松阪牛の革からつくる唯一の財布「SATOLI」の魅力

Journal編集長
Journal編集長

大人の財布といえば、革の財布が定番ですね。特に海外ブランドやイタリアンレザーなどの海外産のレザーの人気が高いのですが、国産のレザーも非常に質がいいことを知っていますか?しかも、国産レザーの方がリーズナブルなのです。

国産レザーといえば栃木レザーが有名ですが、おすすめするのが松阪牛レザーです。あの高級国産牛の松阪牛の革を使った財布が「SATOLI」です。

今回は「SATOLI」の魅力やおすすめ製品をご紹介します。

松阪レザーを使用した「SATOLI」シリーズとは?

「SATOLI」シリーズは株式会社バンビの松阪牛の革を使用した革小物のシリーズです。松阪牛のレザーでの革小物の製造は株式会社バンビにのみ許可されています。つまり、松阪レザーを使った革小物は株式会社バンビの製品しかないのです。

「SATOLI」と他の牛革財布の違う点は?

松阪牛革を使用した「SATOLI」と他の牛革にはいくつか異なる点があります。

まず挙げられるのが経年変化です。松阪牛の革には不飽和脂肪酸という油分が多く含まれています。手の体温や摩擦がかかることで、その油分が少しずつ表面に浮き出して、コードバンやエナメルのような艶が出てきて、質感がマットな感じから光沢のある質感に変わります。そしてその光沢は美しい艶を保つのです。

次に、松阪牛は食肉にナンバーは振られているように革にもJPナンバーが降られています。そのため、松阪食肉公社のホームページから自分が使用しているさとりの財布の革がどの牛から取られたものなのか個体情報や生産者をチェックできます。

すべての工程を日本国内で熟練の職人が行っている

松阪牛の革は従来の牛レザーと比較すると、油分が多くデリケートなため、原皮をなめすのが難しいと言われています。そのため、国内の限られた製革所でしか制作することができません。

財布などの革小物制作でもデリケートな素材を扱うため、非常に高度な技術が必要になります。熟練の職人が1つ1つ丁寧に仕上げていきます。熟練の職人が妥協せず作り上げた特別な松阪牛レザーの革製品が楽しめますよ。

「SATOLI」シリーズのお手入れ方法は?

SATOLIの長財布の最大の魅力はやはり経年変化です。使えば使うほど手になじんでいき、艶がでて深みが増していきます。

経年変化を楽しむためには長持ちさせる必要がありますが、これは日々の手入れが非常に大切になります。そこでSATOLIの長財布を長持ちさせるために手入れの方法をご紹介します。

購入直後のSATOLIの革財布について

新品の革財布を購入したら、すぐに中身をすべて移し替えるという人も多いでしょう。しかし、これは絶対にやめてください。

急にたくさんのものを入れると、革の負担となり、伸びてしまう原因になります。一度革が伸びると綺麗に戻すことができないため、注意しましょう。特に小銭入れやカード入れは伸びやすいため、一度に多く入れることはやめて、少しずつ入れて革を慣らしていきましょう。

初めてのお手入れ方法

おろしたばかりの革財布は綺麗で美しい状態なのですが、表面の油分が少ないため、刺激に弱く、ダメージを受けやすいです。そのため使う前にお手入れを行い革のケアを行いましょう。

まず、革用のクリーム(保革クリーム)で革を保護します。革と保革クリームの相性を確認するために少しだけ目立たないところに塗ってみましょう。

問題が無ければ革財布全体に薄くまんべんなく塗ります。丁寧に優しく行うことで、簡単にできます。塗り終わったら日陰で風通しのいい場所で30分程度乾かしましょう。

クリームが完全に乾いたら、最後に綺麗な布で乾拭きをすればお手入れ完了です。

そして、防水スプレーを吹きかけます。防水スプレーをすることで、水分や汚れ、手垢などをつきにくくすることができます。もしついても革に染み込む前に汚れを落とすことができます。

液だれとムラがでないように注意して、少し離して吹きかけます。防水スプレーをかけたときに変色するのですが、乾燥させると元に戻るので心配いりません。防水スプレーをした後は風通しのいい場所で20分程度乾燥させましょう。

普段のお手入れについて

普段のお手入れは柔らかい天然素材の布で乾拭きをします。なでるように優しく拭きましょう。革専用の布があるといいのですが、もしなければ綿100%の肌着などで代用もできます。メガネ拭き用の布でも大丈夫です。

乾拭きはこまめに行い、月に1回程度定期的に保革クリームでケアしましょう。乳化性の「デリケートクリーム」がおすすめです。適度に財布に水分と油を補給することができるため、瑞々しく綺麗な革になります。長く使い続けるなら持っておきましょう。

革財布が濡れたら?

革にとって水分は大敵です。防水スプレーを定期的に使用することで、水から守ることができます。しかし、完璧に保護することはできません。

もしも革財布を濡らしたら、早めにお手入れをしましょう。乾いた柔らかい布で、濡れた部分を拭きとって日陰で干します。完全に乾くまで待ちましょう。

ちなみに直射日光に当てたり、ドライヤーで乾かすのは油分が無くなるためNGです。

おすすめの「SATOLI」革財布5選

【松阪牛革】さとり (バンビ) 日本製・長財布 (小銭入無) (硯)

  • 寸法:H95 * W190 * D16mm
  • 価格:25,000円

オンオフどちらも使いやすいブラックの長財布です。男性の方に特に人気の高いカラーですが、女性の方が持っても非常に上品にお使いいただけます。

【松阪牛革】さとり (バンビ) 日本製・長財布 (小銭入無) (葡萄)

  • 寸法:H95 * W190 * D16mm
  • 価格:25,000円

オンでもオフでもおしゃれを楽しみたい方におすすめなのがこの葡萄の長財布です。赤みがかった色ですが、落ち着いた色になっているため、男女問わずお使いいただけます。

【松阪牛革】さとり (バンビ) 日本製・二折財布 (小銭入有) (硯)

  • 寸法:H98 * W115 * D25mm
  • 価格:24,000円

二つ折り財布派の方にはこちらがおすすめです。広めで小銭がはっきり見える小銭入れがついて使いやすいです。

ポケットに入れやすいサイズになっているため、ポケットに入れたいという方におすすめです。

【松阪牛革】さとり (バンビ) 日本製・二折財布 (小銭入無) (硯)

  • 寸法:H98 * W115 * D18mm
  • 価格:24,000円

小銭入れとお札入れを別にしたいという方におすすめなのがこちらの小銭入れなしの二つ折り財布です。カードとお札入れのみでコンパクトになっています。

小銭入れと同じ色にすれば、統一感がでますし、あえて別々の色にすればおしゃれですので好みで合わせましょう。

【松阪牛革】さとり (バンビ) 日本製・小銭入れ (硯)

  • 寸法:H60 * W80 * D20mm
  • 価格:8,000円

ちょっと近くまで買い物にいくときやお札入れと別にしたい方におすすめなのがこちらの小銭入れです。コンパクトながらしっかり中を確認できるため、非常に使いやすいです。

よかったらシェアしてね!