刀鞘を知る!作り方や装飾の技・有名な日本刀の鞘も紹介

日本刀における鞘とは

鞘は「刀装」(とうそう)と呼ばれる日本刀の外装部分のひとつで、刀身を収める筒のこと。刀身を湿気による錆や雨露、ほこりから保護し、安全に保管・携帯するためものです。

また、日本刀は武器であると同時に、地位や権力を象徴するものでもありました。時代を経るにつれて刀は装飾品としての役割も大きくなり、鞘の外装は多彩な技で飾られるようになりました。

日本刀の鞘には2種類ある!

日本刀の鞘には、漆が塗られ装飾も施された「拵え(こしらえ)」と白木のままの「白鞘(しらさや)」の2種類があり、シーンに合わせて使い分けられます。それぞれどのような違いがあるのか見ていきましょう。

日本刀の鞘の種類1
拵え

「拵え」とは、日本刀の外装のことで、鞘のほか、柄や鍔(つば)なども含めた総称です。実際に帯刀するときに使用する鞘は、木地に漆を塗り、補強用の金具なども取り付け、外装として仕上げられた「拵えの鞘」になります。

戦いのなかでも使用するため、丈夫さや使いやすさを重視するとともに、ステータスを示すものとして身分にふさわしい豪華な装飾が施されました。

日本刀の鞘の種類2
白鞘

漆が塗られた拵えはなかに湿気がたまりやすく、錆につながるため刀身の保管には適していません。そのため、保管用として使われるのが「白鞘」です。刀にとっての部屋着のような存在であることから、「休鞘(やすめさや)」とも呼ばれます。

漆を塗らず目釘のほかは付けないシンプルなつくりで、厚く丈夫で湿度を一定に保つなど、刀身を保護するのに向いています。

白鞘の登場は江戸時代中期ごろから。当初は刀を多く所有する上流の武家などが保管のために使っていたようです。しかし、明治の廃刀令以降は一般の武士も身に着けていた刀を保管するようになり、白鞘が広く普及しました。

日本刀の鞘の作り方

鞘師とは

刀身が作られたあと、鞘を作るのは鞘師と呼ばれる職人の仕事です。鞘師は白鞘と拵えの下地のふたつを作ります。

鞘の材料

日本刀の鞘は、朴の木(ほおのき)を材料にして作られます。古くは杉や檜(ひのき)なども使われましたが、適度なやわらかさで刀身を傷つけないこと、表面が均一で加工しやすいこと、油分が少ないことなど、鞘材に適していることから、平安時代の中期ごろからはほとんどの鞘が朴の木で作られるようになりました。

乾燥による反りを防ぐため、10年以上自然乾燥させた朴の木を使用します。

鞘の作り方

白鞘

朴の木から刀身の長さに合った木を取り、2枚に割ってからノミで内側に刀が通る「刃道」と呼ばれる溝を彫っていきます。

鞘は刀身がスムーズに抜き差しできることが重要。日本刀の刃先は左右どちらかに曲がっていることがほとんどなので、曲がった刃先もきれいに入っていくよう考え溝を付けなくてはなりません。また、刀身が鞘にあたるとそこから錆びてしまうので、鞘と刃が触れ合わないよう注意します。削りが完了したら、ノミのあとを横がきナイフでならします。

つぎに、2枚の板を合わせます。接着に使うのはごはん粒を練って作った「続飯(ぞくい)」と呼ばれる糊。続飯を使うのは、鞘の中を掃除したいときに合わせ目からかんたんに割れるようにするためです。板がくっついたらカンナやヤスリなどを使って、鞘の外形を整えていきます。

拵えの下地

拵えの場合も、形を整えるまでの工程は白鞘とほとんどおなじです。ただし、白鞘と違い塗りを施すことを考慮してやや薄く仕上げます

このあと、鍔(つば)と接する部分にはめる「鯉口(こいくち)」や下げ緒を通して帯に固定するための「栗形(くりがた)」、鞘の末端にはめる飾りの金属「鐺(こじり)」などをはめ込めば作業は終了。拵えの場合は、塗師(ぬし)や柄巻師(つかまきし)、金工師(きんこうし)などと分業で仕上げるため、つぎの職人の手に渡っていきます。

日本刀の鞘の装飾を知る

日本刀の鞘と漆芸の深い関係

武士のステータスでもあった日本刀。鞘は多彩な表現で飾られましたが、それを支えたのが日本の伝統工芸でもある漆芸です。拵えの鞘には漆が塗られますが、防水や補強といった実用的な目的と同時に、鞘を美しく彩る美的な役割も担っています。

江戸時代には職人が刀の鞘の装飾に工夫を凝らし、「変わり塗」と呼ばれる漆の特性を応用したさまざまな塗りの技が発展しました。これら技法のなかには、青森県の「津軽塗」など、地方産業として発展していったものもあります。

漆芸による鞘の装飾の種類

鞘師が作った拵えの下地に漆を塗るのは、塗師と呼ばれる職人の仕事。鞘を装飾する漆芸の技の代表的なものをご紹介します。

蠟色塗り(ろいろぬり)

油分の入らない透き漆や黒漆を薄く塗り、細かい粒子の炭で研磨して漆黒の美しい艶を出す漆芸の技。まるで鏡面のような端正な仕上げは、漆塗り仕上げの最高峰とも言われます。

石目塗り(いしめぬり)

漆を塗った上から「乾漆粉(かんしつふん)」と呼ばれる漆の粉を蒔くことで、滑りにくくしたもの。石のような質感になります。

叩き塗り

塗面を叩くようにして塗り、ちりめんのようなシワを表す塗りの技法。滑り止めの役割を果たします。

螺鈿(らでん)

アワビ貝や夜光貝な、白蝶貝など、光彩のあるの貝を薄くはぎ、裏に漆を塗るなどして貼り付け模様や絵柄を表現する技法。貝の輝きと漆の色の組み合わせが魅力です。

蒔絵(まきえ)

筆を使って漆で模様を描き、うえから金・銀・錫(すず)の粉をまいて定着させる技法です。

梨地塗り(なしじぬり)

金粉や銀粉を蒔き、上から透き漆を施して研磨し、金や銀を浮き出させる技。仕上がりが梨の肌のように見えることから「梨地塗り」呼ばれます。

鮫皮塗り(さめかわぬり)

鮫皮を木地に着せたうえに漆をかけて研いだもの。とくに、「梅花皮鮫塗り(かいらぎざめぬり)」といって、鮫皮を研ぐ際に梅の花のような模様を浮かび上がらせるものが珍重されました。

有名な日本刀の鞘は?

武器であると同時に、信仰や権威の象徴でもあった日本刀。大切に保存され、時代を超えて現代に残されているものがたくさんあります。木製品である鞘は破損や劣化しやすいため、残念ながら古い時代に使われたものはあまり現存していませんが、刀身とともに保管されている鞘もあります。

国宝や重要文化財に指定されている有名な刀の鞘がどのようなものか、いくつか見ていきましょう。

足利将軍家の重宝「三日月宗近」の鞘

優れた名刀を選んだ「天下五剣」のひとつ「三日月宗近」。平安時代の名工の作で、室町時代には足利将軍家の重宝とされました。名前の由来でもある刀身に浮かび出す三日月のような刃文が特徴。天下五剣のなかでもとくに美しいと評判の刀で、現在は国宝として東京国立博物館に所蔵されています。

附(つけたり)指定され現存する鞘「絲巻太刀拵鞘」は、桃山時代に作られたもの。桐と菊の金蒔絵で華やかな装飾が施され、鞘も見応え十分です。

鬼切り伝説を持つ「童子切安綱」の鞘

天下五剣のひとつに数えられる「童子切安綱(どうじぎりやすつな)」。平安時代中期の刀工、大原安綱(おおはらやすつな)の傑作とされ、酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼を切ったという伝説を持つ名刀です。今は東京国立博物館に所蔵されています。

刀身が作られた当時のものではありませんが、現存する「糸巻太刀拵」は、表面に漆を塗って金を蒔いた金梨地の鞘。鞘と柄に花糸巻きが施され、金具は桐紋の色絵で飾られています。

前田利家が所持した「蒔絵朱鞘大小刀」の鞘

「加賀百万石」と称される加賀藩の礎を築いた戦国武将、前田利家が所持していた大小の刀。前田利家が桶狭間の合戦で勇名をはせた際に使用し、その後も自身の守り刀として愛用したそう。現在は、尾山神社(石川県)に所蔵されています。

鞘全体がそれまで見られなかった朱漆塗。さらに、両面には金の平蒔絵で雲龍が大胆に描かれ、とても華麗な拵えです。

豊臣秀吉が使った「朱塗金蛭巻大小」の鞘

東京国立博物館に所蔵されている国宝「朱塗金蛭巻大小拵 (しゅぬりきんひるまきだいしょうこしらえ)」。桃山時代の作品で、豊臣秀吉が用いたものです。秀吉の死後、刀身と拵えは越後国の新発田(しばた)城主だった溝口秀勝(みぞくちひでかつ)に贈られました。

鞘は朱漆を塗ったうえに、「蛭巻き(ひるまき)」といって金の薄い板をらせん状に巻き付けてあります。鞘を朱で塗るのは、秀吉の好むところだったそう。鮮やかで、安土桃山時代を象徴する華やかな拵えです。

徳川家康がもっとも愛したとされる「ソハヤノツルキ」の鞘

徳川家康の愛刀として有名な「ソハヤノツルキ」。家康は、不穏な動きを見せる西国大名が謀反を起こすことがないように、この刀の切先を西に向けておくよう遺言し亡くなったとされています。遺言に従い久能山東照宮(静岡県)に納められ、現在も所蔵されています。

ソハヤノツルキに添えられた鞘は黒蝋色塗り。家康は黒塗りのシンプルな拵えを好んだそうで、その趣向を反映し、江戸時代には武士が登城する際に携える正式大小拵は、黒蝋色塗りと定められていたそうです。

職人の技にも注目!日本刀の鞘を堪能しよう

日本刀に欠かせない鞘。日本刀を鑑賞する際は、ぜひ鞘師の匠の技や塗師による漆芸の素晴らしさなどにも目を向けて堪能してみてくださいね!