片口は日本酒の熱燗も楽しめる!おしゃれな片口10選

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

一日の仕事を終え、ほっと息をつく晩酌はまさに至福の時間。美味しいお酒と気のきいた肴があればいうことはありませんが、もっとお酒を美味しく味わう秘訣があります。それは酒器にもこだわること。

そうはいっても、徳利は少し敷居が高いし、洗うのも大変で使う頻度も少なそうですよね。

それなら酒器の中で、片口を選んでみませんか?

カジュアルでありながら、日本酒の味わいをより深いものにしてくれます。

あなたにぴったりの酒器・片口で、もっと美味しく楽しく日本酒との時間を満喫しましょう。

目次

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

【酒器】片口を知ろう
ワンランク上の晩酌を!片口を使う醍醐味

片口は、その名の通り片方に注ぎ口のついた器(酒器)です。

酒器として使われる場合、容量は1.5合から2合弱の飲み切りサイズがほとんど。

冷たい冷酒でも絶妙なぬる燗でも、温度が変わる前に飲み切ってしまえる丁度よいサイズです。

大きく開いた口と、深みのある片口は、お酒の味だけでなく香りも引き立ててくれます。

香り高い大吟醸や、お米本来の味を楽しみたい純米酒など、お酒の持つポテンシャルを最大限に引き出せるのが、片口の醍醐味です。

片口は冷酒にも熱燗にも楽しめる

口径が大きく、日本酒の香りをダイレクトに楽しめるのが片口の魅力

徳利よりも容量が大きく、お酒をたっぷりとカジュアルに楽しむことができます。

冷酒用という印象を持つ方も多いかもしれませんが、陶磁器製・ガラス製の片口は電子レンジ対応の物もあり、耐熱性の物であれば簡単に燗をつけることもできます。

徳利と違い開口部が広いため、洗いやすいのも実はうれしいポイントですね。

片口を選ぶポイント
片口を素材やシチュエーションで選ぶ

片口はガラス製、陶磁器製、金属製など素材も様々。

楽しみたいお酒やシチュエーションに合わせて、選ぶのがおすすめです。

片口の素材1
ガラス製|冷酒器として人気!

涼しげな趣のあるガラス製の酒器は、暑い夏にピッタリ。

キリッと冷やした冷酒を美味しく飲むのに、人気の素材です。

とはいったものの、最近では耐熱性の物もあり、ガラス酒器で熱燗を楽しむこともできます。

片口の素材2
陶磁器製|柔らかい味わいに!

酒器の素材で最もポピュラーで、日本酒の口あたりを柔らかくしてくれます。

冷酒から熱燗まで対応できる、万能な素材。

磁器製は、陶器製よりも厚みがない分、同じ日本酒でもシャープな味わいを楽しむことができます。

秋の夜長にしっとり味わう熱燗は、職人の手仕事が感じられる陶磁器製をセレクトすると、舌だけでなく目にも楽しませてくれ、風情を感じることができます。

片口の素材3
金属(錫)製|イオン効果でまろやかに!

錫の魅力は、なんといってもあらゆる飲み物の味をまろやかに変身させること。

抗菌性も高く、錆びにくいなどの特性も持ち合わせています。

錫の重厚感と機能性の高さで、いつもの日本酒でもワンランク上の晩酌を楽しめます。

片口の素材4
漆器製|口あたり・質感共にしっとり

ウルシの木から採れる樹液(漆)が塗られた漆器は、しっとりとした質感が特徴的で、使うほどに色や質感が変化していくのが魅力です。

また、漆器は日本酒をトロリと濃厚な味わいにしてくれます。

熱を伝えにくい性質を持っているので、熱燗が冷めにくいのもポイントです。

寒い冬に、木素材の漆器で飲む日本酒は、木の香りと温かみを感じ、心も体も温まることができるでしょう。

選ぶ酒器で日本酒の味は変わる!

日本酒の種類によって、また酒器の形状や素材によって、その味わいが変化する日本酒。

まさに、杜氏と器づくりの職人のなせる技の妙義といえます。

酒器によって微妙に変わる口当たりを遊んでみるのも、日本酒の楽しみのひとつ。

素材の違い、口径の大きさなど、一本の日本酒でも酒器を変えて味わってみると、その違いに驚くはずでしょう。

さらに、酒質によって酒器を選べるようになれば上級者。

スタンダードな本醸造は口径の広い酒器を、ちょっとクセのある古酒にはストレートなタイプの酒器を、日本酒の持つ風合いをダイレクトに楽しみたいときはふっくらとした形の酒器など、楽しみの幅も広がります。

日本酒は奥が深い!

日本酒は、まるでワインのように、杜氏の魂の込められた驚くほど奥が深いものです。

そんな日本酒だからこそ、酒器とのマッチングまで考えて選ぶのが大人のたしなみといえます。

日本酒のソムリエといもいえる「唎酒師」が、日本酒を美味しく飲むための酒器選びについて詳しく解説していますので、興味のある方はこちらの記事を参考にしてみてください。

PICK UP
【吹きガラス】SUN GLASS STUDIO KYOTO 玄 酒器セット (酒差し, 盃1個)
【吹きガラス】SUN GLASS STUDIO KYOTO 玄 酒器セット (酒差し, 盃1個)
吹きガラスのあたたかみと涼しげな透明感!

柔らかで優しい吹きガラスは日常を豊かに変える!

天然素材のガラスから生み出す作品は表情が温かく、見ている人、使っている人の気持ちまでほっこりとさせます。

使ってくださる皆さんの気分や使い心地よさをイメージしながら、作品に息吹を吹き込んでいます。

皆さんの暮らしに彩を添えることができますように。

片口の使い方は無限大!

片口は、お酒を入れるだけの器ではありません!

ちょっとした遊び心で、その使い方は無限大。

口がある特性を活かし、そばつゆやドレッシングを入れてみたり、ある程度の大きさがある片口であれば、小鉢としておかずを盛ることもできます。

また、季節の花を一輪挿しとして生けてみるのも粋なものです。

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

もっとお酒を楽しめる!おしゃれな片口10選

熟練の匠が作った片口は、コロンと手に馴染み見ているだけで楽しいものです。

心からリラックスしてお酒を楽しみ、贅沢な時間を過ごすのにピッタリな、職人の技が光るこだわりの酒器をご紹介しますので、参考にしてみてください。

手作りの釉薬にこだわる陶芸家
印象的なブルーが特徴の片口

【京焼-清水焼】HiBiKi 碧彩 片口

京焼・清水焼の青い釉薬が、なんともすがすがしい片口。この青い色は、杉・葡萄・ひまわりなど、自然の植物を燃やした灰から作られるものです。ナチュラルな優しい色合いが味わい深さを醸し出しています。

灰作りから釉薬を手作りするには膨大な作業が必要で、できあがる釉薬の量もわずかなため、最近ではこの方法を続けている陶芸家は少なくなってしまいました。1980年に大日を創業した陶芸家の竹村繁男氏は、30年以上この自然灰釉で作陶を続けています。職人が心を込めて仕上げる、一品一品微妙に表情の異なる器をお楽しみください。

大日
【京焼-清水焼】HiBiKi 碧彩 片口

この商品をもっと詳しく見てみる

土本来の温かみを感じる
シンプルモダンの備前焼の片口

【備前焼】片口

土本来の温かみを感じられる、ナチュラルな備前焼の片口。備前焼は、表面に微細な気孔が空いていて、そこに含まれる空気により、お酒の香りを一層引き立てます。窯への詰め方や窯の温度などによって、自然に模様が表れるため、同じ模様、同じ色の作品はない、全てが一点ものです。

良く縮む粘土の特徴を生かして、普段使い出来るよう薄手で軽い作りになっているので、使い勝手が良いのもうれしいポイントです。お猪口やぐい呑とセットで使って、ひとつひとつ違う色合いを楽しむのも良いでしょう。

恒枝直豆
【備前焼】片口

この商品をもっと詳しく見てみる

銀色の花が咲く
陶葊独自の技術と釉薬が際立つ片口

【京焼-清水焼】花結晶 (銀藤) 片口

1922年創業の陶葊は、四代続く京都の窯元。独自に研究された様々な新しい釉薬で私たちを楽しませてくれます。美しい図柄と、高火度釉薬技術による透明感ある器を堪能することができるブランドです。

磁器製のすっきりとしたデザインが、スタイリッシュな片口。釉薬により浮かび上がる模様は、まるで幾重にも重なる花びらのようで「花結晶」と名付けられています。同じ模様は二つとしてできないため、世界でひとつだけのオリジナル品であるのも魅力です。

陶葊
【京焼-清水焼】花結晶 (銀藤) 片口

この商品をもっと詳しく見てみる

多目的に使える
縁起の良い「タコ唐草模様」がポイントの片口

【美濃焼】タコ唐草 片口小鉢

趣のある古染モダンの器、伝統の美濃焼のデザイン。描かれている「タコ唐草模様」は、唐草模様の一種で、渦巻き状の唐草の外側に葉の模様を付けたものが、蛸の吸盤に見えることからその名が付いています。また、蛸は「多幸(多くの幸せ)」と当て字で表現され、縁起の良い柄でもあります。

酒器としてはもちろん、小鉢としても使えるため、シーンに応じて使い分けることができ、使い勝手の良い商品です。美濃焼の素朴な肌触りと温もりで、晩酌タイムをほっこりさせてくれます。

マルモ加藤陶器
【美濃焼】タコ唐草 片口小鉢

この商品をもっと詳しく見てみる

美しいガラスが生み出す伝統工芸品
「ねぶた祭り」を片口に再現

【津軽びいどろ】アデリア ねぶた 片口

「津軽びいどろ」は、1977年に北洋硝子株式会社が生み出したガラス工芸品です。様々な色ガラスを組み合わせ、鮮やかな青森の自然の美しさを表現しています。中でも緑色は、門外不出の調合によって作り出される深みを持つ色。

手仕事にこだわり、「暮らしを豊かにするガラスの器」を作り続ける北洋硝子。青森の「ねぶた祭り」を、そのまま閉じ込めたかの様な生き生きとした片口は、日々の生活に躍動感を与えてくれます。

北洋硝子
【津軽びいどろ】アデリア ねぶた 片口

この商品をもっと詳しく見てみる

薩摩藩から生まれた芸術品
薩摩の美を感じる薩摩切子の片口

【薩摩切子】satuma 二重被せ 片口 (緑/瑠璃) 桐箱入

幕末の動乱期に消滅した薩摩切子を復活させるべく、1994年に設立したのが「薩摩びーどろ工芸」。薩摩切子の製作工程は、クリアガラスの表面に、厚さ1〜2mmほどの色ガラスを被せ、カットした後に磨き上げます。

薩摩切子の最大の特徴である「ぼかし」。こちらの片口は、クリスタルガラスに緑色、瑠璃色を被せ、涼やかなグラデーションを追求しました。桐箱入りで、大切な方への贈り物としても喜ばれる逸品です。

薩摩びーどろ工芸
【薩摩切子】satuma 二重被せ 片口 (緑/瑠璃) 桐箱入

この商品をもっと詳しく見てみる

自然を感じる
苔むす古木を再現した片口

【輪島塗】 KOKEMUSU 片口

大胆なタッチが印象的な輪島塗の片口。「練乾漆®」という、1300年前に存在した立体的な漆技法を蘇らせ、能登の里山の苔むす岩肌と古木を表現したデザインは、荒々しさの中に繊細な職人の技が感じられます。

使い続けるうちに段々と美しい苔色が表面に現れ、経年美化していくサプライズのある片口です。その変化をお酒を嗜みながら、愛でるのも粋ですね。漆の特性は、口当たりの良さ、殺菌力の強さ、軽くて丈夫なこと。また、氷が溶けにくいという利点も持ち合わせているので、機能性に大変優れています。

ぬり工房 楽
【輪島塗】 KOKEMUSU 片口

この商品をもっと詳しく見てみる

国産天然漆を使用
ガラスの透明感を活かした片口

【八雲塗】八雲白檀びいどろ 片口 日輪・月輪

ガラス製の片口に、金箔で日輪、銀箔で月輪を表現した、八雲白檀仕上げになっています。ガラスと金箔・銀箔、そして八雲塗技法を融合させた、ユニークな作品です。

ガラスの透明感を活かすため、中から金箔が透けて見える工夫が施されています。また、手に馴染む独特のフォルムで、どこか温かみを感じることができます。金箔が華やかでありながら、華美になりすぎない和モダンな片口です。

八雲塗やま本
【八雲塗】八雲白檀びいどろ 片口 日輪・月輪

この商品をもっと詳しく見てみる

金属なのに人の暖かみがある
天明鋳物の最後の後継者が作る片口

【天明鋳物】錫製 蓮(片口)

平安時代から1000年続く「天明鋳物」の、最後の後継者・正田忠雄が作る錫製の片口です。どの酒器も手作業でひとつひとつ表情を付けているため、唯一無二の作品です。錫は、抗菌・殺菌作用、耐久性もあり、実はエコな素材でもあります。

蓮の花びらを思わせるフォルムが特徴的な、こちらの片口。お酒を注ぐと、蓮の上に落ちた水滴が流れ落ちるかのような、幻想的な雰囲気を演出してくれます。

鋳金工房 このはずく / 正田忠雄
【天明鋳物】錫製 蓮(片口)

この商品をもっと詳しく見てみる

ハレの日の贈り物や、結婚祝いにピッタリ
縁起の良い富士山シリーズの片口

【大阪浪華錫器】富士山シリーズ 片口

富士山をモチーフにした、縁起の良い錫製の片口。江戸時代後期に京都から普及した京錫にルーツを持つ、老舗錫器メーカー「大阪錫器」が作る逸品。錫は、錆びにくく変色しにくい金属で、お手入れ次第で光沢が長く続きます。

実用面で優れているだけではなく、錫には飲み物をまろやかにしてくれる効果があるため、お酒の美味しさが引き立ちます。陶器などに比べると、熱伝導率が非常に良いため、燗や冷酒の酒器に最適です。5色展開なので、お好きな富士山を選んで、お酒の席を華やかに演出しましょう。

【大阪浪華錫器】富士山シリーズ 片口

この商品をもっと詳しく見てみる

大切な人と至極の晩酌タイムを!
おすすめの片口セット

せっかくなら、片口とお揃いのおちょこやぐい呑で日本酒を楽しみたいという方もいるでしょう。

そんな方は、是非こちらを参考にしてみてください。

受賞歴多数の実力派作家夫婦
カジュアルに日本酒を楽しめる片口セット

【吹きガラス】酒器3点セット Cocochi

「ガラス工房 Izumo」は、作家・川辺雅規氏と作家・かわなべかおり氏のご夫婦が営む工房です。夫婦であれど二人の作風は全く異なり、ときに良き理解者、そしてライバルとして、お互いに切磋琢磨しながら日々作品作りをしています。

吹きガラスで作られた、片口とぐい呑のセット。雲海を思わせるような柄を纏い、中を覗くと、そこには金箔が浮いているように見えるサプライズになっています。普段使いから、ギフトとしても喜ばれるアイテムです。

ガラス工房Izumo
【吹きガラス】酒器3点セット Cocochi

この商品をもっと詳しく見てみる

シンプルなデザインを求めている方へ
木製漆塗りの片口セット

【八雲塗】酒器3点セット 千筋背高片口(内曙) 春秋 ぐい呑

木製漆塗りの強みは、冷酒から熱燗まで順応に対応できること。保温性が高く冷めにくいので、ゆっくり自分のペースで日本酒を楽しむことができます。シンプルなデザインだからこそ、クオリティの高さが分かる商品。使うほどに、漆の透明度が変化していくのは、漆製品の魅力です。

おちょこはショットグラスとしても使え、中国茶や漢方などを飲む器としても使うことができます。木製漆塗りならではの、手に伝わるほんのりとした温もりは、使っていて癒やされます。

八雲塗やま本
【八雲塗】酒器3点セット 千筋背高片口(内曙) 春秋 ぐい呑

この商品をもっと詳しく見てみる

特別な日本酒と共に使いたい
高級感溢れる片口セット

【高岡銅器】片口 - 大 & ぐい呑 2ヶセット (桐箱入)

こちらは、錫100%のスタイリッシュな片口。お揃いのぐい呑とセットになっています。錫は水の雑味を除き、まろやかな味わいにするといわれています。片口に注ぐことでお酒の雑味が抜け、より一層お酒の美味しさが引き立ちます。

たっぷり280cc入るので、グイグイとお酒を楽しむ方でも、満足出来る大きさなのがうれしいですね。ひとつひとつ職人が手作業で仕上げた錫の片口は、柔らかで手に馴染みます。こちらは、電子レンジにかけるのはNGなため、熱燗を飲むときは日本酒をお好みの温度に温めてから片口に注ぎましょう。

能作
【高岡銅器】片口 – 大 & ぐい呑 2ヶセット (桐箱入)

この商品をもっと詳しく見てみる

【BECOS】その他の片口・片口セットはコチラ!

その他の片口・片口セットを見てみる

職人技で仕上げるBECOSのラッピングサービス

【BECOS】かわいいモダンなラッピング

最高級の素材を使い、魅せることにこだわった職人技が光るラッピング技術。「花が開くように」計算しつくされた技術は、包装紙を解くときに心が踊ること間違いなしです。あなたの想いを大切な人へ届けてくれるプラスアルファのラッピングサービスは、人生の大切なシーンや特別なプレゼントを、より一層引き立ててくれます。

慶事・弔事の熨斗や様々なシーンでのマナーなど、贈り物に関してわからないことは、BECOSのコンシェルジュにぜひ相談してください。コンシェルジュが、最適なアドバイスをお伝えします!

【BECOS】かわいいモダンなラッピング

この商品をもっと詳しく見てみる

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア BECOS

MADE IN JAPAN 限定

オンラインストア

BECOS

まとめ

日本人にとって神聖な場でも使われる日本酒は、特別なお酒。

杜氏が丹念に磨き上げた日本酒は、口に運ぶそのときまで五感で堪能したいものです。

片口は日本酒の持つ香りや味わいを、最大限に引き出してくれる名脇役です。

また、その美しい形や色合い、模様は目をも楽しませ、酒席のひとときをより忘れられないものにしてくれます。

大切なパートナーや、気の置けない友人たちとの幸せな一献に、是非お気に入りの片口を見つけてみてください。

\ BECOS編集部が厳選 /

伝統工芸品おすすめランキング発表

\ BECOS編集部が厳選 /

伝統工芸品おすすめ
ランキング発表

目次
閉じる