ブランドにこだわって選ぶ和包丁10選!【柳刃包丁・出刃包丁など】堺の老舗や職人ブランドも

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

和包丁と洋包丁のちがいは?
料理のレベルアップにブランドにもこだわった和包丁を!

「和包丁」とは、古くから日本で使われてきた包丁のこと。日本刀を原型とし、切れ味が鋭く、片刃のものが多いことが特徴です。一方、三徳包丁や牛刀包丁といった、いわゆる万能包丁は明治以降に日本に入ってきたもので、両刃の構造を基本とし、「洋包丁」に分類されます。

和包丁は片刃である特性から、食材の切離れがよく調理がスムーズにできることや、切り口が美しいことが魅力。食材ごとに使い分けが必要ですが、うまく活用すれば調理のレベルがグンとアップします。せっかく和包丁を使うなら、ブランドにもこだわった高品質な和包丁を選んで、本格的な料理を楽しみましょう!

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

和包丁を選ぶ際のポイント

和包丁の種類

和包丁は種類が豊富。用途に合わせて適切なものを選ぶ必要があります。まずは、家庭用としてよく使われる3種類の和包丁の特徴を押さえておきましょう。

魚を丸ごとさばく方に
出刃包丁

出刃包丁は、魚をさばくのに使われるアイテム。刃元が厚く重みがあり、先端が鋭くとがっているのが特徴です。三徳包丁とくらべて、魚の頭を落とすのもラクで、硬い骨も無理なく切れます。3枚おろしもきれいに仕上げることができますよ。

丸ごと魚を買う方や、趣味で釣りをする方は一本持っておくと重宝するでしょう。ほかにも、獣肉を骨ごとたたき切るようなときにも活用できます。

アジやイワシなどの小型の魚をさばくなら、刃渡り100mm程度の「小出刃包丁」が便利。家庭で大きめの魚をさばくなら、キッチンでも扱いやすい刃渡り150mm程度の出刃包丁がおすすめです。

おいしい刺身を食べたい方に
柳刃包丁(刺身包丁)

柳刃包丁は、お刺身のサクを切り分けるときなどに使う細長い刃の包丁です。一気に引き切り断面をつぶさないことで、見栄えだけでなく舌触りや味もよくなり、お刺身を一層おいしく味わえます。

ふだんは万能包丁でなんでも切ってしまうという方でも、特別感が出るお刺身のときだけは、ちょっとこだわって柳刃包丁を使ってみるというのもいいですね。

プロ用だと刃渡りがかなり長いものもありますが、家庭のキッチンだと長すぎて引き切るのが難しい場合も。使い勝手のいい210~240mm程度のサイズがおすすめです。

野菜を美しく切りたい方に
薄刃包丁

薄刃包丁は、野菜の調理に特化した包丁です。刃が薄く繊維を壊さず切り込んでいけるため、桂むきや千切り、飾り切りもきれいに仕上げることができます。おなじ野菜用の和包丁でも、両刃の菜切り包丁にくらべると扱いにややコツがいりますが、慣れれば野菜料理を一段レベルアップさせてくれますよ。

薄刃包丁には2種類ありますが、千切りなど野菜をこまかく切るのが目的なら刃先が四角い「東型」、飾り切りなどに使うなら刃先がとがった「鎌形」を選ぶといいでしょう。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

和包丁の素材

和包丁を選ぶときは、刃の素材にも着目しましょう。どんな素材を選ぶかで、切れ味やお手入れのしやすさが変わってきます。

鋼を素材とするものは、鋭い切れ味が魅力。ただし、サビやすくメンテナンスに手間がかかる点は覚悟しておく必要があります。こだわりの和包丁で本格的な料理を楽しみたい上級者向けの素材です。

お手入れのしやすさを優先したい場合は、ステンレス製を選ぶといいでしょう。ステンレスでも鋼に近い切れ味を追求しているブランドもありますよ。

和包丁のブランド

有名ブランド和包丁

和包丁を扱うブランドはたくさんありますが、それなりに名が通ったブランドは、性能や品質管理の面でも信頼できます。和包丁を扱うブランドでは、「関孫六」や「藤次郎」などが有名です。

刃物の産地の老舗・職人ブランドから選ぶ

日本には、大阪府堺市や岐阜県関市、福井県越前市など、古くから刃物の産地として発展してきた地域があります。それらの土地で伝統の技を受け継ぐ老舗ブランドから選ぶのもいいでしょう。

なかには、伝統工芸士など職人さんが手打ちで包丁を仕上げているブランドもあります。受け継がれた伝統と熟練の技で丁寧に作られる包丁は、切れ味や使い勝手も一級品。大量生産にはない味わいも感じられ、ますます愛着が湧きますよ。

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

片刃の和包丁は利き腕に注意

片刃の和包丁の場合は、自分の利き手用の包丁を選ばないとうまく切ることができません。

右利き用が主流ですが、片刃でも左利き用を用意しているブランドもあります。左利きの方はとくに注意して選ぶようにしましょう。

ブランドにこだわった和包丁で料理をレベルアップ!
おすすめブランドの和包丁10選

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

おすすめ和包丁ブランドの出刃包丁4選

大手ブランドのステンレス和包丁
ステンレス製でも本格派!

関孫六 金寿 ST 和包丁

古くから刃物産業が盛んな岐阜県関市にある包丁の大手メーカー貝印。ブランドの「関孫六」では、「折れず曲がらず、よく切れる」と評価されてきた関刃物の伝統の技が、現代の包丁作りにも受け継がれています。大手らしくラインナップが充実していて、自分に合う和包丁を選ぶことができますよ。

こちらは鋼に近い硬さを持つモリブデンバナジウム鋼を使用したモデル。「糸切刃」と呼ばれる独自の刃付け技術を用いることで、ステンレスでも鋭い切れ味と研ぎ直しのしやすさを実現しています。ステンレス製でも本格的な和包丁がほしいという方におすすめです。

関孫六
金寿 ST 和包丁

この商品をもっと詳しく見てみる

複合材を得意とする有名ブランドの和包丁
切れ味抜群のオールステンレス和包丁

藤次郎 TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼2層複合 小出刃

世界的にも有名な包丁ブランド「藤次郎」。鋼とステンレスなど、複数の素材を組み合わせた複合材を得意とし、切れ味にこだわった包丁をラインナップしています。

小ぶりな魚をさばくのに便利な小出刃包丁。刃の芯材にはコバルト合金鋼を使い、外材にステンレス鋼を複合することで優れた切れ味とお手入れのしやすさを両立しています。オールステンレスでデザインもスタイリッシュ!柄の片面にはトルネード模様が施されていて、水や油の付いた手でも滑りにくいのもうれしいポイントです。魚の調理がグッと快適になりますよ。

藤次郎
TOJIRO PRO DPコバルト合金鋼2層複合 小出刃

この商品をもっと詳しく見てみる

プロや料理好きの憧れブランドの和包丁
品質もデザインも文句なし!

旬 Shun Pro匠 出刃包丁

包丁の大手メーカー貝印によるプロ向け高級ブランド「旬」。品質はもちろんのこと、デザイン性にもこだわった包丁をラインナップしています。世界的な評価も高く、ミシュランレストランシェフなど国内外のプロにも愛用される逸品。贈り物にもうってつけです。

旬のステンレス和包丁シリーズの出刃包丁。刃の上部に特殊技術のエッチング加工で施された飾り模様が美しく、包丁を握る時間がもっと楽しくなりそうですね。刃にはコバルトを配合した硬度と耐久性に優れたVG材を使用。鋭い切れ味を長く楽しむことができますよ。


Shun Pro匠 出刃包丁

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸士が手打ちで仕上げる和包丁
鋼製の本格出刃包丁

鍛冶工房いわい 本鍛造 風紋 出刃包丁

700年の伝統をもち、伝統工芸品にも指定される越前打刃物。「鍛冶工房いわい」では、現役の伝統工芸士が受け継がれる伝統の技と熟練の手技を駆使し、一本一本手打ちで包丁を作り上げています。細部まで丁寧に仕上げられた包丁は、品質・扱いやすさ・耐久性どれをとっても一級品。

素材には白紙1号鋼を使用。切れ味・切り込みに優れた刃付けがしてあり、魚の頭を切り落としたり骨ごとブツ切りにしたりするときも、スパッと切れて快適です。背の部分に少し傾斜がついていて、うろこ取りに使えるのも便利。魚調理の頼れる相棒になってくれるでしょう。

鍛冶工房いわい
本鍛造 風紋 出刃包丁

この商品をもっと詳しく見てみる

おすすめ和包丁ブランドの柳刃包丁4選

関の老舗ブランドの和包丁
美しい霞模様に気分も上がる!

スミカマ 霞KASUMI ダマスカス 刺身包丁

かつて、日本一の名刀の産地として栄え、今も刃物産業が盛んな関市の老舗ブランド「スミカマ」。関刀鍛冶の伝統と卓越した技法を刃物の製造に活かしながら、新しい素材や技術にもいち早く注目し、切れ味と機能性を追求した包丁を製造しています。

刃の芯材に切れ味抜群の超硬質合金鋼V金10号を使用。その両側に32枚のステンレス層を重ね本鍛造することで、切れ味の持続性を高めています。なめらかな舌触りの刺身が切れて、研ぐ手間があまりかからないのはうれしいですね。刀身の霞模様も美しく、お刺身の日のテンションもますます上がりそう!

スミカマ
霞KASUMI ダマスカス 刺身包丁

この商品をもっと詳しく見てみる

オールステンレスの先駆けブランドの和包丁
衛生的に使えるオールステンレス

GLOBAL-IST/グローバル・イスト 柳刃

ステンレス加工の技術を追求し、世界に先駆けてオールステンレス包丁を開発したことで有名な吉田金属工業。国内限定ブランドの「GLOBAL-IST」では、日本の食文化に合わせたオールステンレスの和包丁をラインナップしています。刃から柄まで継ぎ目のないデザインで、衛生的に使えるのが魅力。

割高になることが多い左利き用が、右利き用と同価格で手に入るのもうれしいですね。スタイリッシュなデザインなので贈り物にもぴったりです。ギフトには、小出刃と骨抜きも入った3点セットもおすすめ。

GLOBAL-IST/グローバル・イスト
柳刃

この商品をもっと詳しく見てみる

堺の高級包丁をリードするブランドの和包丁
違いを感じる高品質なステンレス和包丁

山脇刃物製作所 MoV本焼 柳刃包丁

刃物産業が盛んな大阪府堺市で、1927年の創業時から本職用高級包丁を中心に製造販売を手掛けてきた「山脇刃物製作所」。堺の刃物産業では職人が分業体制で刃物を仕上げるのが一般的ですが、自社内に刃付工場を置き、妥協のないハイクオリティな和包丁を作り続けています。

サビに強く管理がしやすいモリブデン鋼を使い、本焼(単一素材)で砥ぎ上げた刺身包丁。やや価格は上がりますが、硬度も高く一般的なステンレス包丁との違いをしっかり実感できますよ。

山脇刃物製作所
MoV本焼 柳刃包丁

この商品をもっと詳しく見てみる

堺の老舗包丁専門ブランドの和包丁
鋭い切れ味を求める中・上級者におすすめ

實光 上作 刺身

堺で120年以上の歴史を持つ老舗包丁専門ブランド「實光」。受け継がれる伝統の技で作られる切れ味抜群の包丁は、国内の有名料亭の料理人や世界のシェフにも愛用されています。

こちらの刺身包丁には、白鋼2号という高級素材を使用。料理人も満足する鋭い切れ味で、料理を一段レベルアップさせてくれるでしょう。また、丁寧な手研ぎ仕上げで、研ぎ直しがしやすいのも魅力。もし自分のメンテナンスで納得がいかなくなっても、熟練の職人さんがしっかり研ぎ直してくれるので、10年、20年と長く使うことができますよ。

實光
上作 刺身

この商品をもっと詳しく見てみる

伝統工芸品の通販BECOSはこちら

おすすめ和包丁ブランドの薄刃包丁2選

堺を代表する包丁ブランドの和包丁
高品質でも比較的リーズナブルな鋼製薄刃包丁

堺孝行 霞研 鎌型薄刃

堺の有名包丁メーカー青木刃物製作所を代表するブランド「堺孝行」。完成までの工程は専門の職人が分業で行ない、切磋琢磨し合って高品質な包丁を作り上げています。600年の歴史を持つ堺刃物の伝統の技を受け継いで作られる品質の高さが魅力。

こちらの薄刃包丁は価格を抑えたモデル。普及品ですが、素材は安来白三鋼にこだわり丁寧に作られているため、家庭用としてだけでなく本職用としても使える商品です。切っ先がとがった鎌形で細かい作業がしやすく、飾り切りや面取りなどに便利。

堺孝行
霞研 鎌型薄刃

この商品をもっと詳しく見てみる

職人の手仕事を大切にするブランドの和包丁
技術力を活かした切れ味のいいステンレス薄刃包丁

マサヒロ 正広作MS-8 薄刃

刃物の街、岐阜県関市の包丁専門ブランド「マサヒロ」。価格の安さや流行のデザインを追うのではなく、職人の手仕事による品質の高さを追求し、永遠の定番になるような包丁を作りを行っています。

ステンレス鋼の薄刃包丁ですが、すみずみにブランド独自の高度な技術が生かされ、優れた切れ味を実現。サビにくく手軽に使える薄刃包丁を探している方におすすめです。東型で刃先まで力が伝わりやすいので、キャベツなど野菜の千切りもスピーディ。広い刃で刻んだ野菜を鍋に移すのもラクで、野菜の調理がグッとはかどりますよ。

マサヒロ
正広作MS-8 薄刃

この商品をもっと詳しく見てみる

よかったらシェアしてね!