職人が手作りする!モダンでおしゃれな風鈴6選

Journal編集長
Journal編集長

  じめじめと湿度高めな日本の夏…。 チリンチリンと鳴る涼やかな音色がどこからか聞こえてくると、どこか懐かしいような気持ちになりませんか?

温暖化が進み、猛暑どころか酷暑の日も増えている日本の夏こそ、エアコンだけでなく風鈴の音色も取り入れて気持ち的な涼も取り入れることをおすすめします。

そんな風鈴は職人が丁寧に手作りした、良質なものがおすすめです。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

そもそも風鈴とは

基本的な風鈴は、釣り鐘のような形をしており、その内側に舌(ぜつ)と呼ばれる重りが当たって音が鳴る「鈴」のような仕組みです。

その下に短冊や羽が吊るされたデザインになっているモノが多く、それらが揺れるさまも、音色とともに涼しさを演出してくれています。

本体部分の素材は、硝子や金属、磁器などさまざまです。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

始まりは中国そして日本へ

風鈴の起源は中国にあります。

日本の風鈴とは使い方がまったく違い「占風鐸(せんふうたく)」と呼ばれる占いの道具でした。竹林の東西南北にこの占風鐸を下げて、音の鳴り方から物事の吉凶を占っていたと言われています。

その後、仏教とともに日本に渡ると、寺院の屋根の四隅にぶら下げて「風鐸」として魔除け・厄除けの意味で使われるようになりました。

昔は、強い風とともに疫病などの病原菌や邪気が運ばれてくると考えられていました。

その風の力で風鐸のリンリンという音色の聞こえる範囲が清められ、災いが寄り付かないと考えたられたのです。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

ガラス製風鈴は江戸時代から

一般の家屋の軒下などに、風鈴が吊り下げられ始めたハッキリとした時期は不明ですが、江戸時代末期には、ガラス製の風鈴が町で多く売られるようになりました。

宙吹きと呼ばれるビードロの製法でつくられ、透明のガラスにさまざまな絵柄が描かれたものは、現代でもとても人気があります。

PICK UP
【おりん】LinNe Chibi (M) 菊結び 黄
【おりん】LinNe Chibi (M) 菊結び 黄
音色が日常を変える!

空間を満たす、凛とした世界に一つの音色!

私たちは、佐波理(さはり)という合金を使ってベルと風鈴を作りました。

佐波理は古くは正倉院宝物にも用いられた、良い音色と限りない余韻を追求するために作られた銅と錫の合金です。

その音色は空間に澄み渡り、すーっとあなたを包み込んでいきます。

LinNeの音色が日々の日常を変え、日常が変われば人生が変わります。

ぜひお試しください。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

職人が手作りするモダンでおしゃれな風鈴6選

日本ブームで風鈴も外国製の安いものが増えてきました。しかし昔から職人が手作りする風鈴は、丁寧な造りやデザインはもちろん、奏でる音色もまったく違います。

軒下にぶら下げて使うものだけでなく、インテリアとしても美しい置き型の風鈴もおすすめです。

ガラス製、金属製、陶磁器など異なる素材の風鈴を6つ厳選して紹介します。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【京焼-清水焼】陶葊 涼の音 置型風鈴

【京焼-清水焼】陶葊 涼の音 置型風鈴

>【京焼-清水焼】陶葊 涼の音 置型風鈴をもっと詳しく見てみる。

マンションや近隣との距離など住環境の影響もあり、風鈴の音で近隣に迷惑がかかりそうで心配…という人が増えています。

「鈴の音 置型風鈴」なら、棚の上やテーブルなどに置けば窓から入る風が短冊に当たり、室内で風鈴の音色を楽しむことができます。

風鈴本体部分は、清水焼で作られた鉢のような形をしており、黒銹と呼ばれる鉄器のようなクールな黒と、花が咲いたような模様で癒される白い花結晶の2種類があります。

  • サイズ:直径9.3×27.0㎝
  • 重量:200g
  • 価格:8,500円

>【京焼-清水焼】陶葊 涼の音 置型風鈴をもっと詳しく見てみる。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【能作】富士もよう ホルン×KAISEN

>【能作】富士もよう ホルン×KAISENをもっと詳しく見てみる。

ホルン型の真鍮が奏でる、ソフトで優しい音色が魅力的な風鈴です。

風鈴本体は伝統工芸品、高岡銅器と呼ばれるもので、職人が一つ一つ手作業するロクロ仕上げで作られています。

ピンクゴールドの銅メッキが施された風鈴の下にぶら下がるポップな短冊は、テキスタイルデザイナー鈴木マサル氏によるもの。

富山もようと呼ばれる富山湾の海の幸(KAISEN)が描かれています。

  • サイズ:直径46×132mm(金属部分のみ)
  • 重量:240g(箱込)
  • 素材:真鍮(銅60%、亜鉛40%)
  • 価格:5,500円

>【能作】富士もよう ホルン×KAISENをもっと詳しく見てみる。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【篠原風鈴本舗】 NIPPON

>【篠原風鈴本舗】 NIPPONをもっと詳しく見てみる。

大正4年創業の江戸風鈴の老舗、篠原風鈴本舗が女子美大生とコラボして作ったモダンな江戸風鈴です。

外国の方に、もっと風鈴を知ってもらいたいという願いが込められ、青い海に白波、真っ赤な日の出という、NIPPONらしい縁起の良いデザインが魅力です。

風鈴特有の美しい音を綺麗に響かせるために、あえて鳴り口の部分のガラスはギザギザにカットされています。

  • サイズ:全長=約32㎝、風鈴のみ=直径8㎝×高さ7㎝
  • 重量:約40g
  • 素材:ガラス、木綿、アクリル(ビーズ)、紙(短冊)
  • 価格:2,160円

>【篠原風鈴本舗】 NIPPONをもっと詳しく見てみる。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【柏木美術鋳物研究所】砂張/御殿風鈴

【柏木美術鋳物研究所】砂張/御殿風鈴

>【柏木美術鋳物研究所】砂張/御殿風鈴をもっと詳しく見てみる。

室町時代の終わりから続く、小田原鋳物で作られている風鈴です。

砂張(さはり)と呼ばれる銅・錫の合金は、とても繊細で加工が難しいため、熟練の職人によって一つ一つ丁寧に作り上げられています。

見た目にもいぶし銀の渋い雰囲気をもち、その音色は至福の音と評されています。

世界的に有名な映画監督、黒澤明監督の作品に登場したのもこの「御殿風鈴」なのです。

  •  サイズ:本体=直径4.5×高さ5.7㎝、短冊=幅4.8×長さ23㎝
  • 重量:80g
  • 素材:砂張合金(銅・錫など)、和紙(漆塗り仕上げ)
  • 価格:8,600円

>【柏木美術鋳物研究所】砂張/御殿風鈴をもっと詳しく見てみる。

BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【明珍本舗】火箸風鈴 上上

【明珍本舗】火箸風鈴 上上

>【明珍本舗】火箸風鈴 上上をもっと詳しく見てみる。

甲冑師として平安時代から続く明珍本舗が作る、姫路の名産品であり兵庫県の伝統工芸品にも指定されている風鈴です。

火箸を使って作られた粋な見た目で、火箸はもともと千利休から依頼されて作ったのがはじまりです。

時代の流れとともに火箸が使われる機会が減り、昭和40年に火箸風鈴として生まれ変わりました。

火箸が触れ合う澄んだ音は魔除けにもなり、お祝いの贈り物に選ばれることも多い商品です。

玄関などにぶら下げてドアチャイムとして使うのもおすすめです。

>【明珍本舗】火箸風鈴 上上をもっと詳しく見てみる。

  • サイズ:火箸の長さ=20㎝
  • 素材:鉄
  • 価格:12,000円
BECOSキャンペーンバナー
BECOSキャンペーンバナー

【SGHR(スガハラ)】虹色風鈴M

>【SGHR(スガハラ)】虹色風鈴Mをもっと詳しく見てみる。

九十九里浜にあるスガハラガラスの工房で生み出される、夏季限定制作の虹色風鈴です。

透明度の高い硝子に特殊な加工を施すことによって、宙に浮いたシャボン玉のように美しい虹色に輝きます。

そんなはかなげな見た目にぴったりの優しい音色は、暑い夏にもまるで涼やかな風が吹いたような爽やかさです。

  • サイズ:全長=29.5cm、直径=7.5㎝
  • 素材:ガラス
  • 価格:6,000円

>【SGHR(スガハラ)】虹色風鈴Mをもっと詳しく見てみる。

まとめ

夏の風物詩として知られる風鈴は、さまざまな素材で日本のいろいろなところで、職人たちによって一つ一つ丁寧に手作りされています。

日本古来のスタンダードな雰囲気の風鈴を選ぶもよし、現代のインテリアにも合うモダンでおしゃれな風鈴も素敵です。

今年の夏は自分好みの風鈴を選び、チリンチリンと鳴るどこか懐かしい音色で、いつもの空間を清らかに整えてみませんか?