ガラスの醤油差しってこんなにおしゃれ!たれない・使いやすい人気のアイテムを紹介

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

目次

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

職人が作るガラスの醤油差しをおすすめする理由

職人が作るガラスの醤油差しには、ただおしゃれなだけではない「おすすめしたい理由」がたくさんあります。まずは、ガラスの醤油差しの魅力や機能性、一般的な醤油差しとの違いなどをご紹介します。

ガラス製のレトロなルックスがテーブルコーディネートに映える


画像出典元:富硝子株式会社

ガラス製の醤油差しは、まずそのレトロでおしゃれなルックスが魅力。どこか昔懐かしいような、それでいてモダンなような。現代の食卓やテーブルコーディネートにも映えるおしゃれなアイテムとして、今最注目されているアイテムです。

お刺身や冷ややっこなど、お醤油差しから醤油をかけるシーンは意外とたくさんありますよね。いつも使う日常的なアイテムだからこそおしゃれなものを選ぶことで、テーブルコーディネートがグッと格上げされます。

液だれしにくい醤油差しでテーブルや服が汚れにくい

服やテーブルに醤油をこぼして、残念な気持ちになったことがある人も多いのではないでしょうか。液だれしにくいように作られているガラスの醤油差しは、従来の醤油差しのように醤油が垂れたりこぼれたりしにくいところが特徴です。

職人が作った醤油差しは、スーっと注げてぴたっと止まるなんともいえない気持ちよさを体験できます。おしゃれなだけではなく、機能性も抜群なのですね。

ガラスならではの使いやすさがある

ガラスの製品は、プラスチックでは表現しきれない温かみのある質感や、程よい重厚感・光沢をもっています。ガラスの美しさは、古代から世界中の帰属や皇族に愛されてきました。

日常的な生活でガラスが溶けることはなく、色素や悪影響のある成分が染み込む心配もないため、安心して使用することができます。透明なので中身が見えて、醤油の酸化状態なども見やすいこともメリットです。

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

おしゃれなテーブルコーデにおすすめのガラス製醤油差し

ここからは、Becos journalがおすすめするガラス製品ブランド「富硝子」でおすすめしたい醤油差しをご紹介します。職人がひとつひとつこだわって作ったガラスの醤油差しを、ぜひテーブルコーディネートにプラスしてみてください。

食卓を華やかに彩る江戸硝子の醤油差し

江戸硝子 うきよ 醤油差し(たまや)

江戸硝子「うきよ」シリーズは“江戸の文化”をテーマに配色したハンドメイドガラスです。老舗ガラス工場と富硝子のコラボレーションで生まれた商品で、色粉と呼ばれる(パウダー)をまぶして色づけしているところが富硝子の江戸硝子の特徴です。

下町ならではの製造工程でつくられており栓と本体をひとつひとつ職人の手によってすり合わせられた、液だれのしない醤油注ぎです。

富硝子
江戸硝子 うきよ 醤油差し(たまや)

この商品をもっと詳しく見てみる

プレゼントにもおすすめ!醤油さしと豆皿・小鉢のセット

江戸硝子 うきよ 花ごろもセット(浅鉢 醤油差し 豆皿)

こちらは富硝子の醤油さしと小鉢・豆皿の3点がセットになった商品。3点のアイテムすべてに、高度な技術と手仕事ならではのあたたかみがつまっています。

お漬物やおひたし、お酒のお供など、醤油をくるくるっとかけて食べる時にセットで出せば、テーブルが華やぎます。小鉢と豆皿なので、朝食・昼食・夕食どんなシーンにも活躍しますよ。

富硝子
江戸硝子 うきよ 花ごろもセット(浅鉢 醤油差し 豆皿)

この商品をもっと詳しく見てみる

香水瓶型のスポイト式醤油差し

耐熱 しょうゆさし パフューム

香水の瓶のようなフォルムがちょっと珍しい醤油差し。おしゃれで可愛いルックスの醤油差しは、テーブルコーディネートにこだわりのある方にもおすすめのデザインです。

少量使いたいときはスポイトで、醤油皿に取り分けたいときは瓶から直接注ぐことができる2Way仕様。耐熱性のガラスなので、手作りのドレッシングなどを電子レンジで作ることも可能です。

富硝子
耐熱 しょうゆさし パフューム

この商品をもっと詳しく見てみる

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

ガラス製醤油差しのお手入れ方法

ガラスは繊細ですぐに割れてしまいそうな印象を持ちますが、醤油さしなどに使われるガラスはとても丈夫で、普通の食器と同じように洗うことができます。お手入れ方法は普通の食器と同じように中性洗剤を染み込ませたスポンジで洗うだけで、特別なものは必要ありません。

汚れが乾燥してこびりついている場合は、中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸しておくことで綺麗に汚れが浮き上がります。無理に研磨剤入りのクレンザーやたわし等で汚れを落とそうとすると、小さなヒビや傷が入ってその傷に汚れやカビが付着してしまうので注意が必要です。

食洗器で洗うことも可能ですが、割れたり擦り傷が入らないようにほかのグラスや食器と重ならないようにし、入水口や水の勢いが強い所は避けて洗いましょう。

\ BECOS編集部が厳選 /

伝統工芸品おすすめランキング発表

\ BECOS編集部が厳選 /

伝統工芸品おすすめ
ランキング発表

目次
閉じる