卒寿のお祝いは何色?プレゼントしたい日本製品8選

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

お祖父様やお祖母様、いつもお世話になっている大叔母様、家族の誰かが卒寿を祝うとなるととても嬉しい反面、プレゼントに何を選べば良いか迷ってしまいます。

実はこだわりがとても強い人がとても多いのです。やはり伝統的なしっかりとした品物が一番ですね。でも、あまりにも伝統的すぎると「年寄り扱いして」と不機嫌になる場合も。

なかなか卒寿のプレゼント選びは難しいのですね。ほどよく、現代的なデザインがミックスされた素敵なアイテムをチョイスしました。

その前に卒寿について少しだけ知識を詰め込みましょう。

卒寿とは? 関連する色は紫・金色・黄色

卒寿は90歳のお祝いです。卒寿の卒は、簡略文字で卆と書くためこのように名付けられました。また、卒寿は鳩寿とも呼ばれます。

「九」が鳩の偏に使われていること、「鳩」の音読みが「きゅう」だからです。平和の象徴の鳩をつけた賀寿ってなんだか素敵ですね。

還暦は赤いちゃんちゃんこを着ることで有名ですが、賀寿(長寿のお祝い)はそれぞれ異なる色のちゃんちゃんこを着用します。

卒寿は紫のちゃんちゃんこが一般的。しかし、贈り物をするときは、黄、からし色、金、金茶、白が縁起が良いといわれています。

卒寿のお祝いはいつする?

卒寿のお祝いは満年齢と数え年では、どちらでするべきなのかと迷う人も多いのではないでしょうか?

元々は数え年でお祝いをしていましたが、昭和24年以降は満年齢を使用してきたので、90歳の方もすでに満年齢を使っている人がほとんどです。もちろん中には、昔からの風習に従いたいという人もいるので、本人に聞いてみましょう。

賀寿のお祝いは古来は6月1日にすることが一般的でした。現在はお誕生日にする場合も。ただし、一緒に住んでいない場合は、家族がなかなか集まりにくいので、お正月やお盆などお休みが取れるときにみんなで集まれるときがベストです。

卒寿でお祝いのプレゼントをするときの3つの注意点

90歳だからといって「老人用グッズ」は避ける

90歳になると動きが少し遅くなりますが、実は頭の中はしっかりしている場合が多いです。本人はまだまだ若いと思っていますし、中には運転を現役でしている人もいるくらい。

ですから、90歳だからといっていかにもお年寄りのために用意されているもの、例えば杖などは避けましょう。

体の状態などに合わせたものを

本人はまだ若いつもりと書きましたが、やはり90歳になると健康状態で使えなくなるものや食べてはいけないものなどが当然出てきます。

お砂糖を禁止されている方にお菓子をプレゼントされると悲しい気持ちになりますね。食器類も食べ物に制限の多い方にはあまりおすすめできません。

プレゼントを考える前にできるだけ情報を集めましょう。

縁起の良いものかどうかチェック

例えば「櫛」は、つげなどで作られた伝統的な工芸品もあるため選ばれることが多いアイテムです。

でも櫛は「く・し」、つまり「苦」と「死」となるのであまりお祝い事でのプレゼントにはおすすめできません。アイテムの名前もチェックしてくださいね。

できるだけ縁起の良いものを選びましょう。

卒寿のプレゼント・おすすめアイテム8選

伝統的な技術と現代的なデザインで、卒寿にプレゼントすると喜ばれるアイテムを選びました。色は、卒寿にぴったりの黄色や金色をメインにしています。参考にしてください。

【江戸木目込み】柿沼人形 招き猫 風水 (金) 金運

  • 価格 ¥5,000
  • 寸法 L : H13.0*W8.5*D7.5cm,
    M : H11.5*W8.0*D6.0cm
    S : H10.0*W6.5*D5.5cm,
  • 製品重量 L:120g、M:95g、S:65g
  • 原産国 日本

「招き猫」は、とても縁起の良いアイテムとして今では世界中で人気です。右手を挙げている猫は金運、左手を挙げている猫は人を招くといわれています。

そのような招き猫を江戸木目込みで作った贅沢な一品です。愛らしい目元にスワロフスキーを用い、鈴にパワーストーンを使ってさらにパワーアップ。

表面は西陣織などの絹地のほか、イタリア製プリント地を使っています。高さがSサイズで10cm、Lサイズで13cmと比較的小ぶりで置く場所を選びません。

華やかな中に手作りの温かさがあり、お部屋に置くだけで幸せな気分になってもらえますよ。

柿沼人形の招き猫は、赤や桃色、青などがありますが、卒寿関連の色である金色がおすすめです。金色は風水では、金運向上のご利益もあります。

【金沢箔】箔一 おぼろ月 カップ 漆 (S)

  • 価格 ¥5,000
  • 寸法 Φ6.0*5.5cm
  • 製品重量 15g
  • 原産国 日本

金沢箔でおぼろ月を描いたモダンなデザインの天然木製のカップです。塗り物独特の深みのある黒がとても上品な感じがします。職人さんが漆を何度もすり込みと拭き取りを繰り返した一品。

口当たりがまろやかでとても贅沢な気分にしてくれるため、きっと満足していただけますよ。冷酒やワインなどを飲むときにも、コーヒータイムにも、そしてアイスクリームなどデザートを入れても楽しめますね。

和モダンなデザインがどのようなシーンにもぴったりです。直径が6cm、重さが15gと陶器よりも軽いので卒寿の方が持ちやすいサイズ。

ペアでプレゼントしても喜ばれますよ。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (黄) フリーカップ

  • 価格 ¥3,000
  • 容量 240ml
  • 寸法 Φ8.0*H11.0cm
  • 製品重量 190g
  • 原産国 日本

茶人や将軍、宮家などが好んで利用した京焼・清水焼のフリーカップです。京焼・清水焼は、有田焼や備前焼のような特徴があるわけではありません。陶工がデザインにこだわり、特別な作品を作っているため、プレゼントにぴったりの華やかさがあります。

紹介するフリーカップは花結晶(はなけっしょう)と呼ばれる結晶釉(けっしょうゆう)が特徴。結晶釉というのは、肉眼で結晶が確認できる釉薬のことです。卒寿にぴったりの黄色いカップをセレクトしました。

偶然にでき上がる花の形は、一つとして同じものがなく、世界でたった一つのデザインができあがります。

華やかなフリーカップは、直径8cm、高さが11cmと手のひらに収まるサイズです。容量が240mlですからお湯飲みとして日本茶にぴったり。

日本茶だけではなく、コーヒー、ワインなどどのような飲み物にも合いますね。アイスクリームなどのデザートを入れるカップとしても使えるので、毎日何度も利用してもらえますよ。

【経師】八千代綴り (大入) フォトブック 上仕上げ (丸)

  • 価格 ¥39,000
  • 寸法 W25.5cm×H28.3cm×D3.0cm
  • 製品重量 950g/2.1 lbs
  • 原産国 日本

卒寿の贈り物として喜ばれるアイテムの4つ目は和綴のアルバムです。奈良時代から続く経師の技で作られたアルバムは、ページをめくればめくるほど手にしっとりと馴染んでいきます。

1000年使っても色あせないと自信を持っておすすめしているアイテム。表紙に朱色と卒寿にちなんだ金色を組み合わせて、おしゃれなデザインに仕上げました。

大きさは25.5cm×28.3cmで、40ページの写真が入ります。ちょうど持ちやすい大きさで、毎日思い出にふけりながら愛用してもらえますよ。

古くなるほどに味わいの出てくるアイテムです。

【金沢箔】箔一 夫婦箸・箸置きセット しずく (金)

  • サイズ:L : 23.0, M : 21, 箸置き:4.5×4.5×1.2cm
  • 価格:¥5,500

ご夫婦でしたら、お箸もオススメです。

こちらは、金沢箔を贅沢に使ったお箸です。

天然木を使い、お箸の先端をできる限り細く仕上げることで細かなものもつまみやすい形状になっています。

箸は、食べるものに困らないという意味から縁起物とされています。

食事の時間が華やかになり、家族の食卓に彩りを添えてくれます。

【大阪浪華錫器】大阪錫器 越前仕上げ 白檀 黄

  • サイズ:径7.7×高10.0cm
  • 価格:¥15,000

こちらは日本全国の漆塗りの名工たちとコラボレーションして作られた錫漆のタンブラーです。

錫は実用面で優れているだけではなく、錫の分子は粗く水やお酒の不純物を吸着し味をまろやかにする効果があります。

舌の肥えた方はその違いにきっと驚かれることでしょう。

非常に手間暇がかかる逸品のため、お祝い品として最適です。

【江戸扇子】雲錦堂 深津扇子店 女持 鮫小紋 グレー白キラ 唐木竹

  • サイズ:20cm
  • 価格:¥16,000

こちらは縁起物で人気の扇子です。

現在、僅か2人だけとなった江戸扇子職人の作る扇子は、究極の逸品です。

京都産の肉厚で良質な竹や和紙を使い、全ての工程を一人で製造されています。

柄の鮫小紋(さめこもん)は、江戸時代に武士の裃(かみしも)の柄として広まった江戸小紋の代表的な柄の一つで、洋服ともコーディネートしやすいシンプルなデザイン。

ほとんどの扇子がオリジナル柄を施した一点物です。

末広がりの縁起物なので、記念品にぴったりです。

【津軽びいどろ】北洋硝子 (アデリア) 金花 花瓶

  • サイズ:φ27.0×H20.0
  • 価格:¥30,000

こちらは、津軽びいどろのハンドメイド硝子でできた花瓶です。

熟練の職人たちが伝統の技法「宙吹き」を駆使し、ガラスを五層に巻き付けることで立体感のある作品になっています。

また金箔をあしらっており、生産数が限られる豪華で貴重な花瓶なので、記念品に最適です。

花束と一緒にプレゼントするのもオススメです。

まとめ

卒寿にふさわしい贈り物を8品、選んで紹介しました。どれも伝統の技とこだわりが感じられるアイテムばかりです。

紹介したのは、江戸木目込みの金色に輝く招き猫、金箔が美しいおぼろ月の漆のカップ、京焼・清水焼の花結晶のフリーカップ、そして八千代綴りのフォトブック。

古い技術と新しいデザインが組み合わされて、厳しい目をもつお祖父様やお祖母様もきっと満足してもらえますよ。