透き通る美しさ!日本のガラス工芸品・ガラス細工一覧

BECOS代表
BECOS代表

毎日の生活の中で、ガラスは身近なものですよね。日本もガラス工芸品ととても深い歴史があります。日本のガラス工芸品はとてもシンプルでありながらも、とても上品で美しいのが特徴です。

職人によって丁寧に仕上げられるガラス工芸品はそれぞれにユニークな魅力がありますが、どれも透き通る美しさが目を引きます。

ここでは代表的な日本のガラス工芸品・ガラス細工を詳しく紹介していきます。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

日本のガラス工芸の歴史

日本で発見された最も古いガラスは弥生時代に起源します。このガラスが日本で作られたものなのか、または輸入されたものなのかは今でも明らかではありません。

しかし、弥生時代後期の遺跡からガラス炉が発見されており、遅くとも、2000年前頃から日本でもガラスが製造されていたことが明らかになりました。

その後もガラスの製造は奈良時代まで続きましたが、平安時代に陶器の発展とともにガラスの製造は衰退してしまいました。そのため、日本のガラス製造が発展しないまま、長い年月が経ってしまいました。

しかし、フランシスコ・ザビエルなどが日本を訪れた16世紀に、西欧からガラス工芸品が伝わってきたことをきっかけに、日本でもガラスが再び製造されるようになりました。

その後もガラスの製造は続きましたが、日本のガラス工芸品やガラス細工が急激に発展したのは江戸時代ごろでした。江戸時代の日本のガラスは非常に割れやすく、ガラス容器としてではなく、遊び道具や飾り物として使われていました。

現在でもみられる美しいガラスの模様なども、この時代に定着した「ガラスは飾り」という観念の名残なのかもしれませんね。

しかし美しい日本のガラスは、洋式ガラスの輸入により、またもや衰退してしまいます。現在でも日本のガラス工芸品・ガラス細工の職人は減り続け、大きな問題となっています。

いつか、美しい日本の伝統工芸品を楽しめなくなる時代が来るかもしれないと考えるとても残念ですよね。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

ガラス工芸の技法紹介

ガラス工芸の技法は主にホットワークとコールドワークの2つの技法に分類することが可能です。

同じ日本のガラス工芸品・ガラス細工でも用いられている技法は異なり、特徴も大きく異なります。

ここでは、ホットワークとコールドワークについて詳しく解説していきます。

ホットワーク

ガラスは熱を加えると溶け、冷やすと固まる性質があります。この性質を利用してガラス工芸を仕上げるのがホットワークです。

ホットワークとは溶かしたガラスを耐熱性の型に流し込んで鋳造する技法で、日本のガラス工芸品のひとつである琉球ガラスの製造にも用いられています。

吹きガラスは型を用いませんが、ガラスを溶かすことから、ホットワークに分類されています。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

コールドワーク

コールドワークはガラスが冷めた状態で加工する技法のことをいいます。

コールドワークでは細かいガラスを接合して、仕上げるのが特徴です。

カットワークはガラスのデザイン性や美しさを高めるために用いられることが多く、江戸切子ガラスなどに用いられています。

ガラス工芸・ガラス細工一覧

日本のガラス工芸・ガラス細工にはたくさんの種類があります。

ガラス工芸・ガラス細工は発展した地方や、用いられている技法によって種類が分けられており、それぞれにユニークな魅力があります。

ここでは日本の代表的なガラス工芸・ガラス細工について詳しく解説し、それぞれの魅力を紹介していきます。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

江戸切子

切子とはガラスの表面をカットしていく技術のことです。切子の技術はヨーロッパから伝わってきました。

初めてカットグラスが日本で製造されたのは、天保5年でした。江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が金鋼砂を用いてガラスの表面に彫刻したのです。

その後、英国からやってきたエマニエル・ホーブトマン氏から指導を受け、現在でも知られる江戸切子の伝統的ガラス工業が確立したのです。

江戸切子によって製造されて工芸品は表面に美しい模様の切り込みがあり、和食器やテーブルウェアに用いられています。

また、ほんのりとした色が付いているものもあり、細部まで完璧に仕上げられた美しいガラス工芸品を楽しむことができます。

江戸硝子

江戸硝子は一つ一つが手作業で丁寧に仕上げられる日本の伝統的なガラス工芸・ガラス細工です。

江戸硝子はホットワークを用いて製造されており、ガラスを溶かして型に流し込んだ後に徐々に冷やすことで固めます。徐々に冷やすことから、非常に耐久性の高い仕上がりになります。

江戸硝子は現在でも全て手作業で仕上げているため、デザインが全く同じである品が存在しないのが魅力です。また、非常に透明度が高いので、高級感が感じられます。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

津軽びいどろ

津軽びいどろは青森県で製造されているガラス工芸・ガラス細工です。

津軽びいどろは陸奧湾の漁業に使用されている用浮玉の製法を用いて製造されており、県の伝統工芸品に登録されています。津軽びいどろは宙吹きの技法が使用されており、非常にしなやかな仕上がりとなります。

もともとは緑褐色が特徴でしたが、現在ではその他の美しい色の津軽びいどろもあり、様々な色を楽しむことができるのがいいですね。

薩摩切子

薩摩切子は鹿児島県で製造されている日本のガラス工芸・ガラス細工です。薩摩切子は長崎から伝わった外国のガラスと江戸切子の技術を応用しながら確定しました。

薩摩切子は薩摩藩によって作られ、その当時は非常に先進的なガラスであることから、たくさんの人に愛用されていました。

薩摩切子は江戸切子よりも細工が細かく施されており、日本らしい繊細さを感じられるのが魅力です。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

琉球ガラス

琉球ガラスは沖縄県で製造されているガラス工芸・ガラス細工です。琉球ガラスは太平洋戦争後にアメリカ軍が残して行ったコーラの瓶などを再利用するのが始まりでした。

最近では食洗機に対応していることから注目を集め、人気も高まっています。

琉球ガラスは歴史がとても深い訳ではありませんが、非常にカラフルで、沖縄の暖かい雰囲気が感じられるのが魅力です。

まとめ

ここでは日本のガラス工芸・ガラス細工に付いて詳しく解説していきました。

美しいガラスはアートとして、また実用品として世界中で愛用されています。日本のガラス工芸・ガラス細工には繊細で丁寧な日本らしさが表れており、お土産や贈答品としても人気です。

ガラス工芸の種類は混合し、ややこしくなる場合があります。しかし、それぞれに独特の魅力や歴史があることを覚えておいてくださいね。

よかったらシェアしてね!