開店祝いのお返しの品には何を贈れば良い?相場と金額別のおすすめギフト15選

ご自身のお店を開店する際にはさまざまな方からお祝いとして開店祝いをもらいますが、この際には感謝の気持ちを込めた対応が必要です。

そこでここでは、開店祝いをもらった際の対応方法を説明しながら、お返しの品を選ぶポイントや費用相場、相応しいアイテムについて解説します。

また、具体的なお返しの品を金額ごとに分類して紹介しますので、これからお店の開店を控えている方や開店祝いを贈る方はぜひ参考にしてみてください。

BECOSがオススメする開店祝い

【江戸木目込み】柿沼人形 招き猫 風水 (白) 無垢 リラックス【江戸木目込み】柿沼人形 招き猫 風水 (白) 無垢 リラックス
風水パワーで福を呼び込む愛くるしい招き猫
柿沼人形
【三州鬼瓦】鬼福製鬼瓦所 ティッシュケース(笑顔の鬼瓦)【三州鬼瓦】鬼福製鬼瓦所 ティッシュケース(笑顔の鬼瓦)
人々を笑顔にする個性的なテッシュケース
鬼福製鬼瓦所
【肥前吉田焼】Kata Koto へそくりの招き猫 ブラック【肥前吉田焼】Kata Koto へそくりの招き猫 ブラック
様々な空間にも合わせやすいモダンな招き猫
WakuWaku Office
【金属加工】音に癒やされるインテリアGRAVIMORPH「SPINDLE」-Black-【金属加工】音に癒やされるインテリアGRAVIMORPH「SPINDLE」-Black-
趣のある心地よい音色を奏でるインテリア
野崎製作所
【江戸木目込み】柿沼人形 江戸だるま (大) 友禅 金【江戸木目込み】柿沼人形 江戸だるま (大) 友禅 金
金運を引き寄せるゴージャスな江戸だるま
柿沼人形
【甲冑】忠保 ボトルアーマーミニ 徳川家康【甲冑】忠保 ボトルアーマーミニ 徳川家康
お気に入りのお酒ボトルに着せて楽しむ甲冑
忠保
next arrow
Slider

目次

開店祝いをもらった場合の取るべき対応

開店祝いをもらった際の対応方法は、お店のお披露目会を行ったかどうかで異なるため注意が必要です。

この二通りの対応方法は次のとおりです。

お店のお披露目会を行う場合

開店祝いをもらった際には、お店のお披露目会や開業パーティーを行い、相手をおもてなしすることが原則です。

この際には、新店舗の紹介をしながら食事などでもてなし、帰る際には記念品として引き出物を渡すという内容が一般的です。

そのため、このお披露目会を行った場合は改めてお返しの品を用意することはありません。

お披露目会のおもてなし自体がお返しと考えましょう。

開店祝いのお返しの品を贈る場合

開店祝いを贈ってもらったもののお披露目会を行わない場合は、お返しの品を贈るのがマナーです。

この際のお返しの品は手渡しで渡さなければならない訳ではないため、宅急便などを利用しても良いでしょう。

なお、このお返しに関しては次のような注意点があります。

お返しの品のマナー

お返しの品には、紅白の蝶結びの水引で熨斗(のし)付きの掛け紙をかけることがマナーです。

また、表書きは「開店内祝い」もしくは「御礼」とし、名前は会社名かお店の名前で記入します。

お返しの品を贈るタイミング

お返しの品を贈るタイミングは、開店日より1週間~2週間が目安です。

先ほどお伝えしたように、贈り物は必ずしも手渡しで贈る必要はないため、事前に相手の住所を聞いて宅急便などを利用します。

なお、お返しをする相手が目上の方や仕事関係者であれば期日を守ったお返しが必要ですが、友人や知人の場合は期日を過ぎてもそれほど気にする必要がない場合もあります。

この際には、お返しが遅れた旨を詫びる内容の手紙を添えましょう。

お返しの品にはお礼状を添える

お返しの品には、お礼状を添えることがマナーです。

お礼状の内容は相手との関係性によっても異なりますが、目上の方や仕事関係者であれば礼儀正しい文章で開店祝いのお礼を述べて、これからも良好なお付き合いをお願いする内容を記載します。

なお、友人や知人に対するお礼状には堅苦しい表現は必要ありません。

お祝いに対する感謝の気持ちを素直な言葉で表現すると良いでしょう。

開店祝いお返しとして相応しいアイテム

お店のお披露目会を行わない場合は、開店祝いのお返しが必要です。

ここでは、贈り物のお返しに相応しいアイテムを紹介します。

自社のロゴが入った実用品

自社のロゴが入ったタオルやペンなどの小物類を贈答用してお返しする方は多いものです。

ただし、社名入りの記念日を贈る場合は、品物に対してあまり社名が主張しすぎないデザインのものを贈るよう心がけましょう。

バスタオルなどの日用品

バスタオルなどの日用品はお返しの品の定番商品です。

中でも高級タオルはその素材の良さや製法のきめ細かさから長く使用できるため、特別なお返しをする方には人気の高いアイテムです。

その他、毎日使う日用品として洗剤などのキッチン用品なども人気が高く、特に海外ブランドのオーガニック素材の洗剤をかわいいスポンジとセットで贈る方が多くいます。

焼き菓子などの詰合せ

お返しの品として長年人気なのが焼き菓子などの詰合せです。

特に、最近では有名店の贈答用の高級スイーツの詰合せや、地域限定の食材を使用した焼き菓子の詰合せなどに人気が集中しています。

なお、これら焼き菓子など食品をお返しの品とする場合は、できるだけ賞味期限が長いものを選ぶことがマナーです。

どんなに人気のスイーツでも、賞味期限が短いものは贈り物には適さないと考えましょう。

相手の業界に関するアイテム

相手の業界に関するアイテムとは、相手が仕事や日常生活で頻繫に使うアイテムを指しています。

このように、入念に考えたお礼の品はお返しを受け取った側の喜びも一入(ひとしお)です。

特に、高額なお祝いの品をもらった方には、このようなお返しの品を贈り感謝の気持ちを伝えましょう。

カタログギフトや商品券

カタログギフトや商品券は世代や性別を問わず、誰にでも人気があるお返しの定番です。

また、「予算に合わせて選べる」「アイテム選びに失敗することがない」といった理由から、近年では利用する方が増えています。

開店祝いのお返しの金額相場

ここでは、開店祝いのお返しの品の金額相場について、お披露目会を行った場合と行っていない場合に分けて解説します。

お披露目会を行った場合

開店祝いのお披露目会やパーティーを行った場合は、その時のおもてなし自体がお返しとなるためお返しの品は必要ありません。

ただし、どうしてもお返しが必要と考えるなら引き出物という形で参加者が帰る際に渡すのが一般的です。

引き出物の費用相場は1,000円~3,000円です。

お披露目会を行っていない場合

開店祝いのお披露目会やパーティーを行っていない場合は、お返しの品を贈ることがマナーです。

この際の金額相場は、頂いた贈り物の3割から半分程度の金額を目安としてお返しを贈りましょう。

なお、高額なお祝いを頂いた場合は、お披露目会の参加の有無に関わらず頂いた金額の3割~半分程度のお返しをすることがマナーです。

開店祝いのお返しにおすすめの品:5,000円以下

ここでは、5,000円以下の開店祝いのお返しのおすすめアイテムをご紹介します。

オーダーメイドで自社の名前も入れられる「和ろうそく5本セット」

京絵師が一つひとつ絵付したろうそくセットは、和の贈り物として人気の高いアイテムです。

和ろうそくはすべて植物性の原料を使用しているため、西洋ろうそくに比べて油煙や煤が少ないため安心してお部屋で使用することができます。

また、和ろうそくは空洞の芯がろうそくの中心部にあることから、大きな炎がゆっくりと揺らめく特徴があるためお部屋を情緒ある雰囲気に演出してくれる特徴があります。

オーダーメイドで文章や会社のロゴを入れることもできるため、贈り物のお返しには最適なアイテムです。

創業100年以上の綿布問屋が手掛ける「麻ハンカチ(化粧箱付き)」

  • 価格 1,500円
  • 素材 日本産の麻100%
  • サイズ 35.0*35.0

創業から100年以上の歴史の中で、一貫して綿や麻といった天然素材を扱ってきた問屋が手掛ける麻素材のハンカチは、縦糸に「リネン」横糸に「ラミー」と呼ばれる2種類の麻を使用しています。

リネンが持つマットな風合いと柔らかい肌触りと、ラミーが持つ光沢感と「通気性」「吸湿性」「放湿性」が合わさることで生まれる使用感は、これまでの麻素材の織物にはない柔らかさと使いやすさが特徴です。

超撥水素材で作られた「濡れない風呂敷」

  • 価格 3,900円
  • 素材 ポリエステル
  • サイズ 96.0*96.0

2011年、その年の優れた製品に贈られるグットデザイン賞を受賞した本商品は、自社で研究開発された超撥水素材を使用した「水に濡れない風呂敷」として話題を集めました。

素材は水を運ぶこともできるほどの撥水性能があるため、エコバックや突然の雨の際には傘代わりとして使用することができます。

外出の際にバックに1枚入れておくだけで色々な使い方ができる利便性の高いアイテムです。

また、洗濯を50回以上重ねても素材の質が劣化することがなく、品質の高いアイテムとして自信を持って贈ることができます。

日本人デザイナーが作る現代的なテーブルウェアの「醬油さし」

  • 価格 4,000円
  • 素材 磁器
  • サイズ φ5.5*W7.0*H9.0

有田焼特有の赤色をコンセプトに、日本人デザイナーがデザイン開発を行った醬油さしです。

機能性を強調するため直線的で傾きのあるデザインは、スタイリッシュな印象でどのような食卓にも違和感なく調和し、実用性を損ねることがありません。

また、醤油が注ぎ口から滴り落ちない独特の構造や赤色のマットな仕上げの色など、細部にまでコンセプトを徹底するデザインは、日常の道具として有田焼を使ってもらいたいというデザイナーの思いが詰まっています。

伝統的な製法で作られる鮮やかな発色の青色が魅力的な「肥前吉田焼箸置き5点セット」

  • 価格 4,600円
  • 素材 磁器
  • サイズ W1.1*D5.6*H1.1

流行に左右されることなく、伝統の技術を駆使して作られた箸置きです。

古くから染付などの磁器に使われる青色の顔料を素焼きの状態で着色するため、経年変化による青色の変色が起こることがありません。

そのため、いつまでも鮮やかで奥行きのある青色が続くことが特徴です。

また、季節や気温によって微妙に異なる青色の発色は、大量生産の磁器には真似できない温かみと偶然の美しさに溢れており、愛着を持って長年使うことができます。

伝統工芸士が作るハンドメイドガラスの「多目鉢ペアセット」

  • 価格 4,000円
  • 素材 硝子
  • サイズ φ15.9*H7.3

青森県で手仕事のガラス製作所として歴史のある本工房は、独自の原料の調合や宙吹きの技法の高さから伝統工芸品の認定を受けさまざまなガラス製品を製造しています。

本商品は、これらの技術が随所に盛り込まれたガラス製の鉢とボウルの2点セットです。

青森県の豊かな自然環境を作品に投影した美しい赤色と青色は、カラフルで瑞々しさにあふれており、食卓にお花を飾ったかのような鮮やかさを演出してくれます。

江戸の文化をテーマに配色された艶やかな色彩が特徴的な「豆皿セット」

  • 価格 2,580素材 硝子
  • サイズ 浅鉢 : Φ15.0*H2.8, 豆皿 : Φ7.0*H2.8

東京都指定伝統工芸品の江戸切子の窯元で作られた本商品は、江戸の文化をテーマにした配色と江戸時代の製法によって作られたハンドメイドガラスです。

色粉と呼ばれるパウダーをまぶして作られる本商品は、それぞれ「お花見」「花火」「夏祭り」など一年を通して行われるイベントをモチーフに制作されています。

そのため、カラフルな色調と異なる模様が織りなす艶やかさで食卓を明るく演出してくれます。

涼しげな表情の器は、夏の日のそうめんのつゆ受けやお刺身の盛り皿として使えば、食卓だけでなく料理そのものを引き立てる器となるでしょう。

全て手作業で行う一点物の希少性が魅力的な「常滑焼マグカップ&ソーサー」

愛知県常滑市在住の陶芸家が作る常滑焼は、地元の美しさにインスピレーションを得て一つひとつを手作りで作り上げる温かみが特徴です。

光に反射する釉薬を自分で配合しているため環境次第でさまざまな表情を見せる本商品は、使い込むほどに異なる表情を覗かせ飽きることがありません。

完全受注生産のため注文からお渡しまで1ヶ月~2ヶ月程度の日数がかかりますが、作り手の温かみを感じられるマグカップセットを探している方には特におすすめできるアイテムです。

開店祝いのお返しにおすすめの品:5,000円~1万円

ここでは、5,000円~1万円以内の開店祝いのお返しのおすすめアイテムを紹介します。

究極のオーガニック素材で作られた「バスタオルとバスオイルのセット」

枯葉剤を使用することなく作られた希少なコットンを手摘みで収穫し、愛媛県今治の不純物の少ない清らかな軟水を使って織り込まれた究極のオーガニックタオルです。

原料や製造方法のこだわりはその優れた肌触りと抜群の吸水性に現れ、特にお風呂上りの体に付いた水滴を簡単に拭き取る感覚は、これまでのタオルとは明らかに異なる使用感を感じることができます。

セット内容のバスオイルは、肌への美容効果に優れたローズヒップオイルをはじめ「コメヌカ」「アルガン」などのピュアオイルを配合しているため、翌朝の肌の潤いを感じられるでしょう。

流行に流されない普遍的なデザインと裏地のワンポイントにこだわった「ネクタイ」

  • 価格 8,000円
  • 素材 シルク100%
  • サイズ 8.5*148.0

富士山麓の郡内地域に古くから伝わる郡内織りのネクタイです。

流行に左右されないベーシックな太さとデザインで仕上げられているため、幅広い世代で使用することができます。

生地には先染め高密度ジャガード織のシルク100%を使用しており、とても滑らかで手になじむしっとり感があり長時間の使用でも首元を締め付ける感覚がありません。

また、裏地には刺繡ではなく織の技術で桜の花をあしらうなど、見えない部分に「粋」を感じさせる仕上がりは、歴史ある織物技術をワンポイントのデザインに託した郡内織の矜持を感じることができます。

100年以上の歴史がある京都の老舗扇子工房が作る「ルームフレグランス」

  • 価格 8,000円
  • 素材 磁器(清水焼), 竹, 香料
  • サイズ 5.7*5.7*22.0

扇子用に薄く加工された扇骨にほのかな香りをしみこませリードスティックに仕上げた本商品は、奥ゆかしく自然な香りが特徴のため人工的な香りが苦手な方にもおすすめしたいアイテムです。

時間経過と共に少しずつ変化する香りは、どの香りも控えめながらもお部屋を優雅に演出してくれます。

また、一般的なリードスティックとは異なり扇子が半分開いたような独特の形状は、上品なインテリアとして和風・洋風どちらのお部屋にもマッチします。

パリを拠点に活動するデザイナーと有田焼の工房がコラボした「シュガーポット」

伝統的な日本の「鉢」をインスピレーションに、フランス人デザイナーが有田焼の製法技術を用いて作ったシュガーポットです。

柔らかい曲線と遊び心があるデザインの本商品は、かわいらしさと同時に都会的な印象で午後のティータイムを洗練された空間に演出してくれます。

また、「ダークブルー」「煉瓦色」「青磁」などの伝統的な日本の磁器の釉薬の色は、落ち着いた印象と高級感を演出しています。

開店祝いのお返しにおすすめの品:1万円以上

ここでは、1万円以上の開店祝いのお返しのおすすめアイテムを紹介します。

いつまでも新品のふわふわ感が続く「今治産バスタオルとフェイスタオルのセット」

  • 価格 16,500円
  • 素材 メキシコ綿
  • サイズ バスタオル: 60.0*120.0, フェイスタオル: 34.0*80.0

高級タオルとして世界的にも知られることになった今治産のタオルセットです。

素材には希少なギリシャコットンをさらに選別して採取する超長綿(繊維の長さが35ミリ以上)で作られるため、その柔らかさとふっくらとした肌触りは世界最高水準の使用感で、一般的なタオルとは大きく異なります。

また、柔らかいだけでなく洗濯を重ねても新品の使用感が続くため、使うたびに心地良さを実感してもらえるアイテムです。

品質の確かさや世界的なネームバリューからどのような祝い事でも喜ばれる本商品は、開店祝いのお返しの品としても自信を持って贈ることができるアイテムです。

松坂牛の革と熟練の職人の手仕事で作られる「名刺入れ」

  • 価格 10,000円
  • 素材 松阪レザー(松阪牛の本牛革)、ヌメ革
  • サイズ H7.5 * W11.3 * D1.3

国産最高級和牛を代表するブランド牛として知られる、松坂牛の革を原料に使った名刺入れです。

松坂牛に含まれる油脂の艶は、使い込むほどに光沢が増し手になじむようになるため、日常的に名刺交換をするビジネスマンにとっては大変喜ばれるアイテムです。

生産者と職人の技術の結晶とも呼べる本商品は、食肉同様に原革となった松坂牛の生産履歴を確認できるなど、徹底した品質管理を行っているためその品質の高さが保証されています。

江戸後期から受け継がれる伝統の技で作る「江戸扇子」

  • 価格 140,00円
  • 素材 扇面 和紙、扇骨 竹
  • サイズ 20

今ではたった2人だけになってしまった江戸扇子職人が作る本物の江戸扇子は、扇子を閉じるときの「パチン」という歯切れのよい音がその品質の高さを物語っています。

また、扇子の柄には浅草を中心とする江戸文化の象徴「三社網(さんじゃあみ)」が使用されており、地元の方はもちろん江戸文化に詳しい外国人の方にも喜ばれる希少な扇子として、国内外を問わず高い人気を誇るアイテムです。

まとめ

お店を開店して間もなくの間は多忙を極めるため、業務以外の時間は捻出できないことが多いもの。

このような場合であっても、開店祝いの贈り物のお返しやお礼は怠らないよう心掛けましょう。

これまでお世話になった方や開店をお祝いしてくれたら方に対しては、正しいマナーと相手に心から喜んでもらえるお返しの品で感謝の気持ちを表し、今後の関係を良好に保つことが何よりも重要です。

よかったらシェアしてね!