最高級手ぬぐい生地「特岡」とは│おすすめの特岡の手ぬぐい6選

Journal編集長
Journal編集長

皆さんは普段、手ぬぐいを使いますか?最近ではハンカチやタオルが主流ですが、昔ながらの手ぬぐいも密かに人気がありますよね。

でも、手ぬぐいって実際どんなものなのか知らない人も多いはず。

そこで今回は、手ぬぐいの魅力と共に最高級の手ぬぐい生地「特岡」について紹介します。

これを読めば、きっと手ぬぐいの魅力に引き込まれるでしょう。

手ぬぐいとは?

そもそも手ぬぐいは、タオルやハンカチとはどう違うのでしょうか。

手ぬぐいは奈良・平安時代から使われているアイテムで、今でいうハンカチなどの役割を果たしていました。

また、ハンカチなどと違って切りっぱなしになっているのが特徴です。

両端が切りっぱなしになっているので、裂きやすく乾きやすいです。

縦に裂けば、けがをしたときの応急処置などにも活用できます。

細長く裂いて包帯代わりにしたり、そのまま巻いて止血することもできるでしょう。

最近ではオシャレアイテムの1つとして持ち歩く人も増えてきています。

オシャレなデザインのものもたくさん出てきているので、ハンカチ代わりに持ち歩くのもおすすめです。

最高級の布「特岡」

手ぬぐいには大きく分けて2種類の素材があり、その1つが特岡です。

もう1つが総理と呼ばれ、それぞれに特徴があります。

ここでは、「特岡」と「総理」の特徴や違いを紹介します。

特岡の特徴

特岡は細い糸を使って作られた布で、柔らかな質感と滑らかな手触りが特徴です。

素材は綿100%で1mあたりの重さが約20mg、1cmの間に糸が24本あります。

かなり細い糸を使い、細かく結われているのが最大の特徴でしょう。

特岡の手ぬぐいは手捺染と呼ばれる染め方をする際に使われることが多いです。

手捺染は捺染と呼ばれる染め方を職人の手で行う技法で、細かな柄や繊細な模様を作り出すことができます。

捺染は布の表面だけを染めるため、裏側には色が付きません。

裏表をしっかり分けて使いたい人には特におすすめです。

総理の特徴

総理は特岡とは真逆で、太い糸を使って作られています

素材は特岡と同じ綿100%ですが。

1mあたりの重さは約30mgで特岡の1.5倍です。

また、1cmの間にある糸は17本と少なめ。

重さや糸の数を比較してみると、特岡と総理の違いがよく分かるでしょう。

総理はしっかりとした使い心地が特徴で、注染と呼ばれる染め方をする際に多く使われている素材です。

注染は捺染とは違い、裏側までしっかり染めるので裏表関係なく使えるのがメリットでしょう。

また、特岡と比べると吸水性が高いのも特徴です。

使い始めはやや粗い印象がありますが、何度か使っているうちに手に馴染むようになります。

おすすめの特岡手ぬぐい6選

特岡の手ぬぐいおすすめ1
絞り染めによる奥深い味わい

ヨアケ 手ぬぐい 篭染め黒(化粧箱付)

やわらかくしっとりとした手触りが魅力の特岡の生地を、伝統工芸「京鹿の子絞り」の技法で染めたこだわりの手ぬぐい。紐などで生地を巻いて縛り、あえて染め残りやムラを作ることで、シンプルな中にも奥深い味わいを表現しています。

職人の手で染められる際に生み出される「にじみ」や「ぼかし」は、ひとつとして同じものにならず、すべてが一点もの。自分だけのものという特別感があって、きっと愛着がわきますよ。

ヨアケ
手ぬぐい 篭染め黒(化粧箱付)

この商品をもっと詳しく見てみる

特岡の手ぬぐいおすすめ1
華やか&箱付きでプレゼントにもぴったり

ヨアケ 手ぬぐい 雪花絞り 青(化粧箱付)

布のたたみ方や色の付け方で、雪の結晶のような模様を表現する「雪花絞り」という技法で作られた手ぬぐい。日本伝統の素晴らしい手技を堪能できる一品です。

パッと目を引く華やかなデザインのアイテム。手ぬぐいには珍しく専用の箱も付いていて 、プレゼントにもおすすめです。

ヨアケ
手ぬぐい 雪花絞り 青(化粧箱付)

この商品をもっと詳しく見てみる

特岡の手ぬぐいおすすめ3
洋装にも合うモダンなデザイン

ヨアケ 黒手ぬぐい板シメ絞り(化粧箱付)

黒の生地に幾何学的な白いラインが浮かび上がる、モダンな手ぬぐい。手ぬぐいというと和のイメージが強いアイテムですが、これなら洋装に合わせるファッションアイテムにもぴったりです。

特岡の手ぬぐいはやわらかな肌触りが特徴なので、首に巻くといった使い方をするのもいいですね!

ヨアケ
黒手ぬぐい板シメ絞り(化粧箱付)

この商品をもっと詳しく見てみる

特岡の手ぬぐいおすすめ4
使う人を選ばないデザイン!

戸田屋商店 シャボン玉(ぼかし染)

この特岡手ぬぐいは、可愛らしいシャボン玉をモチーフにした模様が特徴です。白地に青いシャボン玉が浮いていて、優しい印象があります。老若男女問わず使えるシンプルなデザインなので、自分用としてもプレゼント用としてもおすすめの手ぬぐいです。

こちらは注染で染められているので、両面表として使うことができます。色落ちがしやすいので、ほかのものと一緒に洗って色移りさせないように注意しましょう。使い込んでいくと布がより柔らかくなり、手に馴染んでいく感覚が楽しめます。

戸田屋商店
シャボン玉(ぼかし染)

この商品をもっと詳しく見てみる

特岡の手ぬぐいおすすめ5
お祝いや内祝いにぴったり!

加藤萬 加藤萬謹製 手拭い

紅白のおめでたい雰囲気が伝わる手ぬぐいは、お祝いの席や内祝いにもピッタリのアイテムです。おめでたい席の象徴とも言われる鯛が描かれたデザインや、松・鶴・こまなど縁起のいいものを描いたデザインを多く取り扱っています。

特岡の生地を使い、通常の1.5倍の時間をかけて染めることで糸の芯までしっかり染料が行きわたっています。こちらは手捺染で染められていますが、長時間染めることで鮮やかな紅白を表現しているのが特徴です。紅白の手ぬぐいは、いろいろなシーンで活躍してくれるでしょう。

加藤萬
加藤萬謹製 手拭い

この商品をもっと詳しく見てみる

特岡の手ぬぐいおすすめ6
希少価値が高い一品

戸田屋商店 豆絞(板締)

この手ぬぐいは「板締め絞り」という伝統技法を使って染められていて、小さな丸い模様がたくさんあるのが特徴です。シンプルですが味のあるデザインで、これを持っているだけでオシャレ感がアップしそうですね。

現在では愛知県有松にある一軒でしか染めることができないため、希少価値が高いといえます。やや高価ですが、限られた職人にかできない技法を使って作られているので、十分それだけの価値があるでしょう。

戸田屋商店
豆絞(板締)

この商品をもっと詳しく見てみる

まとめ

今回は手ぬぐいの基本知識や、おすすめの特岡手ぬぐいを紹介しました。

手ぬぐいはあまり馴染みのないアイテムかもしれませんが、1枚持っておけばさまざまなシーンで役立ちます。

これまで手ぬぐいを使ったことがないという人も、この機会にぜひ購入してみてください。

最近ではオシャレなデザインのものも増えているので、きっとお気に入りの1枚が見つかるでしょう。

手ぬぐいは使い込むほどに味わいが増していくので、その変化も楽しんでみてくださいね。