手によく馴染む!輪島塗のコーヒーカップ・マグカップ4選

Journal編集長
Journal編集長

忙しい日々の中、コーヒーでちょっと一息。そんな時、あなたならコーヒーカップやマグカップに何を求めますか?

使いやすい事・価格が安い事・割れづらい事。

人それぞれ違うとは思いますが、多くの人に共通するのは、手になじみオシャレである事です。

そんなコーヒーカップやマグカップを求めている人におすすめしたいのが、「輪島塗」です。日本の伝統工芸である輪島塗で作られたカップは、他にはない味のある仕上がりになっており、まさに和洋折衷という言葉が良く似合う大人な雰囲気を醸し出します。

ここでは、ブレイクタイムの質を高めてくれるような、輪島塗のコーヒーカップ・マグカップを厳選してご紹介いたします。

輪島塗とは

輪島塗の産地は、能登半島の突端に位置する輪島市です。人口3万人たらずの小さな町ですが、この街は日本で最も有名な漆器の産地で、漆器産地として唯一の重要無形文化財に認定されています。

起源については諸説ありますが、その歴史は古く縄文時代の遺跡から漆器が出土しています。そこからさらに試行錯誤を繰り返し、現在の技法が用いられたのは1600年ごろと言われています。

輪島塗は丈夫で長持ちし、熱が伝わりにくいのです。そして漆には防腐・抗菌作用があるとされているので、温かいコーヒーを飲むコーヒーカップとしてまさに最適な工芸品と言えるでしょう。

輪島塗の特徴①質の高さ

蒔絵と沈金による美しい見た目もさることながら、実用的な面でも品質の高さ定評があります。まず、本体となる木材は使用する用途によってアテやケヤキ、ハンサなどの丈夫な木を使い分け、塗りに関しても漆と珪藻土を混ぜる事で、断熱効果をより高められるよう工夫されています。

また、輪島塗では天然素材をよしとする考えがあります。樹木の個性やそれぞれの癖を手で読み取りながら作り上げていく事で、時間が経っても形が変わらない器がつくれるのです。
そこに何度も繰り返し塗り重ねをすることで、丈夫な塗膜が出来上がります。

輪島塗の特徴②組織作り

輪島塗の作業工程はとても多く、ものによっては120工程以上あると言われています。それらの工程を細分化・分業化し、それぞれの職人が請け負う事で、高い品質を維持し安定したもの作りを実現してきました。

そうして、技術と品質を高めてきた輪島塗は、数多くの人間国宝を輩出し、重要無形文化財に認定されています。これは、地域を上げてより良いものを作る為に仕組みを作り上げてきた。輪島塗の特徴があるからこそ出来る事なのです。

輪島塗のおすすめコーヒーカップ・マグカップ

LaQue urusibo Short Green【ぬり工房楽】

>LaQue urusibo Short Green【ぬり工房楽】をもっと詳しく見てみる。

銅の輝きと輪島塗の味が見事にマッチしたこちらのコーヒーカップは、保冷効果が高く、結露を抑え、さらに持つ時は温度が手に伝わりにくい漆銅です。その理由は、独自に開発したという、輪島塗をベースにした「練乾漆技法」にあります。

さらに漆の抗菌効果だけでなく、コーヒーの雑味を消しまろやかにする銅のイオン効果によって、よりおいしく飲めるコーヒーカップに。

銅カップはロケットの先端部分を作成したこともある北島絞製作所によって、昔ながらのヘラ絞りという技法をもって行われています。好きな色が選べる塗替えの1回無料券が付いてくるのも嬉しいですね。

重量:200g
価格:23,760円

>LaQue urusibo Short Green【ぬり工房楽】をもっと詳しく見てみる。

カップ&ソーサー ぼかし塗【塩安漆器工房】

カップ&ソーサー ぼかし塗【塩安漆器工房】

>カップ&ソーサー ぼかし塗【塩安漆器工房】をもっと詳しく見てみる。

鮮やかな黒と朱色のグラデーションが特徴的な、大人の雰囲気がある輪島塗のコーヒーカップとソーサーのセットです。

こちらのカップは、コーヒーカップには普通ついているはずの持ち手がありません。理由は、輪島塗の特徴である断熱効果のおかげで、器が熱くならないからです。持ち手を取ることで、全体的にシンプルでスタイリッシュなデザインとなっています。

重量:135g
サイズ:高さ7cm×直径7.2cm
価格:37,800円

>カップ&ソーサー ぼかし塗【塩安漆器工房】をもっと詳しく見てみる。

だんだんマグ(木製カップ)朱【藤八屋】

>だんだんマグ(木製カップ)朱【藤八屋】をもっと詳しく見てみる。

石川県輪島市で明治中期より続く藤八屋からは、職人によって一つずつ手作業で作られた「だんだんマグ」をご紹介。名前にもなっている「だんだん」のデザインが、天然素材の柔らかな質感と合わさって、軽くて持ちやすいマグカップとなっています。

防腐・防虫・抗菌効果があると言われる漆を使ったカップは、お年寄りからお子様まで、世代を問わずに長く使用できます。

ちなみに「だんだん」とは、感謝のあいさつとして「ありがとう」という意味もあります。お世話になっている人に、感謝の気持ちを込めてプレゼントするにも最適なマグカップとなっています。

サイズ:高さ9.7cm×直径8.7cm
素材:天然目・天然漆
価格:21,600円

>だんだんマグ(木製カップ)朱【藤八屋】をもっと詳しく見てみる。

コーヒーカップ 還暦祝い 朱(桐箱入り)【美器穂留都】

コーヒーカップ 還暦祝い 朱(桐箱入り)【美器穂留都】

>コーヒーカップ 還暦祝い 朱(桐箱入り)【美器穂留都】をもっと詳しく見てみる。

深みのある朱色が美しいこちらのコーヒーカップとソーサーのセットは、同じく朱色の漆で仕上げてあるスプーン付きです。全て同じ朱色で統一されたデザインは、シンプルながらも存在感があり、他にはない高級感を持っています。

熱を逃がさない天然木と漆のおかげで、温かいコーヒーを温かいまま飲めるので、よりおいしくコーヒーが飲める、そんなコーヒーカップ&ソーサー。ちなみにこちらのソーサーは、来客時にはオシャレな銘々皿としても使えます。

こちらの美器穂留都で取り扱っている輪島塗製品はすべて、124もの作業工程を丁寧に仕上げており、伝統工芸品産業の要件を満たしたものなので、品質に関してはお墨付きをもらっているものしかありません。

サイズ:カップ 高さ7cm×直径7cm
   :ソーサー 13.5cm×13.5cm
   :スプーン 長さ11cm×1.5cm
素材:天然木(ケヤキ)・天然漆
価格62,856円

>コーヒーカップ 還暦祝い 朱(桐箱入り)【美器穂留都】をもっと詳しく見てみる。

まとめ

沢山の作業工程を、一つずつ職人の手によって行われている輪島塗は、古くから人々を魅了してきました。そんな輪島塗で作られたコーヒーカップで飲むコーヒーは、普段飲んでいるコーヒーよりもおいしく感じる事でしょう。

ブレイクタイムを一段引き上げてくれる、そんな輪島塗のコーヒーカップを自宅や職場で使ってみてはいかがでしょう。