プレゼントにおすすめの江戸切子のグラス5選

Journal編集長
Journal編集長

プレゼントを贈るなら、毎日の生活の中で愛用してもらえる人気の伝統工芸品「江戸切子のグラス」がおすすめです。今回はおすすめの江戸切子のグラスを紹介したいと思います。

日本の伝統文化である江戸切子というと、赤や青で決まったデザインのモノしかないと思っている人も多いかもしれませんね。

でも今では「こんな江戸切子もあるの!?」とびっくりするような、おしゃれでシンプルモダンな作品が人気ですよ。

高級品でもある江戸切子の魅力を日常的に楽しめる、プレゼントにおすすめのグラスを厳選して紹介します。

江戸切子のグラスの選び方

江戸切子は硝子の表面をカットして、美しい紋様を施したカットグラスのことです。

しかし正式な江戸切子は「江戸切子協同組合」が認定した製品だけです。伝統工芸品の中でも特に人気の江戸切子は偽物も多くありますので注意が必要です。

作られる地域も江東区を中心とした関東一円に定められ、手作業であること、回転道具を使用してつくられたものと決められています。

そんな基本を踏まえたうえで、江戸切子のグラスの選び方のポイントを見ていきましょう。

クリスタル素材とソーダ素材の特徴を知ろう

江戸切子の素材には、クリスタルガラスとソーダガラスの2種類があります。

ソーダガラス

一般的な硝子コップや食器などに使われるソーダガラスは「並生地」とも呼ばれ、固くて丈夫で比較的安価なのが特徴です。

クリスタルガラス

ソーダグラスに比べ価格は高くなりますが、プレゼントに選ぶなら抜群の透明度と重厚感があるクリスタルガラス製の江戸切子のグラスがおすすめ。

カランと氷がグラスに触れる音が美しいのもクリスタルガラスです。

ソーダガラスに比べると丈夫さでは劣りますが、精度の高い細やかな紋様を刻みやすいというメリットがあります。

目にも美しい高級グラスの定番素材はクリスタルガラスと言えます。

おしゃれなデザインを選ぶ

江戸切子のグラス選びで最も気になるのは、その紋様です。

伝統的なデザインとして「魚子(ななこ)・麻の葉・菊つなぎ・四角籠目・六角籠目・八角籠目・矢来・菊花・亀甲・七宝」などがあります。

プレゼントとして選ぶなら、伝統的な紋様をベースに現代風にアレンジしたものや、デザイナーや作家が独自に生み出す、全く新しいおしゃれなデザインの江戸切子のグラスが喜ばれるでしょう。

江戸切子のデザインや歴史などについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も見てみてください。

>人気のガラス細工「江戸切子」とは~歴史やブランド、体験できる場所を紹介~

プレゼントにおすすめの江戸切子のグラス5選

江戸切子は、その美しさから世界的な人気を誇る伝統工芸となりました。

しかし安価なニセモノも多く出回っています。

プレゼントするなら江戸切子として胸を張って贈ることのできる、職人が丁寧に手作りした逸品を選ぶことが大切です。

おしゃれでセンスにうるさい人も思わずうなる、おすすめの江戸切子を5つ紹介します。

【Haku硝子】amber

>【Haku硝子】amberをもっと詳しく見てみる。

一見、江戸切子ではないのでは?と思ってしまうような斬新なデザイン。

そんなグラスを生み出したのは、2010年に独立した江戸切子の新星、三田村義弘さんのブランドHaku硝子です。

大胆なまでのザクザクとしたカッティングは木々をあらわし、その間からこぼれるふんわりとした木漏れ日は繊細なラインで描かれています。

江戸切子らしい鮮やかで澄んだ青色に斬新なデザインがコラボしたグラスで、いつものお酒も一味違った味わいが楽しめそうです。

  • サイズ:直径80×高さ90mm
  • 素材:クリスタルガラス
  • 価格:32,400円
  • ブランド:Haku硝子

>【Haku硝子】amberをもっと詳しく見てみる。

【堀口切子】緑被万華鏡ロックグラス(みどりぎせまんげきょう)

【堀口切子】緑被万華鏡ロックグラス(みどりぎせまんげきょう)

>【堀口切子】緑被万華鏡ロックグラス(みどりぎせまんげきょう)をもっと詳しく見てみる。

このグラスを底から見てみると、まるで万華鏡のような切子模様が刻まれています。

ハッキリとした色味の多い江戸切子には珍しい、淡く青みがかったやわらかな緑色は、透明のクリスタルガラスの美しさをさらに引き立てています。

色の部分よりもカットされた透明な面が多いため、そのまま見たときと氷を入れてお酒を注いだときでは全く別の顔が楽しめます。

重厚感がありながら、持ちやすい設計で快適な飲み心地です。

その人なりの自由な使い方で楽しんでほしい、個性あふれる江戸切子グラスです。

  • サイズ:直径84×高さ91mm/約200ml
  • 素材:クリスタルガラス
  • 価格:54,000円
  • ブランド:株式会社堀口硝子

>【堀口切子】緑被万華鏡ロックグラス(みどりぎせまんげきょう)をもっと詳しく見てみる。

【KUROKO】タマイチマツ オールド TAMAICHIMSATSU OLD

【KUROKO】タマイチマツ オールド TAMAICHIMSATSU OLD

>【KUROKO】タマイチマツ オールド TAMAICHIMSATSU OLDをもっと詳しく見てみる。

クールでスタイリッシュだけどどこか温かみを感じさせる、容量タップリのグラスです。

光を通しにくいため、カットすることが難しいと言われている漆黒の硝子が使われています。

シンプルでモダンなデザインは木下信一郎氏によるもの。

植物の細胞を拡大してみるとわかる市松模様のような規則的な線と、その中に一つ一つある玉形の核がモチーフです。

和テイストだけではない、斬新な江戸切子をお探しの方におすすめです。

  • サイズ:直径90×高さ100mm/容量350ml
  • 素材:江戸硝子、色被せ硝子、ソーダ硝子
  • 価格:37,800円
  • ブランド:木本硝子

>【KUROKO】タマイチマツ オールド TAMAICHIMSATSU OLDをもっと詳しく見てみる。

【大場硝子】江戸切子 グラス 万華鏡 金赤

>【大場硝子】江戸切子 グラス 万華鏡 金赤をもっと詳しく見てみる。

グラスの表面がレンズのようにカットされているので、そのまわりや底面の模様が映り込み、まるで万華鏡のような花模様がふんわりと愛らしい江戸切子です。

金を硝子に溶かしてから赤やピンクを発色させて作られる金赤色は、黄色味を少し帯びたような淡く優しい色で、使う人の心も癒します。

あわただしい日常を忘れて、いつもの一杯をじっくりと楽しみたくなるグラスです。

  • サイズ:直径82×高さ90×底55mm
  • 素材:クリスタルガラス
  • 価格:30,000円
  • ブランド:大場硝子

>【大場硝子】江戸切子 グラス 万華鏡 金赤をもっと詳しく見てみる。

【根本硝子工芸】江戸切子 オールド 飛翔 アンバー

>【根本硝子工芸】江戸切子 オールド 飛翔 アンバーをもっと詳しく見てみる。

江戸切子で表現するのが難しいと言われているなめらかな曲線を、見事なまでの美しさでたっぷり描いているグラスです。

アンバーと呼ばれる淡い琥珀色が、全体を優しい雰囲気で包み込み、鳥が羽ばたいて大空を飛んでいく様子(飛翔)がデザインされています。

一つ一つ手磨きで仕上げられるため、表面部分の透明度が高く、どの角度からみてもほれぼれとしてしまうでしょう。

  • サイズ:直径8.3×高さ8.9㎝
  • 価格:48,600円
  • ブランド:根本硝子

>【根本硝子工芸】江戸切子 オールド 飛翔 アンバーをもっと詳しく見てみる。

まとめ

一度その魅力を知ってしまうと、普通のグラスではどこか物足りなく感じてしまうほどの存在感を持っているのが江戸切子です。

個性豊かなカッティングと美しい色使い、手に取ったときの触り心地もそれぞれに違います。

プレゼントを贈りたいあの人のことを思い浮かべながら、イメージに合ったおしゃれな江戸切子グラスを選び、嬉しいサプライズにしてみませんか?

よかったらシェアしてね!