外国人へのプレゼント選ぶ際の注意点とポイント

文化や風習が異なる外国人へプレゼントを贈る際には、日本人に対するより何倍も慎重にならなければなりません。

国によってはプレゼントに不向きなものもあります。また、日本と外国ではプレゼントに関するマナーが異なっており、同じ調子で贈ってしまうと失礼になることもあるため注意が必要です。

お互いに気持ち良くやり取りをするためにも、外国人に対して失礼にならないプレゼントの選び方と贈り方について知っておきましょう。

外国人へのプレゼントで贈ってはいけないもの

日本人には良くても外国人へのプレゼントとしては絶対にNGというものがいくつかあります。それぞれの国によって具体的な品物は異なりますが、別れや死など不吉なことを連想させるプレゼントは避けなければなりません。

例えば、ロシアの場合はイエローカラーの花を相手に贈るという行為は別れを告げるという意味があります。また、台湾などのアジアの国々の多くではハンカチといった涙を拭くものは葬式を思わせるとして日常のプレゼントには用いられません。その他、黒い食べ物が珍しい欧米の国々では、海苔や羊羹など黒系統の食品は喜ばれない傾向にあります。

また、日本ではあまり重要視されませんが、海外では宗教ごとにタブーとされるものがあることをご存知でしょうか?キリスト教を良しとしない宗教を信仰している外国人に対して、十字架がモチーフになったアクセサリーやクリスマスプレゼントを渡すことは相手を侮辱することに繋がるため注意しましょう。

その他にも、キリスト教の一部の宗派では戒律でコーヒーや酒類などが禁止されているためプレゼントとして選ばないことが大事です。

贈る際のマナー

外国人へプレゼントを贈る際に日本のマナーをそのまま適用してしまうと、国によっては逆に失礼になることがあります。特に、日本では当たり前のように用いられる「つまらないものですが」といった口上は、外国人にはそのままの意味で捉えられてしまうため注意が必要です。

このフレーズは贈る側が謙遜することでプレゼントを受け取る側の負担を軽くするために使われますが、そういった考え方がない国では額面通りに受け取られてしまうのです。

なぜ相手はつまらないものを自分にくれるのかという疑問や馬鹿にされているという不信感を招く原因となるため、とても素晴らしいものだということをアピールしながら贈るようにします。

体裁を大事にするのではなく、ストレートな気持ちを表現することが海外においては重要とされます。また、日本ではプレゼントを受け取ってすぐに相手に喜びの気持ちを伝えるためにその場で開封することが多々あります。

そのため、逆の立場になった時に外国人にもそれを強要しがちですが、同じことを求めるのはタブーです。個人の自由を尊重し、相手は自分のタイミングで開封するのだということを知りましょう。

贈って喜ばれる日本の工芸品

外国人にプレゼントを贈るのであれば、日本でしか手に入らないような独自のものを選ぶと喜ばれます。その代表的なものとして挙げられるのが、職人の技巧が冴え渡る日本の工芸品です。

工芸品というと高価なものと思われがちですが、プレゼントにぴったりな手頃な価格の商品も作られているため問題ありません。飾るだけでなく日用雑貨として日常使いができる工芸品も多く、実用性にも優れているというメリットがあります。

また、最近では日本的なデザインが施された工芸品だけでなく外国人にも受け入れやすいようなユニバーサルデザインのものも作られるようになりました。もちろん、日本ならではの美意識に興味を持ってもらうためにあえて昔ながらの伝統的なデザインのものを贈るという方法もあります。

また、一口に工芸品と言ってもそのジャンルは様々で、陶磁器や着物や人形など色々なものがあります。具体的にどのような工芸品を贈るかについては、相手の生活スタイルを踏まえた上で趣味嗜好と照らし合わせながら考えるようにしましょう。

外国人へのプレゼントとしておすすめの商品

外国人へのプレゼントとしておすすめの商品をいくつかご紹介します。

世界的にも有名な日本の陶磁器である有田焼

美しい白地にコバルトなどのカラーで細かく和風の柄を絵付けしたものが一般的ですが、外国人向けによりモダンなデザインの食器が作られています。洗練されたシンプルな曲線に最低限の彩色が施された有田焼は、「2016/」というブランド名で16人の職人たちによって作られています。

イケヒコの「TATAMI×KIWAMI」シリーズ

和風住宅に欠かせない畳文化を広めたい時には、イケヒコの「TATAMI×KIWAMI」シリーズはいかがでしょうか?ここには、カーペットのように敷くだけでい草の香りと風合いを楽しめる畳ラグがあります。どんな住宅にも合う柄が採用されているため、使う場所を選びません。

忠保の「甲冑ボトルアーマー」

インパクトの大きいプレゼントを贈りたい時には、忠保の「甲冑ボトルアーマー」がおすすめです。これは甲冑型のボトルアーマーで、甲冑作りに欠かせない染織皮革や漆工や金工の技が一つに凝縮されています。ミニチュアサイズでありながら熟練の技術で細部まで丁寧に再現されており、美術品としてだけでなく実用的にも優れた逸品です。

美しい輝きを持つ江戸切子

美しい輝きを持つ江戸切子

>美しい輝きを持つ江戸切子をもっと詳しく見てみる。

女性に贈るのであれば、東京に代々伝わる美しい江戸切子もオススメです。

江戸切子の模様は「菊繋ぎ」「蜘蛛の巣」「市松」など日本人の生活に馴染みがあるものが多いですが、外国の方には、新鮮でスタイリッシュに感じるはずです。

細かいカットには集中力や技術力が求められ、職人の技量が作品の仕上がりに直結する模様ばかりです。

一つひとつ手作業で輪郭を削り出すことから始まり、カット、磨きの全行程を一人の職人が丁寧に行っているのも逸品です。

>美しい輝きを持つ江戸切子をもっと詳しく見てみる。

香り華やぐ京扇子

香り華やぐ京扇子

>香り華やぐ京扇子をもっと詳しく見てみる。

京都で百余年の歴史を持つ京都老舗の扇子もオススメです。

こちらは、扇子をベースとしたフレグランス。

扇子を広げて扇ぐだけで、香りが広がります。

鞄やケースにそっと忍ばせて自由に香りを持ち運ぶ、新しい扇子のかたちなので、外国の方も普段使いしやすいアイテムです。

また、グラデーションの美しい扇子は、インテリアとしても人気です。

京扇子の製造は、上絵や扇面、扇骨など工程ごとに分業体制が敷かれ、それぞれ専門的な職人がいるために、総合的に高品質な逸品に仕上がっています。

>香り華やぐ京扇子をもっと詳しく見てみる。

可愛らしい木目込み人形の招き猫

可愛らしい木目込み人形の招き猫

>可愛らしい木目込み人形の招き猫をもっと詳しく見てみる。

東京で創業した、江戸木目込(えどきめこみにんぎょう)を用いて、二代目の柿沼東光氏がが埼玉県越谷市にて制作している可愛らしい人形です。

招き猫は、海外でもラッキーチャームとして人気のあるアイテム。

こちらは、目にスワロフスキー、鈴にパワーストーンなどをあしらい、胴体には西陣織やエナメルを使っています。

従来の木目込み人形にはなかった素材を取り入れることで、一段と可愛らしく愛嬌のある招き猫になっています。

開店祝いや、開業祝いにもおすすめです。

>可愛らしい木目込み人形の招き猫をもっと詳しく見てみる。

相手へ親愛の情を伝えるために

プレゼントを贈るという行為は、相手へ親愛の情を示すための一つの手段です。文化や言語の異なる外国人とのコミュニケーションにも影響するため、プレゼントを贈る際には誤解を与えないように細心の注意を払うようにしましょう。プレゼントの選び方と贈る際のマナーをしっかり押さえたら、相手のことを思いながらじっくりと商品を選ぶことが大切です。

よかったらシェアしてね!