日本製の高級日傘・晴雨兼用傘8選!おすすめブランドや選び方も解説

この記事では、おしゃれ心を刺激するおすすめの日本製日傘・晴雨兼用傘や、日傘の効果や役割、日本人と日傘の歴史などをご紹介します。高品質な日本製傘のブランドについても解説していますので、ぜひチェックしてみてください。

日傘の役割とは?日本の日傘の歴史や選び方

日差しが強い日でも、開けばすぐにパーソナルスペースな日陰を作れる日傘。最近では突然の雨にも対応できる、晴雨兼用傘も人気ですね。紫外線対策や熱中症の予防として、男女問わずファッショナブルに持ち歩く方が増えてきています。

最近では、環境省が全国の百貨店などと協力して「男性も日傘を活用して欲しい」という訴えかけをおこなったことなどから、紳士向け日傘の需要もかなり高まってきています。「女性向け」のイメージも強かった日傘ですが、今後は男女問わず使える贈り物の新スタンダードになりそうですよね。

日傘の役割とは?紫外線対策だけじゃない夏のマストアイテム

紫外線や暑さ対策として、日差しの強い時期に欠かせない日傘。紫外線ダメージを気にする女性には定番のアイテムですよね。さらに、年々記録的な暑さを更新する日本では、健康を守るためのグッズとしても愛用されています。

環境庁によると、日傘をさした場合とそうでない場合を比較したところ、暑さをあらわす指数(WBGT)が「1~3度」低くなるとされています。さらに、日傘を活用することで汗の量が約17%抑えられるということもわかっているようです。

これまでは「女性のアイテム」として認識されていた日傘ですが、熱中症などの健康被害を防ぐ目的から男性の日傘への需要も高まってきています。特に、急な雨にも対応できる晴雨兼用傘は男女問わず人気のアイテムです。

日本における日傘の歴史

もともと傘の起源は雨傘ではなく、日傘にあったと言われています。かつては権力や地位の象徴として崇められ、儀式や祭礼に用いられ敬神を示す特別な意味を持つ品でした。

日本では、江戸時代に花鳥や唐草を和紙にあしらった和傘が全盛期を迎えます。しかし、大飢饉や財政再建といった社会背景を理由に、特に男子の日傘の禁令と流行を繰り返しました。明治時代には、伝統技術である油紙張りの和傘や防水加工された布張りの洋傘など、文明開化のシンボルとして広まりました。

日傘を選ぶ時に知っておきたい3つのポイント

①傘のUVカット機能をチェック

日傘の主目的であるUV対策。日焼け防止力を示す指数として、主に3通りの表示があります。

■UVカット率
傘の布生地にポリウレタンコーティングなどのUVカットを施した傘。99%~100%カット率と高数値のタイプを選びましょう。

■遮光傘
UVカット傘が更に進化し、紫外線に加えて太陽光も遮断する機能を持つ傘。原則として遮光率99%以上の効果がある場合表示できます。

■UPF50+
UVカットの世界的基準値で、肌にダメージを与える紫外線を防止する効果を示す指数。日傘以外にも日焼け止めや化粧品にも用いられます。

良い日傘を見分けるポイントは”具体的な数値表記を伴うか否か”にあります。「UVカット率99%以上」「遮光率99%以上」「UPF50+」といったアイテムを選ぶと信頼性が高いと言えるでしょう。

②晴雨兼用傘と雨傘は使い分ける

現代では、過半数の方が晴雨兼用タイプを求めるケースが多く、日傘としての機能も進化を遂げています。晴雨兼用の傘と通常の雨傘との大きな違いは、雨に対しての防御力です。

晴雨兼用傘は日除けだけではなく雨にも対応可能ですが、大雨に対応できるほどの防水力は備わっていないことが多いです。雨量が多いと前もってわかっている場合には、通常の雨傘を使用することをおすすめします。

最近では、充分な防水力がある雨傘にUV加工をした晴雨兼用傘も見られますが、断熱や遮光加工が低く日光を通してしまうケースもあります。基本的には、晴雨兼用傘は突発的な雨にも「一時」対応できるものと位置づけたほうがいいでしょう。

③日傘の耐用年数を伸ばすお手入れ方法

大切な日傘は、お手入れ次第で寿命を延ばし長く愛用できます。雨にぬれてしまった場合、水分をこすらないように優しくふきとって、風通しの良い場所で傘を広げて影干ししましょう。

また、UVカット機能は数年で低下しますが、衣類用の紫外線カットスプレーで機能を長持ちさせる方法もあります。

日傘と雨傘のいいとこどり!晴雨兼用傘の選び方

日傘としての選び方としては、上で説明したとおりUVカット機能などについて着目することが大切です。また、雨傘としては衣服や持ち物が濡れないことが第一の目的なので、自分の体に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。

女性であれば、55~65センチくらいのものが人気です。男性は65~80センチくらいのもので、新調や肩幅に応じて選びましょう。

また、晴雨兼用傘は日光と雨の両方を防げるという特性から、いつでも持ち歩ける「折り畳み」タイプのものが人気です。畳んだ時のサイズ感や畳みやすさ、広げたときに大きすぎたり小さすぎたりしないかなどをチェックして選ぶと、快適に使えます。

日本製傘の魅力やおすすめブランド

ここまで日傘や晴雨兼用傘の有用性・選び方などを解説しましたが、この記事で特におすすめしたいのは「日本ブランド」のアイテムです。日本製の高級日傘や高級晴雨兼用傘の魅力、おすすめのブランドをご紹介します。

品質の高い「メイドインジャパン」の高級傘

技術が進歩し、様々な商品を自動的に大量生産できる現代。特に傘は外国産の安価なものも多く、「使い捨て」のイメージすらあるアイテムです。

日本製の高級傘の一番の魅力はもちろん、高品質であること。職人が技術を込めて1本1本丁寧に製作しているブランド傘は、耐久性や使い心地が別格です。こだわりの傘や日傘を一本持っていると、雨の日も暑さが厳しい日も「傘を開くこと」が楽しみになります。

傘を「装いの一部」としてファッショナブルに選ぶことで、毎日の天気の変化を楽しむ気持ちをプラスしてみませんか?

おすすめの日本製傘・日傘ブランド①前原光榮商店

「前原光榮商店」は、1948年に台東区三筋でオープンした傘屋から始まったブランドです。創業者の前原光榮氏の「今までになかった傘屋をやりたい」という考えのもと、『趣味嗜好』にこだわった最高品質・最高級の傘作りが行われています。

前原光榮商店の傘は皇室御用達の品として選ばれており、その品質はまさにお墨付き。持ちやすさや閉じやすさまで考え抜かれた傘は、全て手作りで丁寧に作られています。

おすすめの日本製傘・日傘ブランド②鷲野染工場

「鷲野染工場」は、京都で唯一の手捺染による傘の生地作りをおこなっています。手捺染(てなっせん)とは、布に手作業で1色ずつプリントしていく染め方のことで、1色染めるごとに乾かし、次の色を染めていく…というとても丁寧で手間がかかる作業です。

鷲野染工場ではその手捺染生地を使用し、京都の老舗傘加工所の職人たちと協力して傘を製作しています。手染めだからこそ出せる温かみや質感を楽しめる日傘は、贈り物にも人気のアイテムです。

おしゃれで機能的!おすすめの日本製日傘と晴雨兼用傘8選

ここからは、おすすめの日本製日傘・日本製晴雨兼用傘をご紹介していきます。どれも、国内で丁寧に作られた、職人技が感じられる傘ばかりです。ご自宅用としてだけではなく、贈り物としてもおすすめですよ。ブランドそれぞれの魅力が光る傘を、ぜひチェックしてみてくださいね。

おしゃれで高品質な日本製日傘のおすすめ3選【レディース】

ゼブラ柄が映える手捺染の日傘

手捺染 日傘 ゼブラ ブラックグレー

手捺染(シルクスクリーン)ならではの奥行きのある美しい仕上がりを楽しめる日傘。色糊レシピは独自に開発されており、他ではなかなか手に入らない色柄がポイントです。

色々なパターンが組み合わさったちょっと珍しいゼブラ柄の日傘は、ぱっと眼を惹く華やかさ。しっかりと厚みのある質感で日陰を作り、快適にUV対策ができます。

鷲野染工場
手捺染 日傘 ゼブラ ブラックグレー

この商品をもっと詳しく見てみる

華やかなグリーンの柄が大人可愛い日傘

手捺染 日傘 スター グリーン

グリーンの配色が大人可愛い「鷲野染工場」の日傘。春から初夏、真夏のコーディネートに合わせやすい爽やかな色柄で、傘を開くときの気分も上がります。

パッと見るとニュアンスのあるボーダー柄のようですが、開いたときに上から見ると可愛らしいスター柄が現れるところがポイント。ナチュラルな風合いがかわいい持ち手部分もおしゃれです。

鷲野染工場
手捺染 日傘 スター グリーン

この商品をもっと詳しく見てみる

品良く可愛らしい、レディにぴったりな日傘

東京洋傘 宮内庁御用達 婦人日傘 インディアンヘッド 長 (ダークマゼンタ)

皇室御用達の品として選ばれている「前原光榮商店」の日傘。ころんとしたわっか状の持ち手と、丸みのあるフォルムが可愛らしいデザインです。

布地は綿の平織りで、麻のようなざっくりとした風合いが特徴。共布で作られたタッセルが飾られており、可愛らしさだけではなくエレガントさも感じさせる日傘です。

前原光榮商店
東京洋傘 宮内庁御用達 婦人日傘 インディアンヘッド 長 (ダークマゼンタ)

この商品をもっと詳しく見てみる

おしゃれで高品質な日本製日傘のおすすめ2選【メンズ】

涼やかな麻の雰囲気がおしゃれな日傘

紳士日傘 麻 長 ネイビー

さらりと涼やかな麻の生地で、快適な日陰を作ってくれるメンズ日傘。シンプルなデザインながらニュアンスのある生地で、大人の男性にぴったりな雰囲気です。

麻独特の風合いで、内側に熱がこもらず気持ちよく過ごせます。傘を開いたときの直径は約96cmあるため、大柄の男性でもしっかりとUVカットできますよ。

前原光榮商店
紳士日傘 麻 長 ネイビー

この商品をもっと詳しく見てみる

甲州織のリネンを使ったメンズ日傘

男性用日傘 ナチュラルリネン

日本製洋傘メーカー「小宮商店」が手掛けるメンズ日傘。山梨の伝統的な「甲州織」の生地が使われており、涼やかながら重厚感のある質感がポイントです。

ナチュラルな麻素材の風合いと、織りの模様がおしゃれな日傘は、大人の男性のコーディネートにも合わせやすい雰囲気。木造船にも使われるほど丈夫な樫の木を中棒に使用していて、耐久性にも優れています。

小宮商店
男性用日傘 ナチュラルリネン

この商品をもっと詳しく見てみる

おしゃれで高品質な晴雨兼用傘のおすすめ3選

どんなシーンにも映える高級感たっぷりな晴雨兼用傘

婦人 晴雨兼用 シャンタン ショート ベージュ

前原光榮商店のシンプルで大人可愛い晴雨兼用傘です。日本の職人が手作業で掘り出した手元は、一本一本異なる表情を見せてくれます。10本の傘骨を用いており、風に負けない丈夫なつくりです。

傘に使用しているシャンタン生地は、ところどころに紡ぎ様の節が入った味わいのある風合いです。品良く高級感たっぷりの生地なので、シーンを問わずに使用できます。

前原光榮商店
婦人 晴雨兼用 シャンタン ショート ベージュ

この商品をもっと詳しく見てみる

綿菓子みたいなふわふわ感がキュートな折り畳み傘

婦人 晴雨兼用 キャンディフロス 折りたたみ ライトグリーン

カバンにしのばせておけば、急な雨にも強い日差しにもさっと対応できる折り畳みの晴雨兼用傘。広げるだけで気分が上がる、綿菓子みたいでふわふわ可愛い柄の傘はいかがでしょうか。

一見綿菓子のような雲の柄の傘ですが、光の加減で生地にブドウ柄が浮き上がって見えます。他とはちょっと違う、ぱっと目を惹くデザインが好きな女性におすすめです。

前原光榮商店
婦人 晴雨兼用 キャンディフロス 折りたたみ ライトグリーン

この商品をもっと詳しく見てみる

男女問わず使える折り畳みの晴雨兼用傘

紳士 晴雨兼用 一級遮光ペイズリー 折りたたみ ネイビー

落ち着いたネイビーカラーがおしゃれな、紳士用の晴雨兼用折り畳み傘。光の加減でペイズリー柄が浮かび上がるこだわりの生地で、メンズアイテムですが男女問わず使えるルックスです。

急な雨への対応はもちろん、遮光機能も抜群。99.9%の遮光率があり、強い日差しをガードしてくれます。光がほとんど漏れないので、炎天下でも快適に過ごせますよ。

前原光榮商店
紳士 晴雨兼用 一級遮光ペイズリー 折りたたみ ネイビー

この商品をもっと詳しく見てみる