招き猫や、信楽焼で有名なタヌキなどがその代表。鬼でありながら、やさしい印象のとってもかわいい置物は、縁起物として贈り物にもおすすめ。

毎日目にするたびにほっこりとする置物は、どこにおいてもインテリアとして馴染みやすく、愛着がわきますよ。

魔除けや節分飾りに!
表情ゆたかでかわいい鬼の置物おすすめ11選

鬼の置物おすすめその1
イブシ加工が味のある錫製の鬼の置物

笑福鬼

鹿児島県の歴史ある錫器メーカー、薩摩錫器の鬼の置物。かわいらしい表情の赤鬼と青鬼がセットになった商品です。笑顔の表情がかわいいですね。

錫にイブシ加工が施されていて、赤と青それぞれに独特の輝きを放っています。手のひらサイズなので玄関などの省スペースにも飾れます。錫は錆びにくく割れないため、長く家の守り神として飾ることができますね。桐箱入りでお祝いなどのギフトとしても贈りやすい商品です。

薩摩錫器
笑福鬼

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその2
豪快に笑う美濃焼の鬼

厄除鬼 置物

岐阜県土岐市の美濃焼の窯元、豊大窯(ほうだいがま)。人形を中心とした季節の置物を、ひとつひとつ手作りで作り上げています。

呉須と呼ばれる青色の顔料に灰釉をかけた鬼本体のやさしい色合いと、盃や爪のゴールドのカラーがとてもマッチした美しい置物。豪快に笑う鬼の表情も、どこか柔らかく上品に感じます。全てが手作りで一点物のため、ひとつひとつ表情が異なるのも特別感がありますね。

豊大窯/ほうだいがま
厄除鬼 置物

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその3
信楽焼のタヌキと鬼のコラボレーション

鬼門喜門狸

信楽焼で有名なタヌキが鬼になった置物。幅約21cm、奥行約15.5cm、高さ約25cmの少し大きめサイズで存在感があります。よく見るタヌキの置物とは異なる、凛々しい表情が印象的ですね。

家の中心からみて北東の方向の「表鬼門」や南西の方向の「裏鬼門」に置くと悪い気を追い払ってくれるそう。もちろん玄関などに飾るのもおすすめです。

彩り屋
鬼門喜門狸

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその4
招福の招き猫と厄よけ鬼の最強の組み合わせ

オニ猫 ひょうたん

鬼に扮した猫が、ひょうたんを持っている置物。福を呼び寄せる招き猫が、厄よけの鬼の役目も果たしている一石二鳥のアイテムです。

ポリレジン製で重さは約140グラム。手のひらサイズなのでどこにでも飾ることができます。招き猫は特に開店祝いなどのギフトとしても人気。鬼とのコラボで、さらに運気アップを期待できますね。

龍虎堂/りゅうこどう
オニ猫 ひょうたん

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその5
有田焼の笑顔がやさしい鬼の置物

小槌鬼魔除け人形

佐賀県有田の童工房は、あたたかみのある手作りの人形や食器などを製作している陶工房。コロンとした体つきに、愛嬌のある表情がほっこりとした気持ちにさせてくれる、有田焼の鬼の置物です。落ち着いた赤色と青鬼の肌の色のコントラストが目を引きますね。色合わせは派手ですが、焼きものならではの落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

魔除けや厄よけの意味合いだけでなく、小槌で福もしっかりと呼び寄せてくれそうなアイテム。ほかにも表情豊かな鬼の置物を取り扱っているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

童工房
小槌鬼魔除け人形

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその6
飾り台付きで豪華!清水焼の鬼の置物

鬼に金棒 台付

江戸時代初期に開窯した、清水焼・京焼の窯元、六兵衛窯。伝統的な清水焼の作風を残しながらも、時代にマッチした商品展開をしているメーカーです。

金棒をしっかりと持つ鬼の表情は、笑顔ではないものの、どこか抜け感を感じさせる愛嬌のある顔つき。怖くもなく、笑いすぎでもない、オリジナリティあふれる「鬼」をうまく表現した商品ですね。木製の台つきなので、どこにおいても高級感を損ないません。いろいろなお祝いの品としてもおすすめです。

六兵衛窯
鬼に金棒 台付

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその7
シリーズ展開でタイプが豊富!

鬼組

さまざまなジャンルの雑貨やエクステリアにまつわる商品を生産している愛知県瀬戸市のメーカー、セトクラフト。鬼組シリーズの置物は、災いをふり払ってくれるアイテムとして「立ち」「座り」「寝転び」など多くのタイプを展開しています。

小槌や金棒などを持った鬼がいろいろな体勢でポーズをとっていて、その表情がとっても愛嬌にあふれています。サイズも大・中・小と展開があるため、置く場所をイメージしてより映えるサイズのものをチョイスしてみてくださいね。

セトクラフト
鬼組

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその8
越前瓦でできている招き猫タイプの鬼

祥鬼猫

福井県の越前焼の産地で作られてきた越前瓦。その技法を用いて鬼瓦を制作している北川鬼瓦では、型などを使用せず、鬼師(鬼瓦職人)によってすべての製品が手作りされています。熊本県のゆるキャラ、くまモンをプロデュースしたことで知られる小山薫堂氏と川又俊明氏とのコラボで生まれたのが、鬼の形相をした招き猫の置物。

瓦ならではの落ち着いた色味が特徴的な逸品。しっかりと鬼の表情が表現されています。右手を上げている招き猫はお金を招き、左手を上げている招き猫は人を招くと言われているため、開店祝いや新居祝いなどの贈りものにぴったり。かわいらしすぎず、スタイリッシュな印象の置物を探している方におすすめです。

北川鬼瓦
祥鬼猫

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその9
凛々しい顔つきの鬼面の置物

厄除け鬼面

丸三安田瓦工業は、瓦の産地として知られる新潟県阿賀野市のメーカー。安田瓦の素材と技法を用いて、置物やテーブルウェア、アクセサリーなどのオリジナリティあふれる商品を展開しています。

鬼の面のかたちをした置物は、厄を追い払う凛々しい表情と、どっしりとした厚みが特徴。安田瓦の伝統的なカラーである「鉄色」、光沢があるブラックの「銀黒」、少し赤みをおびた「緋色」の3種類から選ぶことができます。サイズも大と小の2種類があるので、飾る場所を想定して選びましょう。

丸三安田瓦工業
厄除け鬼面

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその10
家の守り神「鬼瓦」がオシャレな置物に!

室内に飾る鬼瓦

三州瓦の3大メーカーとして知られる新東。和瓦、洋瓦、平板瓦など、時代の流れによって変わっていくニーズにあわせて、世の中に普及している瓦のほぼ全ての種類を生産しています。

鬼瓦家守は、鬼瓦を屋根に飾る家屋が減ってきているため、家の中に鬼瓦を飾ろうという新しいアイデアから生まれました。家の守り神として古くから親しまれてきた鬼瓦を、気軽に室内に置くことができる商品です。笑っている表情や迫力満点の鬼気迫る表情、繊細な三面鬼まで、それぞれの鬼師によって生み出されたさまざまな「顔」からぜひ好みのものを選んでみてください。

新東 鬼瓦家守
室内に飾る鬼瓦

この商品をもっと詳しく見てみる

鬼の置物おすすめその11
鬼の置物もお香立てならさりげなく

木の葉 福鬼 お香立て

木の葉の上に、凛々しい表情の小さな鬼が乗っている置物は、なんとお香立て。厄払いをしながら空間を好きな香りで満たすことができるアイテムです。

信楽焼のためやさしい印象で、魔除けアイテムが欲しいけれどさりげなく飾りたい、という人におすすめ。ひとつひとつ手作りされていて、あたたかみもありますね。木の葉のサイズが横約8.5cm、奥行約6.5cmと小さめサイズで、どんな場所にも置きやすいのもポイントです。

笑福工房 万兵
木の葉 福鬼 お香立て

この商品をもっと詳しく見てみる