長生きしてほしい人に贈る!長寿祝いのプレゼント12選

 

宮本ゆうき
ライター宮本

人生を長く生きられたことをお祝いする「長寿祝い」。

人生の大きな喜びである長寿祝いのプレゼントを選ぶとき、いつまでも元気でいてもらえるようなアイテムを選びたいですよね。

 

長寿祝いには、年齢に合わせた種類やテーマカラーがあるもの。

もっと長生きしてもらえるようなプレゼントを選ぶためには、長寿祝いの種類やテーマカラーが関係するんです!

この記事では、長寿祝いに喜ばれるプレゼントの選び方やマナーについて解説します。

長寿祝いの種類とテーマカラーについても解説していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

さらに、こだわりの日本製品を熟知しているBECOSJournal編集部が厳選した、長寿祝いにおすすめのプレゼントを12種類紹介します。

長寿祝いにぴったりのプレゼントばかりなので、ぜひご覧ください。

長寿祝いに贈るプレゼントの選び方

長寿祝いにプレゼントを贈るとき、どのようにして選べば良いか悩んでしまいますよね。

ここからは、長寿祝いに喜ばれるプレゼントの選び方を解説していきます。

お祝いの種類に合わせたカラー

長寿祝いのプレゼントを選ぶとき、お祝いの種類に合わせたテーマカラーのアイテムをプレゼントすると良いでしょう。

長寿祝いには、お祝いをする年齢に応じたテーマカラーがあります。

以下に、お祝いの種類とテーマカラーを記載しますね。

  • 還暦(61歳)…赤
  • 緑寿(66歳)…緑
  • 古希(70歳)…紫
  • 喜寿(77歳)…紫
  • 傘寿(80歳)…黄(金)
  • 米寿(88歳)…黄(金)
  • 卒寿(90歳)…紫
  • 白寿(99歳)…白
  • 百寿(100歳)…桃色

種類に応じたテーマカラーのアイテムをプレゼントすると、長寿のお祝いを実感できますよ。

たとえば、傘寿では黄色や金色のアイテムをプレゼントするのがおすすめ。

黄色や金色のアイテムをプレゼントしてもらうと、傘寿を迎えた実感がわきます。

テーマカラーのアイテムだと、後から見返したときにも、どの長寿祝いでもらったプレゼントなのかがわかりやすいです。

贈ったプレゼントを見ると、お祝いの日を思い出して幸せな気持ちになってもらえますよ。

なかには「あからさまに長寿祝いのカラーが入っていると恥ずかしい…」という方もいます。

そんなときは、控えめなデザインがおすすめ。

テーマカラーを差し色に使用しているアイテムをプレゼントすると良いでしょう。

種類に応じた長寿祝いは、人生にたった一度だけ。

長寿を実感して喜んでもらうためにも、テーマカラーを取り入れたプレゼントで、お祝いの気持ちを伝えましょう。

実用的で使いやすいもの

長寿祝いのプレゼントには、実用的で使いやすいものを贈ると喜ばれます。

長寿をお祝いする年齢は、60歳以上。

長年の経験から、見た目が良いだけでは意味がないと知っている年齢です。

たとえば、おしゃれなカバンのプレゼント。

どれだけ見た目がかわいくても、内ポケットがなかったり、肩紐が長すぎたりすると使いづらいですよね。

実用的でないカバンは、タンスの肥やしになってしまう確率が高いです。

実用的なアイテムが思いつかない場合は、いくつあっても困らないような日用品だと喜ばれます。

特に、タオルは重宝するアイテムでしょう。

「消耗品だけれども、捨てるのはもったいない…」と、長く同じものを使っていることが多いです。

長寿祝いのプレゼントに、肌触りの良い上質なタオルをプレゼントすると喜ばれますよ。

長寿をお祝いするときは、実用的なアイテムをプレゼントして、たくさん使ってもらいましょう。

普段から使えるプレゼントは、お互いを嬉しい気持ちにさせてくれるアイテムです。

上質なもの

長寿祝いには、上質なものをプレゼントしましょう。

前項でも触れましたが、長寿は60歳以上でお祝いします。

日常生活で必要なアイテムは、ある程度そろっているもの。

必要以上にものが増えるのを望んでおらず「質の良いものが少し欲しい」と考えている方が多いでしょう。

自分では手を出しづらい、上司なアイテムをプレゼントすると喜ばれますよ。

長寿祝いのプレゼント相場

長寿祝いをプレゼントするときの金額相場は、3,000〜100,000円。

結婚式のご祝儀のように、お祝いに決まった金額がないため、相場が幅広いです。

お祝いの気持ちや相手との関係、何人でプレゼントするかによって金額が変わります。

とはいえ、実際にどのくらいのプレゼントをすれば良いか悩んでしまいますよね。

実際に長寿祝いのときにプレゼントされることが多い価格帯を、以下に記載します。

  • 両親…20,000〜30,000円
  • 祖父母…10,000~30,000円
  • 親戚・知人…5,000~10,000円
  • 同僚、取引先…3,000~10,000円

家族や親戚で集まって、長寿祝いの席をもうけることを考えている方も多いですよね。

プレゼントを家族や親戚全員でひとつと考えているなら、一人あたり3,000〜5,000円ほどで考えると良いでしょう。

少しずつ出し合うことで、より上質なアイテムをプレゼントできますよ。

長寿祝いのプレゼントで気をつけたいこと

ここからは、長寿祝いをプレゼントするときに気をつけることを2つ紹介します。

お互いが気持ちよく長寿をお祝いできるように、しっかりと確認しておきましょう。

年齢を感じさせるものはNG

長寿祝いのプレゼントを選ぶとき、年齢を感じさせるものは避けましょう。

長寿を祝う行事ではありますが、せっかくのお祝いの日に「年寄り扱いをされた」と悲しませたくないですよね。

たとえば、杖や補聴器。

どちらも実用的で重宝するアイテムですが、長寿祝いのプレゼントには向いていません。

あまりにも、年齢を感じさせてしまうアイテムだからです。

長寿祝いのプレゼントを選ぶときは、手に取るだけで明るい気持ちになるようなアイテムがおすすめ。

これから先も、長く元気に過ごしてもらいたい気持ちを込めて選びましょう。

縁起のよくないものは相手との関係性に注意

長寿祝いのプレゼントに、縁起のよくないアイテムは向いていません。

年齢を重ねた方は、風習や考えが根付いていることが多く、プレゼントの意味を気にする方が多いためです。

縁起の良くないアイテムは、包丁や櫛(くし)が有名。

包丁は切れることから、縁を切るを連想され、プレゼントには向かないとされています。

櫛は、言葉のひびきから「苦」や「死」を連想させてしまうため、長寿祝いのプレゼントに向いていません。

包丁や櫛は実用的なアイテムなので、相手によっては喜ばれる場合もあります。

縁起のよくないプレゼントは選ばない方が無難ですが、相手との関係性によってはプレゼントしても良いでしょう。

どのように受け止められるか、見極めが大切です。

長寿祝いのプレゼントを選ぶときは、アイテムの持つ意味に気をつけて選びましょう。

長寿祝いをプレゼントするときのマナーは?

長寿をお祝いするなら、礼儀を大切にしたマナーは守りたいもの。

ここからは、長寿祝いのマナーについて解説していきます

熨斗をつける

長寿祝いを選ぶときは、お祝いの気持ちを伝えるために、熨斗(のし)をつけてプレゼントするのがおすすめ。

表書きは「御祝」「長寿御祝」が一般的です。

水引をかける

長寿祝いにプレゼントを贈るときの水引は、何度あっても嬉しい蝶結びを選びます。

結び切りの水引は「一度だけで良い」という意味なので、選ばないように注意してくださいね。

次の長寿祝いは喜寿?傘寿?さまざまな種類の長寿祝い

長寿祝いには、お祝いの年齢ごとに種類があります。

次の長寿祝いがどの種類になるのか、以下で確認しておきましょう。

61歳の還暦

還暦は61歳の長寿祝い。

干支と十二支による60種類の組み合わせが一回りする年齢で、自分の生まれ年にかえって来ることに由来したお祝いです。

こちらの記事では、還暦について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

66歳の緑寿

緑寿は66歳の長寿祝い。

66歳を「緑緑寿」と見立てたところから由来したお祝いです。

こちらの記事では、緑寿について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

70歳の古希

古希は70歳の長寿祝い。

唐時代の詩人が詠んだ「酒債は尋常、行く処に有り。人生七十 古来稀なり」という一節に由来したお祝いです。

こちらの記事では、古希について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

77歳の喜寿

喜寿は77歳の長寿祝い。

喜という漢字が七・十・七に分けられることに由来したお祝いです。

こちらの記事では、喜寿について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

80歳の傘寿

傘寿は80歳の長寿祝い。

傘の略字が八と十に分けられることに由来したお祝いです。

こちらの記事では、傘寿について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

88歳の米寿

米寿は88歳の長寿祝い。

米という漢字が八・十・八に分けられることに由来したお祝いです。

こちらの記事では、米寿について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

90歳の卒寿

卒寿は90歳の長寿祝い。

卒の俗字が九・十に分けられることに由来したお祝いです。

こちらの記事では、卒寿について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

99歳の白寿

百寿は99歳のお祝いです。

百という漢字から一と引くと白になることを、百から一を引いて九十九になることに由来したお祝いです。

こちらの記事では、白寿について詳しく解説しています。

よろしければ、ご覧ください。

100歳の喜寿・百寿

百寿は100歳の長寿祝いです。

字のごとく、百歳を祝うことに由来したお祝いです。

長寿祝いの種類に合わせて。人気の日本製ギフト12選

ここからは、おすすめの日本製ギフトを長寿祝いの種類別に紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいね。

60代の還暦・緑寿におすすめ!おしゃれで実用的なギフト3選

還暦と緑寿は、長寿祝いと言ってもまだまだ元気な年齢ですよね。

60代におすすめの、実用的なアイテムを紹介します。

ヨガ好きな方へ「い草で作った赤色のヨガマット」

  • 価格…12,000円(税抜)
  • 技法…畳
  • 素材…日本産い草,TPE(熱可塑性エラストマー)3mm
  • サイズ…66cm×185cm
  • 重さ…1200g

定年退職をきっかけに、趣味としてヨガを始める方も増えていますよね。

ヨガが好きな方の長寿祝いには、い草で作られたヨガマットがおすすめ。

い草をカラフルに染めて作られているので、見た目も華やかです。

い草には消臭効果・吸放湿性があるため、汗をかいても気持ちよく使えますよ。

さらに、い草の香りには、森林浴と同じ効果があると言われています。

い草には、木の芳香成分が含まれているためです。

ヨガとい草の香りで、リフレッシュしてもらえる長寿祝いのプレゼントですね。

シーンを選ばず使えて重宝する「さわやかな緑色の扇子」

  • 価格…4,730円
  • 技法…京扇子
  • 素材…竹,布地
  • サイズ…高さ23cm×横幅41cm/35本骨
  • 重さ…30g

大西常商店が手がけるこちらの扇子は、男性用で少し大きめに作られています。

さわやかな緑色が、気持ちを明るくしてくれますね。

扇子は末広がりの形をしていることから、縁起が良い贈り物として知られています。

これからも元気でいてもらえるように、縁起物の扇子をプレゼントしてはいかがでしょうか?

おしゃれな色合い「コーヒーカップ&ソーサー」

  • 価格…10,000円(税別)
  • 技法…焼物
  • 素材…磁器
  • サイズ…カップ:直径7.0cm×高さ8.0cm,ソーサー:直径15.5cm×高さ2.5cm
  • 重さ…295g

こちらのコーヒーカップとソーサーのセットは、赤色が目を引く逸品です。

夕焼けに染まったような赤色は、見ていると心をおだやかにしてくれますね。

飲み口には自然なカーブがつけられており、口当たりがなめらかに作られています。

どこまでも優しいコーヒーカップ&ソーサーは、長寿祝いにぴったりな商品ですよ。

70代のお祝い!古希・喜寿に喜ばれる紫色のギフト3選

紫色がテーマカラーの古希と喜寿。

おしゃれな日本製ギフトを紹介しますね。

縁起の良いものを掛け合わせた「かんざし」

  • 価格…3,400円(税別)
  • 技法…小田巻き
  • 素材…絹,金箔
  • サイズ…直径2.0cm×15cm
  • 重さ…100g

長寿祝いにおしゃれなアイテムを探しているなら、こちらのかんざしがおすすめです。

きらびやかな金箔をコットンパールに使用。

京都の職人が、丁寧に箔押しを行っています。

上品ながらも存在感のある小田巻きは、昔から縁起物とされる工芸品。

糸の始まりと終わりが分からないため、縁が途切れないとされています。

普段着にも合わせやすいかんざしは、長寿祝いのプレゼントに喜ばれるアイテムですよ。

ぼかしが目をひく「薩摩切子の猪口」

  • 価格…30,000円(税別)
  • 技法…薩摩切子
  • 素材…クリスタルガラス
  • サイズ… 直径6.5cm×高さ5.5cm
  • 重さ…180g
  • 容量…100ml

鹿児島の伝統工芸品として有名な薩摩切子。

薩摩切子の特徴は、カット部分が美しいグラデーションになることです。

こちらの猪口は、繊細なカットの奥に紫色のグラデーション。

思わず見入ってしまうような美しさは、心が奪われます。

お酒が好きな方の長寿祝いにプレゼントしたい逸品です。

落ち着いた藤色が美しい「女性用の扇子」

  • 価格…25,000円(税抜)
  • 技法…江戸扇子
  • 素材…扇子面:和紙,扇子骨:竹
  • サイズ…20cm
  • 重さ…20g

江戸扇子の技法で作られた、女性用の扇子。

手が小さい方でも持ちやすい設計です。

江戸扇子は、江戸の後期から150年以上受け継がれている伝統工芸。

現在では、2人の職人が伝統を守り続けています。

良い江戸扇子は、閉じたときに「ぱちん」と美しい音色がするもの。

こちらの扇子が奏でる、粋な音を楽しんでくださいね。

江戸時代に、武士の裃(かみしも)と呼ばれる礼服の柄として広まった、鮫小紋の柄を採用しています。

落ち着いた藤色が美しいので、シーンを選ばず上品に使用できますよ。

こちらの記事では、お母さんにおすすめの古希祝いのプレゼントを紹介しています。

よろしければ、ご覧ください。

80代の傘寿・米寿にプレゼントしたい華やかなギフト3選

人間としての深みを増した傘寿・米寿のお祝いには、黄色や金色のアイテムがぴったり!

おすすめの日本製ギフトを紹介しますね。

花が咲いたようにきれいな「黄色の皿」

  • 価格…5,000円(税別)
  • 技法…京焼,清水焼
  • 素材…磁器
  • サイズ… 横幅23.0cm×奥行き19cm×高さ4.0cm
  • 重さ…600g

4代続く窯元で作られた、清水焼の楕円鉢です。

花が咲いたように美しい結晶釉が、食卓を華やかに彩ります。

2つとして同じものができない製法で作っているため、特別感を感じられる逸品ですね。

鮮やかなデザインの焼物は、低温で焼き上げることが多いもの。

こちらの楕円鉢は、高温で焼き上げても鮮やかで美しい発色を可能にした陶葊が作っているため、ツヤのある透明感が魅力です。

長寿祝いにプレゼントすると、華やかで喜ばれるでしょう。

ちょっとしたときに使いやすい「黄色の手ぬぐい」

  • 価格…2,800円(税別)
  • 技法…京鹿の子絞り
  • 素材…日本産の綿100%
  • サイズ…36cm×90cm
  • 重さ…40g

パッと華やかな黄色の手ぬぐい。

京鹿の子絞りの技法を使って作られています。

職人が手で染める絞りは、同じロットで染めても2つとして同じものはできません。

染める時間や布の重なり方で、ひとつひとつの仕上がりが微妙に変化するためです。

世界にたったひとつの手ぬぐいは、特別感が嬉しいアイテム。

軽くて使い勝手がよく、長く愛用するほど手になじみます。

長寿祝いにプレゼントすると、大切に使ってもらえますよ。

愛くるしい表情に癒される「金色の招き猫」

  • 価格…Mサイズ:5,000円(税抜)
  • 技法…江戸木目込人形
  • 素材…ちりめん,高機能樹脂
  • サイズ…Mサイズ: 高さ11.5cm×横幅8.0cm奥行き6.0cm
  • 重さ…Mサイズ:95g

きらびやかな金色の招き猫。

こちらの招き猫は、江戸木目込みの技法で作られたもの。

木目込みは、桐塑(とうそ)という型へ刻んだ溝に、布を埋め込んで作られます。

職人がひとつひとつ丁寧に仕上げた逸品です。

こちらの招き猫の特徴は、スワロフスキーとパワーストーンを使っているところ。

スワロフスキーは目にあしらっているため、きらきらと輝いて見つめます。

愛くるしい表情が、たまらなくかわいい招き猫。

見ているだけで癒されるので、長寿祝いにぴったりなプレゼントですね。

90代のお祝いに。卒寿・白寿にぴったりな特別なアイテム3選

尊敬の意を表してプレゼントした卒寿・白寿のお祝い。

特別感のあるアイテムを紹介しますね。

ご飯がおいしく食べられる「きれいな白色の茶碗」

  • 価格…3,500円(税別)
  • 技法…京焼,清水焼
  • 素材…磁器
  • サイズ… 直径12.5cm×高さ6.0cm
  • 重さ…230g

90代になっても、ご飯はおいしく食べてもらいたいですよね。

こちらのお茶碗は、器の表面に花が咲いたようなデザイン。

4代続く窯元が作った、清水焼きの伝統的なお茶碗です。

焼き窯の中で溶けて、冷やすときに結晶が出る特性を持った釉薬を使っています。

この結晶はひとつひとつ形が違うものなので、世界に2つとして同じものはできません。

世界にたったひとつのお茶碗は、特別な90代の長寿祝いにぴったりな逸品です。

写真を入れてプレゼントしたい「シルバーの写真立て」

  • 価格…23,000円(税抜)
  • 技法…江戸木目込み
  • 素材…正絹,桐
  • サイズ…22cm×17cm×2.5cm
  • 重さ…460g

会津塗と江戸木目込みの技法で作られた写真立て。

江戸木目込みの技法に60年以上の歴史を持つ、柿沼人形が手がけました。

柿沼人形は節句人形を主製作としていますが、暮らしになじみやすいアイテムも取り入れています。

木目込み人形は、桐塑(とうそ)という型へ刻んだ溝に、布を埋め込んで作られるもの。

こちらの写真立てにも、同じ技法が使われています。

豪華絢爛で有名な西陣織を木目込んでおり、会津塗との融合がモダンな逸品です。

長寿祝いには、家族の写真を入れてプレゼントしましょう。

部屋に飾ると、いつでも家族の存在を近くに感じられる最高のプレゼントになりますよ。

珍しい体験型のお祝い「家系図」

こちらは、ちょっと珍しい体験型のお祝い。

自分の家系をさかのぼって、家系図を作ってもらえるサービスです。

あらためて自分の家系を知ることで、話に花が咲きますよ。

人々との結びつきに感謝があふれるプレゼントになるでしょう。

 

 

まとめ

長寿祝いは、年齢に応じたお祝いの種類があります。

長寿祝いのプレゼントを選ぶときは、お祝いの種類に合わせたカラーをプレゼントすると、記念に残って喜ばれますよ。

あからさまにテーマカラーを使ったアイテムが恥ずかしい方には、差し色として取り入れるのがおすすめです。

長寿祝いのプレゼントは、実用的で上質なアイテムだと使いやすくて重宝します。

自分では手に取りづらいような、質の高いアイテムをプレゼントしましょう。

年齢を感じさせてしまうプレゼントは避けてください。

これからも元気で長生きできるように、見るだけで気持ちが明るくなるアイテムをプレゼントすると気持ちが伝わりますよ。

縁起のよくないアイテムには注意してくださいね。

長寿祝いのプレゼント金額相場は3,000〜100,000円と幅広いですが、相手との関係性やお祝いの気持ちで選ぶと良いでしょう。

今回紹介した、長寿祝いにおすすめのプレゼントは、インターネットで手軽に購入できます。

この機会に、いつまでも長生きしたくなるようなアイテムを、長寿のお祝いにプレゼントしてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!