漆器とは何か?特徴や作り方・歴史を知る【現代の課題やモダンな商品も紹介】

漆器は世界の人から称賛され、英語で「japan」とも呼ばれる日本を代表する素晴らしい伝統工芸品です。今回は、漆器とはどんなものかを、特徴や作り方、歴史をとおして見ていきます。また、現代のライフスタイルにぜひ取り入れたいモダンな漆器のおすすめ商品もご紹介するので、漆器に興味がある方はぜひ最後までご覧になってくださいね!

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器とは?

「漆器」とは、漆を塗った器や道具のこと。カシュー塗装やウレタン塗装のものも含めて漆器と呼ぶ場合もありますが、これらは合成漆器に分類されるもので、伝統的な漆器には天然の漆が使われています。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器に塗る漆とは何か

東アジアから東南アジアに生育するウルシの木には、人の血液のように、傷がつくと乳白色の樹液を出して固まり、傷を保護する性質があります。漆とはこの樹液のことで、固まると優れた機能性を発揮することから、塗料や接着剤として古くから人々の生活に活用されてきました。

漆を採取する技術を漆掻き(うるしかき)といいますが、6月ごろに木に傷を付け、10月ごろまでかけてにじみ出た樹液を採取します。採取後は木が枯れてしまうためその年に伐採することになりますが、15年~20年育てたウルシの木一本からわずか200gほど、汁椀を数個作る分しか取ることができない貴重な天然樹脂です。しかし、その機能性は高く、今も漆を上回る合成塗料はないとも言われています。

ろ過してごみを取り除いただけの「生漆」、熱を加え水分を少なくした「透き漆」、透き漆に顔料などを混ぜた「色漆」など用途に応じて使い分けられます。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器が持つ魅力とは

耐久性

漆は一度固まると塩酸や硫酸でも溶けないくらい強固で、金属をもくっつけてしまう高い接着力で金継ぎにも使われます。漆で塗装された漆器は酸のほかアルカリ、アルコール、塩分にも強く、耐久性に優れていることが特徴です。

また、漆を塗り重ねるほどに頑丈になるほか、万が一欠けてしまっても塗り直して修理することもでき長く使用できます。

耐水性

漆は固まると、水をはじく皮膜を作ります。漆器といえば木材を素材とした汁椀なども定番ですが、汁物も安心して入れることができます。

断熱性

漆は熱を伝えにくい性質を持っています。漆器の器に熱いものを入れても無理なく持つことができるほか、あたたかいものはあたたかいまま、冷たいものは冷たいまま温度をキープできるのも魅力です。

抗菌作用

漆の抗菌作用については古くから多くの言い伝えがありますが、近年さまざまな試験検証で漆の抗菌作用が科学的に実証されています。たとえば、京都漆器工芸協同組合が行なった調査では、漆コーティングしたプラスチックに大腸菌やMRSA(黄色ブドウ球菌)、サルモネラ、腸炎ビブリオを放置したところ、24時間後にはゼロになったという調査結果が得られたそう。

赤ちゃんや小さい子どもが使う食器など、衛生面に気をつけたいときに活用するのもよさそうですね。

参照元:京都漆器工芸協同組合|抗菌試験検査報告書

美しい見た目にも注目

漆は機能性を高めるだけではありません。漆を塗ることで生まれる上品な艶も漆器の魅力のひとつ。また、使い込むほどに美しい光沢が生まれ、味わいが増すのも特徴です。色漆や金箔などで飾りを施す「加飾」も行なわれ、その芸術的な美しさで日本文化を彩ってきました。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器を扱う際の注意点

漆器の特性として、極度の乾燥や湿気、急激な温度変化に弱いことがあげられます。また、漆が剥げてしまわないよう、ていねいに扱う必要があります。そうしたことから漆器は扱いにくいというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、少しコツを押さてじょうずに取り入れれば、優れた機能性と美しさでくらしを豊かにしてくれるでしょう。

漆器を扱う際は、以下のような点に注意するといいですね。

  • 白く変色する原因になるため、沸騰したてのものは入れない。
  • 電子レンジは使用不可。
  • あまり長時間水に浸けたまま放置しない。
  • 漆がはげないようやわらかいスポンジで洗う。
  • 長持ちさせるには自然乾燥よりも布巾で拭く方がおすすめ。
  • 食洗機や乾燥機は使用しない。
  • 紫外線には強くないため、保管の際は直射日光を避ける。
BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器の作り方

つぎは、漆器がどうやって作られるのかを見ていきましょう。漆器の作り方を知ると、高度な技で手間暇かけて作られる素晴らしい工芸品であることが分かり、ますます価値を感じられるようになりますよ。漆器作りには、大きく分けて「木地作り」、「下地塗り」、「中塗り・上塗り」、「加飾」という4つの工程があります。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器作りの工程1
木地作り

まずは、「木地作り」という形を作る工程からスタートします。漆器の素材としておもに使われるのは木材。ヒノキやケヤキ、キリなどがよく使われます。加工にはろくろで回転させて刃物で削る方法や、板状に仕上げた木を組み合わせる方法、帯状の木を輪にして組み合わせる方法、ノミでくり抜く方法などがあり、「木地師」と呼ばれる専門の職人が、何を作るかに応じてさまざまな技で成形します。

木製品のイメージが強い漆器ですが、素材は天然木だけではありません。木粉と合成樹脂で作る加工品やプラスチックなどの合成樹脂、金属や陶磁器などさまざまな素材が使われます。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器作りの工程2
下地塗り

丈夫な下地を作る「下地塗り」は、製品の品質を左右する重要な工程です。木地を強くするため作品の素材全体にヘラやハケで生漆を塗るほか、木地のもろい部分を麻布で補強する「布着せ」という技や、木の粉や地の粉(焼いた粘土や瓦を粉にしたもの)を混ぜた漆を塗るといった手法が用いられます。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器作りの工程3
中塗り・上塗り

下地作業のあとに行なわれるのが「中塗り」と呼ばれる工程。下地を塗ったうえから透き漆や色漆を塗り、乾いたら研ぐ作業を数回くり返して美しい表面に整えていきます。漆は水分が蒸発して乾くのではなく、成分に含まれる酵素が活性化することで固まる性質を持つため、乾燥には漆が乾きやすい温度と湿度を保った「漆風呂」と呼ばれる部屋が使用されます。

塗りの仕上げの工程が「上塗り」。ほこりやハケの跡が付かないよう細心の注意が必要な作業です。塗ったままで仕上げる場合もあれば、磨いて仕上げる場合もあります。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器作りの工程3
加飾

漆の塗りはそのままでも上品で美しい仕上がりですが、色漆や金箔などで装飾を施す「加飾」とよばれる技法もあり、漆器は華やかに装飾されていきます。加飾にはさまざまな技法がありますが、いくつか代表的なものを見ていきましょう。

蒔絵(まきえ)

「蒔絵(まきえ)」とは、細い筆を使って漆で模様や絵を描いたあと、漆が固まらないうちに上から金・銀・錫(すず)の粉をまいて定着させる技法。蒔絵は、日本独自に発達した漆芸の代表的な技法で、1200年ほど前から行われていると言われています。

漆の地色から描いた模様が浮かぶ上がる様が美しく、400年以上前からヨーロッパなどにたくさん輸出されてきました。今も海外で「Maki-e(まきえ)」と呼ばれています。

沈金(ちんきん)

「沈金(ちんきん)」とは、漆を塗ったあと刃物などで模様を彫り、彫った溝に金箔やこまかい金粉をすり込む技法。繊細な模様を表現できます。600年ほど前に中国大陸から伝わったとされる技法です。

銀を使ったものを「沈銀」、朱の色を入れたものを「沈朱(ちんしゅ)」といいます。

螺鈿(らでん)

「螺鈿(らでん)」とは、貝を使って模様を付ける技法。1300年ほど前に中国大陸から伝わったとされています。アワビや夜光貝、白蝶貝などの貝の輝いた部分を薄くして使用。仕上げた漆器の表面に模様を彫って貝をはめ込んだり、貝の裏に漆を塗って貼り付けたりします。貝の輝きと漆の色の組み合わせが魅力。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

漆器の歴史を知る

漆という優れた天然の塗料で作られる漆器は、古くから日本人のくらしに欠かせない道具として使われてきました。漆器がいつから日本で使われはじめ、どのように発展してきたのか漆器の歴史を見ていきましょう。

日本の漆器文化はなんと縄文時代から!

漆器の歴史は古く、縄文時代にさかのぼります。接着剤としては石器時代から使用されていたようですが、9000年前の縄文遺跡から赤い漆が塗られた装飾品が出土していることなどから、塗料としての使用は縄文時代にスタートしたと考えられてます。

漆器は日本以外でも見られ、ウルシの木や漆器の技術は中国から伝来したと考えられてきました。しかし、福井県若狭町の鳥浜貝塚から約1万2600年前のウルシの木片が出土したことなどから、ウルシの木はもともと日本に自生していて、漆器などの漆文化も日本独自のものという説も浮上しています。

飛鳥時代・奈良時代には多様な漆芸の技が伝来

飛鳥時代・奈良時代ごろになると、大陸からさまざまな漆芸の技が伝わりました。塗料として単純に塗るだけでなく、漆の特性を活かした複雑な漆器の技術でさまざまな造形が作られ、時代の文化を支えたようです。

飛鳥時代には、仏教が伝来。漆は寺院や仏像、仏具の装飾に用いられるようになりました。法隆寺が所蔵する飛鳥時代を代表する工芸品「玉虫厨子(たまむしのずし)」にも漆を用いた漆絵が描かれています。

また、奈良時代には大陸から伝わった「脱活乾漆 (だっかつかんしつ)」という技法で多くの仏像が作られました。これは麻布を漆で貼り重ねて成形する技法で、有名な興福寺の「阿修羅像」も脱活乾漆で作られています。

平安・鎌倉・室町時代には漆器の技術がますます発展

平安時代になると、蒔絵や螺鈿で華やかに装飾された漆器の調度品が貴族のくらしを飾るようになりました。平安時代末期に建立された「中尊寺金色堂」のお堂にも、全体に蒔絵や螺鈿が施されていてます。

鎌倉時代には、僧侶が日常的に使う器や、兜や鎧など武士の武具にも朱漆や黒漆で装飾が施されるようになりました。このころ誕生したとされる技術で有名なのが「根来塗(ねごろぬり)」。和歌山県岩出市にある根来寺の僧がはじめたとされる技法ですが、黒漆を下塗りした上に朱漆を重ねることで、使い込むうちに上の朱漆が摩耗して黒漆が表面に表れるさまが今も珍重されています。

室町時代は、幕府主導で対明貿易が行われていた時代。中国漆器をまねて鎌倉彫が生まれたり、沈金の技法が発達したりと技術が発展しました。また、蒔絵の技術もさらに精巧になるなど、この時代にほぼすべての技法が出そろったと言われていて、いくつもの技法を組み合わせた複雑なデザインの漆器が見られるようになります。

漆器が庶民に広まり各地で作られた江戸時代

戦が少なかった江戸時代は、さまざまな文化が花開いたとされる時代。多くの芸術家が登場し作品を残したほか、漆器が庶民にも広まっていきました

また、日本各地で藩が漆器の産業育成に力を入れ、各地で特色ある漆器が作られるように。現在も地域が誇る伝統の技として受け継がれ、石川県の「輪島塗」や青森県の「津軽塗」など23品目の漆器が国の伝統的工芸品に指定されています。

現代の漆器が抱える課題

明治時代以降、漆器はヨーロッパの博覧会に出品されるなど、日本の代表的な工芸品として世界で認められる一方、近代化によって衰退し、漆器の需要も減少してしまいました。現在はほかの工芸品と同様に、後継者不足などの課題に直面しています。

また、漆器に欠かせない漆も、現在は90%以上を海外からの輸入品に頼っているのが現状です。わずかに生産される国内産漆は、おもに文化財や伝統建築物などの補修に使用されていて、日本産漆の存続も課題になっています。

モダンな漆器のアイテムにも注目!

塗料としての優れた機能と、歴史の中で進化してきた美しいデザインで、日本文化に深くかかわりながら人々のくらしを彩ってきた漆器。現在は私たちのくらしからやや遠ざかりつつありますが、このまま衰退させてしまうのはもったいない素晴らしい文化です。また、漆器作りが行なわれている各地域の若い職人さんたちを中心に、漆文化を未来に引き継ぐ新しい取り組みも行われています。

ガラスを素材にした漆器
扱いやすく美しい!

丸嘉小坂漆器店 千重菊 薄作りボウル

長野県で400年ほど前から作られている「木曽漆器」。木曾ヒノキなど地元でとれる木材を使用したものが一般的ですが、現在の木曽漆器の衰退は漆器の扱いにくさに原因があると考えた丸嘉小坂漆器店が試行錯誤のうえ完成させたのが、漆とガラスのコラボレーション。漆をガラスの外側だけに塗ることで、金属製のカトラリーも気軽に使用でき、油ものもより気軽に盛りつけることができます。

こちらは薄いガラスの器に漆で装飾を施した一点。外に塗った漆がガラスの内側からも透けて見え、美しい色合いと模様が料理を引き立ます。また、光があたると漆で描かれた菊がテーブルに影を落とす様も見事!食卓を華やかに演出してくれますよ。

丸嘉小坂漆器店
千重菊 薄作りボウル

この商品をもっと詳しく見てみる

現代的なアイテムを漆器で展開
インパクト大!他人と差がつく名刺入れ

匠市 土直漆器 うるしの名刺入れ VYAC CARD CASE 矢絣

古墳時代末期から福井県鯖江市周辺で作られてきた「越前漆器」。漆を塗り重ねて生まれる上品な艶と堅牢な下地作りに定評があり、「沈金」や「蒔絵」などの加飾技法も取り入れながら発展してきました。福井県の伝統工芸の若手職人を集めたブランド「匠市」では、歴史ある越前漆器の伝統文化を守るため、時代のニーズに合うモダンな漆器を展開しています。

漆による艶と飴色の輝きが印象的な名刺入れ。「白檀塗(びゃくだんぬり)」という伝統技法が用いられていて、使っているうちに蒔絵で描かれた絵柄がゆっくりと浮かび上がってくる特別な一品です。こだわりが感じられるおしゃれなアイテムで、ビジネスシーンでの話題作りにも一役買ってくれそうですね。耐久性にも優れ、長く愛用できますよ。

匠市
土直漆器 うるしの名刺入れ VYAC CARD CASE 矢絣

この商品をもっと詳しく見てみる

日本が誇る素晴らしい漆器をくらしに取り入れよう!

歴史のなかで育まれてきた匠の技で作られ、機能的で美しい漆器は、日本が誇るべき素晴らしい工芸品です。現代のライフスタイルにもマッチするものもたくさん作られているので、ぜひくらしのなかに上手に取り入れてみてくださいね!