開店祝いの贈り物をする際の金額相場や選ぶ際のポイントを解説

Journal編集長
Journal編集長

親しい友人や仕事上のお付き合いがある方が独立する際には、開店祝いのプレゼントで今後の活躍を応援したいものです。

しかし、いざ開業祝いを贈ろうと思ってもどのようなアイテムが喜ばれるのか、この贈り方は失礼にならないのかなど、さまざまな疑問から開業祝いを贈ることに不安を感じている方は多いものです。

そこで、ここでは開業祝いについての疑問点を説明しながら金額相場や選ぶ際のポイント、マナー・注意点などについて解説します。

BECOSがオススメする開店祝い

【江戸木目込み】柿沼人形 招き猫 風水 (白) 無垢 リラックス【江戸木目込み】柿沼人形 招き猫 風水 (白) 無垢 リラックス
風水パワーで福を呼び込む愛くるしい招き猫
柿沼人形
【三州鬼瓦】鬼福製鬼瓦所 ティッシュケース(笑顔の鬼瓦)【三州鬼瓦】鬼福製鬼瓦所 ティッシュケース(笑顔の鬼瓦)
人々を笑顔にする個性的なテッシュケース
鬼福製鬼瓦所
【肥前吉田焼】Kata Koto へそくりの招き猫 ブラック【肥前吉田焼】Kata Koto へそくりの招き猫 ブラック
様々な空間にも合わせやすいモダンな招き猫
WakuWaku Office
【金属加工】音に癒やされるインテリアGRAVIMORPH「SPINDLE」-Black-【金属加工】音に癒やされるインテリアGRAVIMORPH「SPINDLE」-Black-
趣のある心地よい音色を奏でるインテリア
野崎製作所
【江戸木目込み】柿沼人形 江戸だるま (大) 友禅 金【江戸木目込み】柿沼人形 江戸だるま (大) 友禅 金
金運を引き寄せるゴージャスな江戸だるま
柿沼人形
【甲冑】忠保 ボトルアーマーミニ 徳川家康【甲冑】忠保 ボトルアーマーミニ 徳川家康
お気に入りのお酒ボトルに着せて楽しむ甲冑
忠保
next arrow
Slider

開店祝いとは?

それでは、まずは開店祝いとはどのような物なのか解説しましょう。

開店祝いとは新しくお店を開店した方に対して、周囲の方がする贈り物です。

新しくできたお店やリニューアルオープンする店舗に、大きなお花が飾られているのを見たことがある方も多いことでしょう。

これらは、開店祝いとして贈られたフラワーギフトです。

この開店祝いは、これまでの努力に対する労いや今後の商売繫盛を願って贈りますが、贈る際には相手に喜んでもらうことはもちろん、金額相場やマナー・注意点に配慮した行動が求められます。

開店祝いの金額相場はどれくらい?

先ほど触れた開店祝いの金額相場は、相手との関係性によって異なります。

贈る方との関係性ごとの相場は次のとおりです。

● 取引先・仕事上の関係者:3万円~5万円

● 親族・身内:3万円~5万円

● 友人・知人:1万円

● お客さん:5,000円~

開店祝いを贈る際は、相手との関係性を考慮して金額相場内で過不足なくことがポイントです。

特に、仕事関係者へ贈る品はビジネスマナーとして恥ずかしくない金額の品を贈らなければ、その後の取引に影響がでる可能性がるため金額相場より安い贈物は控えなければなりません。

また、親族・身内で贈り物を贈る場合は直接相手に必要な品を聞く、もしくは現金などを贈り今後の営業に必要なものを購入してもらうといった方法も有効です。

なお、兄弟が別々に現金を渡す場合は事前に金額について話し合い、金額にばらつきが出ないような配慮が必要です。

贈ってはならないアイテムに注意する

開業祝いはこれまでの習慣や風習に関連して、贈ってはならないアイテムがあります。

相手に喜んでもらい今後の関係性をますます良いものにするためにも、贈ってはならないアイテムについてはその理由も含めて十分に理解しておきましょう。

贈ってはならないアイテムとその理由は次のとおりです。

刃物

「ハサミ」「包丁」「ナイフ」などの刃物は切る行為を行う道具のため、「縁が切れる」「取引を断つ」ことを連想させるためビジネスでは縁起が悪い贈物とされています。

しかし、これと同じく刃物には「魔を断つ」「悪い流れを断つ」「運命を切り開く」など、開運を連想させるアイテムとなる場合もあります。

古くからの友人・知人であれば良い方の意味を込めて贈ることもできますが、目上の方や仕事関係者への贈物として刃物を贈るのは控えた方が良いでしょう。

火に関連するアイテム

「ライター」「ろうそく」「灰皿」など火に関連するアイテムは、「火事」を連想させるため開業祝いには贈るべきではないと考えられています。

また、この火事と関連して赤色は「赤字」を連想させます。

赤色のアイテムは縁起が悪いと考えられているため、避けたほうが良いでしょう。

最近流行りのアロマキャンドルや非常時の照明器具やインテリアとして実用性が高いろうそくは、火を使うため贈らない方が無難です。

また、冬場に使う暖房器具なども開店祝いには喜ばれそうですが、同じく火を使うため避けた方が良いでしょう。

足に履くもの・敷くもの

「靴」「靴下」「マット」などの足に履くものや敷物の類は、相手を踏みつけると解釈されるため開店祝いには適しません。

店先に敷く玄関マットなどは開店祝いとして最適と考えがちですが、これらの理由から贈ってはいけないアイテムです。

開店祝いのプレゼント選び方のポイント

続いては、開店祝いの選び方のポイントを解説しましょう。

定番が良ければ花や観葉植物にする

贈り物に困った場合やアイテム選びに十分な時間が取れない場合は、定番の花や観葉植物などを贈ると失敗がありません。

中でも、花は新規開店を周囲に知らせるために店頭に飾る「スタンド花」や、商売繫盛を祈願して店内に飾る「胡蝶蘭」などが人気です。

どちらのタイプの花もたくさんの種類や価格帯があるため選びやすく、専門業者へ依頼すれば贈るタイミングや種類もアドバイスしてくれます。

そのため、贈り物を任せられる安心感があります。

また、観葉植物の中には変わり種の「多肉植物」や「サボテン」などもあり、お店の雰囲気が合うようであればお手入れに手間がかからないこれらの植物もおすすめです。

また、お酒好きの方であれば、縁起が良いお酒もとても喜ばれます!

お店の雰囲気合わせる

お店に飾るインテリアを贈る場合は、開店するお店の雰囲気に合わせたアイテム選びが重要です。

開店前のお店の内装の雰囲気がわかればそのイメージに合わせてアイテムを選びますが、わからない場合は店主に希望する品がないのか直接尋ねても問題はありません。

ご自身の好みを優先するあまり、お店のイメージとは明らかに異なるアイテムを贈られた場合、店主はその対応に困ってしまい今後のお付き合いに支障がでる可能性があるため注意が必要です。

お店で使える実用的ものにする

開店祝いの品は実際にお店で使える実用品が喜ばれます。

そのため、毎日の帳簿付けで使用する文房具やお店に飾るインテリアなどは、開店祝いの品として人気の高いアイテムです。

開店祝いとして贈る品は、相手が個人的な付き合いがある方でも、個人ではなくお店に贈ると考え、実用的なアイテムを贈りましょう。

業種別のおすすめ開店祝い

続いては、業種別のおすすめの開店祝いについて解説します。

おすすめの贈り物の種類は、開店するお店の業種によっても異なるため注意が必要です。

ここでは、どのような贈り物が好まれるのかについて、「飲食店」「美容室」「エステ」に分けて解説します。

なお、業種別のおすすめの贈り物について詳しく知りたい方は、こちらで詳しく紹介しています。

飲食店の場合

飲食店を開店する方へのおすすめは、商売繫盛を祈願する縁起物として人気の招き猫などの置物です。

現在では、昔ながらの招き猫とはデザインも材質もまったく異なるモダンな招き猫の置物もあるため、お店の雰囲気にあった縁起物を贈りましょう。

なお、バーやカフェなどの飲食店を開業する方へのおすすめの開店祝いを詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

美容室の場合

美容室を開店する方へのおすすめは、花や観葉植物です。

新規開店を周囲に知らせするために、店頭に飾るスタンド花や店内を華やかに飾る胡蝶蘭などが特におすすめです。

なお、美容室を開業する方へのおすすめの開店祝いを詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

美容室の開店祝いのおすすめは?おしゃれな雰囲気に合った贈り物をしよう

エステサロンの場合

エステを開業する方へのおすすめは、実際にお店で使用できるタオル類やアロマ加湿器などです。

中でも素材にこだわった高品質タオルは、一般的なタオルとはまったく質感が異なるため、非常に喜ばれる贈り物です。

なお、エステの開業をする方へのおすすめの開店祝いを詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてください。

開業祝いの熨斗(のし)やマナー

開業祝いを贈る際には、熨斗袋を使用するなど慶事のマナーにしたった正式な贈り方をしなければ、相手に対して礼を欠いてしまうため注意が必要です。

ここでは、熨斗袋の書き方や贈り物を贈る際のマナーについて解説します。

熨斗は表書きに注意する

熨斗(のし)とは、熨斗紙に印刷された六角形の飾りを指す言葉です。

この熨斗には「長寿」「繁栄」などを祈願する意味が込められているため、開店祝いには熨斗を掛けて渡すのがマナーとされています。

また、開店祝いとして現金を包む際には、祝儀袋に「表書き」とよばれる祝儀袋の目録を記載するのが昔からの習わしです。

なお、この熨斗と表書きについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

お祝い事には欠かすことができない重要なマナーを紹介していますので、一度チェックしておくと良いでしょう。

開店・開業祝いの熨斗(のし)の正しい書き方

注意したいマナー

開店祝いを贈る際に注意したいマナーは、熨斗や表書き以外にも「業種別の注意する贈り物」「贈り物を届ける時期」「のし紙の選び方や宛名の書き方に関するマナー」など実に多くが存在します。

特に、目上の方や仕事関係者にはこれらのマナーを怠った贈り物は、その後の関係においてあまり良い印象を持たれないことから注意しなければなりません。

なお、贈り物を贈る際のマナーはこちらの記事で詳しく解説しています。

社会人としての一般教養も含まれる内容なので、一度チェックしてみてください。

友達に贈る場合

ここまで、開店祝いを贈る際のマナーや注意点についてその重要性を解説してきました。

ただし、すべての開店祝いにおいてこれらのマナーを踏まえた贈り方をしなければならないわけではありません。

中でも、贈る相手が古くからの友人・知人、気心が知れた友達の場合はある程度のマナーは省略しても失礼にはなりません。

特に、贈り物に掛ける熨斗を省略したり、必要なアイテムを本人から聞きその品を贈ったりすることは、相手が友達の場合は頻繫に行われます。

友達に開店祝いを贈る際の贈り方やおすすめのアイテム、友達ならではの気遣いの仕方などを知りたい方は、こちらをチェックしてください。

贈るのが遅れた場合

開店祝いを贈るタイミングは開店日の午前中がベストですが、何らかの事情で遅れた場合は遅れた日数によって対応方法が異なります。

数日の遅れであれば問題はありませんが、1週間以上遅れる場合はその時期に適した贈り物に変更したり、熨斗に書く文言を変更したりといった対応を取ることが一般的です。

開店祝いが遅れた場合の対応方法はこちらをチェックしてください。

お花を贈る際の注意点なども解説しています。

開店祝いを贈るタイミングが遅れたら?対処方法とおすすめの贈り物15選

開店祝いを贈る際のメッセージ

開店祝いを贈る際にはアイテム選びやマナーはもちろん重要ですが、それ以上に贈り物を受け取る側に心から喜んでもらうことが大切です。

そのため、贈り物にお祝いのメッセージを添え文中でこれまでの努力を称えて、今後の商売繫盛と今後の活躍を応援する気持ちを伝えましょう。

受け取った方が感動するメッセージはそれ自体が最高の贈り物となるため、大切な方に贈る開店祝いにはメッセージ付きのプレゼントを贈ることをおすすめします。

開店祝いに添えるメッセージや文例、書く際のポイントやNGワードなどについてはこちらをチェックしてください。

感動してもらえる!開店祝いのメッセージの贈り方

開店祝いをもらった場合のお返し

開店祝いをもらった際のお返しは、開店する店舗のお披露目会を行ったかどうかで対応方法が異なります。

お披露目会を行った場合は、それ自体がお返しの意味合いがあるため、基本的にはお返しは不要です。

一方で、お披露目会を行っていない場合はお返しが必要です。

開店祝いのお返しの品について相応しいアイテムの選び方や金額相場を知りたい方は、こちらをチェックしてください。

開店祝いのお返しの品には何を贈れば良い?相場と金額別のおすすめギフト15選

まとめ

開業祝いのアイテムを選ぶ際に最も重要なことは、相手を気遣う気持ちです。

贈り物のマナーや一般的に喜ばれるプレゼントに関する理解を深めることは重要ですが、最も大切なことは相手が今必要としているものは何なのかを考える気遣いの気持ちです。

一生に一度の晴れの日の贈り物は、相手を思う気持ちを持って丁寧に選び、これまでの努力と今後の活躍を応援するメッセージで「おめでとう」の気持ちを伝えましょう。

 

よかったらシェアしてね!