プレゼントにおすすめの有田焼のモダンな茶碗10選

Journal編集長
Journal編集長

海外でも人気の日本の焼き物「有田焼」日本有数の焼き物の産地として有名ですよね。今回は、プレゼントにおすすめのモダンでおしゃれな有田焼の茶碗を紹介したいなと思います!

有田焼は佐賀県有田町とその周辺地域で作られている伝統工芸品です。

暮らしと食卓をぜいたくに彩ってくれる美しい食器は贈り物にも最適。

有田焼についてもっと知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事:「有田焼」の特徴~歴史やマイセン窯との関係も紹介!

有田焼の歴史

日本で初めて陶器が作られたのは今から400年以上前のこと。

1616年に朝鮮の陶工・李参平が技術を持ち込んだことが始まりです。

佐賀県の有田町泉山地区で陶磁器の原料となる陶石が発見され、日本初の磁器が作られました。

以来有田焼として親しまれる食器や美術工芸品を中心としたものづくりの技術は、職人の手により今日まで受け継がれてきています。

なめらかで繊細な手触りと美しい着色は、国内のみならず海外の人たちからも高い評価を得ています。

有田焼のモダンな茶碗10選

【有田焼】2016/ ポーリーン デルトゥア ボウル 120 (ホワイト)

>【有田焼】2016/ ポーリーン デルトゥア ボウル 120 (ホワイト)をもっと詳しく見てみる。

価格:3,100円(税抜)

有田焼の創業400年を記念して、16人のデザイナーによりつくられた新しい「有田焼」のブランド2016/のボウルです。

丸みがある可愛らしいデザインで、お茶碗としてもスープのカップなどとしても使うことができます。

白い透き通るような色が魅力で、洋食にも和食にも合うデザインです。

>【有田焼】2016/ ポーリーン デルトゥア ボウル 120 (ホワイト)をもっと詳しく見てみる。

【有田焼】2016/ タフ ボウル 130 (ブルー)

 

>【有田焼】2016/ タフ ボウル 130 (ブルー)をもっと詳しく見てみる

価格:1,800円(税抜)

ポーリーン デルトゥアのボウルと同じく有田焼のブランド「2016/」のボウルです。ボウルですが、そこに「高台」がついており手で持ちやすくなっています。

シックな色合いでご飯の白さがより引き立つようなデザインになっています。

直径が13cmと小ぶりなので、ちょっとしたスープ入れとしても重宝します。

>【有田焼】2016/ タフ ボウル 130 (ブルー)をもっと詳しく見てみる

象嵌 飯碗 黒呉須(KIHARA)

>象嵌 飯碗 黒呉須(KIHARA)をもっと詳しく見てみる。

価格 : 1,944円 (税込)

象嵌とは、針で削り落とした凹の部分に呉須と呼ばれる顔料を埋め込む有田焼の伝統的な技法のひとつです。

高台が小さいため、持ちやすく滑りにくい作りとなっています。

赤呉須・黒呉須の2色のカラー展開があるので、ご夫婦で色違いをそろえるのもおすすめです。

>象嵌 飯碗 黒呉須(KIHARA)をもっと詳しく見てみる。

飯碗 呉須千段(1枚)KIHARA

>飯碗 呉須千段(1枚)KIHARAをもっと詳しく見てみる。

価格:1,944 円(税込)

食事の時間が楽しみになるようなデザイン性と伝統を融合させた飯碗。

底に行くほど角度が急になるフォルムによって、他にはない持ちやすさと手馴染みの良さを実現しています。

>飯碗 呉須千段(1枚)KIHARAをもっと詳しく見てみる。

GOTSUWAN 青釉流し 橋本夕紀夫

GOTSUWAN 青釉流し 橋本夕紀夫

>GOTSUWAN 青釉流し 橋本夕紀夫をもっと詳しく見てみる。

価格:2,160円 (税込)

ちょっといびつな中に人間味と暖かさを見出すことをコンセプトとした、橋本夕紀夫氏デザインのGOTSUWANシリーズ。

ごつごつした見た目と手触りが特徴の個性的な器です。

手作りの心地よさを改めて実感させてくれる商品となっています。

>GOTSUWAN 青釉流し 橋本夕紀夫をもっと詳しく見てみる。

丸紋繋ぎ 飯碗 小/大(大日窯)

>丸紋繋ぎ 飯碗 小/大(大日窯)をもっと詳しく見てみる。

価格:2,700 円(税込)

1958年に初代・久保英雄氏によって開窯した大日窯は、初期伊万里をベースとし、素朴な形と温かくシンプルな絵柄を中心に制作を続けています。

絵付けはすべて職人の手描きによるもの。

代々受け継がれる技術が光る商品です。

>丸紋繋ぎ 飯碗 小/大(大日窯)をもっと詳しく見てみる。

青白磁花彫【飯椀】(賞美堂本店)

青白磁花彫【飯椀】(賞美堂本店)

>青白磁花彫【飯椀】(賞美堂本店)をもっと詳しく見てみる。

価格:3,240円(税込)

「時代をこえて美しく」というテーマを掲げる賞美堂本店。

伝統である有田焼を、今日の生活様式のさまざまなシーンで使用できるように演出し提案しています。

こちらの商品では上品でまっさらな白磁の上に蘭の花が淡い色味で描かれています。

時間と手間をかけて作られた高級な仕上がりの器です。

>青白磁花彫【飯椀】(賞美堂本店)をもっと詳しく見てみる。

うすルリ唐草 飯碗 (香蘭社)

うすルリ唐草 飯碗 (香蘭社)

>うすルリ唐草 飯碗 (香蘭社)をもっと詳しく見てみる。

価格: 3,240円(税込)

香蘭社独自のルリ色を基調に、唐草模様がシルエットとして浮き上がるデザイン性の高い飯碗です。

鮮やかな色味はご飯の白を美しく引き立ててくれるでしょう。

すっきりと持ちやすいフォルムも人気の理由です。

>うすルリ唐草 飯碗 (香蘭社)をもっと詳しく見てみる。

丸茶わん S TAKOKARAKUSA しん窯 青花

丸茶わん S TAKOKARAKUSA しん窯 青花

>丸茶わん S TAKOKARAKUSA しん窯 青花をもっと詳しく見てみる。

価格:¥3,240 (税込)

有田焼の窯元しん窯は、1830年に鍋島藩の指導のもと築かれ、「器との語らい、器は人なり」を信条に伝統の技術を守り続けています。

熟練の絵付師が昔ながらの方法で絵付けをする器は、温かく飽きの来ないシンプルさが魅力です。

>丸茶わん S TAKOKARAKUSA しん窯 青花をもっと詳しく見てみる。

錦金彩稲穂絵ご飯茶碗 陶芸作家 藤井錦彩 作

>染錦金彩稲穂絵ご飯茶碗 陶芸作家 藤井錦彩 作をもっと詳しく見てみる。

価格:税込 5,000 円

五穀豊穣を願う稲穂を外面、内面の両方に描いた器。

陶芸作家・藤井錦彩氏は、有田焼の伝統と現代感覚を調和させた独自の作風で制作を続けています。

金彩とは有田焼の伝統技法のひとつです。

染付けの上に釉薬をかけ1300度で焼成を行い、その上に金を使い模様を付け装飾を施します。

デザイン性と技術に裏打ちされた格式高い商品です。

>染錦金彩稲穂絵ご飯茶碗 陶芸作家 藤井錦彩 作をもっと詳しく見てみる。

まとめ

伝統的に受け継がれてきた焼き物の技術は、400年という時を超えて現代の生活に寄り添う形へと変化を続けてきました。

職人の手仕事によって作られた美しくも温かみのある器は、人々の食卓を華やかに演出してくれます。

大切な人への贈り物に、ご家族の絆の象徴として、暮らしを彩る有田焼の器を手に取ってみてください。