味がまろやかになる!備前焼のコーヒードリッパー2選+1品

Journal編集長
Journal編集長

近年注目されている「備前焼」ビアカップとして使っている方も多いと思います!私も家でビールを飲むときは、絶対に備前焼に注いでから飲んでいます!

お酒をおいしくする、お花を長持ちさせるなど備前焼には知っておきたい、たくさんの特徴があります。

今回は、そんな備前焼で作ったコーヒードリッパーを紹介したいと思います。

「備前焼」と「コーヒー」一見違和感を感じる組み合わせに感じる人もいるかと思います。

しかし、お酒と備前焼の組み合わせと同じぐらいに、備前焼とコーヒーはとても相性が良いのです。

備前焼にはコーヒーの味をまろやかにする特徴があります。カップを変えるだけで、コーヒーが一段とおいしく感じます。

そして素朴な見た目も、落ち着きがありリラックスしてコーヒタイムを満喫できると思います。

備前焼の特徴

投げても割れない

岡山県備前市が産地の備前焼は、茶褐色で特徴的な色、形をしています。

見た目の渋さ通り、備前焼はとても硬く「投げても割れない」と言われるほど頑丈です。

土が緻密で、高温で二週間焼き続けることによって、頑丈になります。焼き物は使えば使うほど、味が出ます。

そして使った時間と比例して、愛着も湧いてくるものです。割れにくい備前焼は、長く物を大事にしたいと考えている方にピッタリな焼き物です。

そして、窯の温度や土、焼成時の違いから備前焼は一つとして同じものは生まれません。

凸凹な表面

備前焼の一番の特徴は、釉薬を使わずに焼き上げることです。「釉薬」とは、陶磁器の表面にコーティングされるガラス層のことです。

釉薬を使わずに焼き上げることで、表面が凸凹とし、微細な気孔ができます。

その気孔こそが備前焼の特徴で、コーヒーを美味しくする理由です。

微細な気孔によって生まれる通気性は、水を新鮮な状態で維持したりお酒に含まれる酵母菌の働きを活発にする、コーヒーの味をまろやかにするなどの効果があります。

また、備前の土は鉄分を多く含むことや内部の緻密な構造から保温力にも優れていることも、備前焼の大きな特徴です。

料理の器や飲み物のカップとしても重宝します。

偉人にも愛された素朴な魅力

備前焼は釉薬を使わないことなどからわかるように昔ながらの土と火で作り上げる、シンプルな焼き物です。

その素朴さは自然的で、見れば見るほどに味わいを感じる色や形をしています。

備前焼の素朴さは「わびさび」の精神にも通じるところがあり茶道の世界でも好まれ、使われています。

豊臣秀吉や千利休も備前焼を好んでいたとも言われています。昔から変わらずにある素朴な魅力。

自然を感じる色や形を、時間を忘れて眺めることも備前焼の楽しみだと思います。

備前焼の素朴で味わい深いコーヒードリッパー2選

備前焼でコーヒを作って飲むことで、一段とおいしいコーヒーになるとお分かりいただけたと思います。

ここからは、そんな備前焼の素朴な魅力溢れるコーヒードリッパーをご紹介したいと思います。

備前焼のコーヒードリッパーおすすめその1
毎朝使いたい!陶芸家「恒枝直豆」のコーヒードリッパー

コーヒードリッパー

数々の賞を受賞されている、備前焼の陶芸家、恒枝直豆氏が焼き上げたコーヒードリッパーです。持ち手がついていて使いやすく、日常使いにぴったり。重々しくなくシンプルなデザインが魅力です。

すべてが一点もののため、自然な模様や色は自分だけのオリジナルになりますね。恒枝直豆氏の作品にはマグカップとカップ&ソーサーも展開されているので、コーヒードリッパーとセットで購入するのもおすすめ。またギフトの品としてもとても喜ばれます。

恒枝直豆
コーヒードリッパー

この商品をもっと詳しく見てみる

備前焼のコーヒードリッパーおすすめその2
コーヒードリッパー&ポットのセット

備前焼のコーヒードリッパー&ポット

小川秀藏氏のコーヒードリッパーとポットのセット。重厚感のある色合いで、備前焼の素朴で自然な色や形が出ている味わい深い外見も魅力のひとつです。

長く使い続けたいと思えるようなドリッパーとポットで、贈り物としてもよろこばれそうですね。

DAIKURA
備前焼のコーヒードリッパー&ポット

この商品をもっと詳しく見てみる

備前焼のコーヒー玉
コーヒーに入れるだけで味が変化する!

備前珈琲玉 火襷ひだすきバージョン

「珈琲玉」というコーヒー豆の形をした備前焼のアイテム。この珈琲玉をコーヒーに入れると備前焼の特徴である通気性でコーヒの味がまろやかに変化していきます。

小さいサイズ感とコーヒー豆の形が可愛らしいですね。「入れるだけ」という手軽さもポイントです。

暮しと珈琲
備前珈琲玉 火襷ひだすきバージョン

この商品をもっと詳しく見てみる

「せっかく備前焼のコーヒードリッパーでコーヒを作るならカップも備前焼のもので飲みたい!」という方備前焼のモダンでおしゃれなマグ・コーヒーカップ5選を紹介しているのでこちらの記事も読んでみてください。

まとめ

今までコーヒーを作るときに、コーヒー豆などの違いでコーヒーを楽しんでいた方は多くいると思います。

そんな方にこそ、コーヒーをドリッパーやカップでも楽しんで欲しいと思います。

見た目、触り心地、匂い、味。

備前焼でコーヒーを作る事で、今までよりもより一層コーヒーを味わえると思います。

備前焼は今回紹介したような特徴から、お酒や料理の器として重宝します。

これを機に、備前焼で食器を揃えてみても良いかもしれませんね。